#8 – HONE YOUR SENSE編

2015年10月28日 更新
#8 – HONE YOUR SENSE編
記事公開日:2015/06/21

皆さまどーもー!お元気ですか!?僕は元気です!
というのも、先日遂にVorchaos 2nd Album「Singularity (シンギュラリティ)」が完成したのです!!
皆さまより少し早く手にした私達ですが、まぁ〜興奮、まぁ〜感激!
音の方はマスター音源を聴いていたので、何となくわかっていたのですが、CDの到着までに私が個人的に一番ムズムズしていたのが、アートワーク全般の仕上がりでした!
1st Album「Vortex of Chaos(ヴォルテックス オブ ケイオス)」を皮切りに私のアートワーク担当が始まったのですが、如何せん独学なもので、日々勉強です。人様に見て頂ける作品となる様、作品毎にレベルの向上を図ってきました。
1st Albumの作成時に得た「知識」と、発見した「改善点」を今作の土台にし、更に様々な挑戦を試みました。
限られた時間の中で、何処まで作り上げられるか…。キリキリした精神状態さえもデザインとして可視化してしまおうか。
と、そんな焦りも感じつつ、自分の出来る最大限の事をデザイン作品として入れ込みました。
アートワーク自体が、“アルバムタイトルの意味”、“歌詞”、“Vorchaosという自分達の存在”、それらを表現したものとなっております。 何となく宇宙っぽい〜と思ってもらえれば、「よしっ!笑」という感じです! それもそのはず、白紙の状態から全てを一から作り上げているからです。宇宙感を意識している部分も大きいですからね!そりぁ〜そう思って頂けたなら感激です!
タイトル「Singularity」が意味する事は、CDケースを開けた左側に英語で書かれた文章を解読して頂ければ伝わるかと思います。
長くなってしまいましたが、まだまだ伝えたい事が沢山有ります。
今回はとりあえず、最高のアルバムが出来たよ〜のご挨拶でした!
という事で『I'm BACKINGER!』
Vorchaos(ヴォルケイオス)ギタリストである「リフ大好きバッキンガー」yuzo(ゆーぞー)が、 音楽を愛する皆さんへメタル・ラウドミュージックからちょっと違ったテイストの音楽まで、私の視点聴点で広くご紹介させて頂くコラムコーナー!

第8回目となる今回、皆様にご紹介するバンドはこちら!!!

『HONE YOUR SENSE』(ホーン・ユア・センス)!!!

Vorchaosと同じく関東を中心に活動するバンドでありながら、これまでなかなか接点がありませんでした。
が、2014年のVorchaosの全国ツアー時に四日市で初対バン!
それからというものの、すっかり仲良しバンドとなってしまいました!対バンの機会もかなり増えましたね!
当然ながら、私の大好きなバンドで御座いますー!(←わざわざ言う。)

今回はバンドの経歴、そして2014年7月9日にリリースされた1st Album「ABSOLUTE SENSES」(アブソリュート・センスズ)の音源を踏まえてバンドの楽曲、メンバーについてご紹介させて頂きます。

『HONE YOUR SENSE』(ホーン・ユア・センス)

 (426)

HONE YOUR SENSE are
Toru Bara - Vocal
Kenta Baba - Guitar
Kousuke Matsuzaki - Guitar
Satoshi Matsushima - Bass
Takuya<takuyaboy-picasso>Nakata - Drums

「ABSOLUTE SENSES」Recording Drums
Gaku Taura / 田浦楽 (ex-NOCTURNAL BLOODLUST) (support: CRYSTAL LAKE, A Ghost of Flare)

バイオグラフィー

東京出身の全国で活動するメタルバンド。攻撃的なリフと印象的なギターハーモニーを配置した、Melodic Death Metal を基調としながらも、モダンなブレイクダウンやシャッフルビートを取り入れ、MetalcoreやMelodic Deathcoreとも称される。
結成は2006年、Kenta(Gt.)とSatoshi(Ba.)にドラマーとボーカリストを入れた4人が母体となり曲作りを開始。
翌年、Kousuke(Gt.)が加入しツインギターの編成なると、すぐさま2曲入りの[1st Demo]を自主制作。
ライブに重点を置いて活動を加速させた。
その後、2008年には3曲入りEP「PROPAGANDA」と、シングル「REBELLION」、2009年には「IN DARKNESS」、「BUSTER&MASTER」をレコーディング。
無料配布という大胆な形で発表した「REBELLION」は通算5000枚以上をライブハウスや来日アーティストの公演で配布。バンドの知名度を高めると同時に、ライブの定番曲として人気を誇る様になった。
活動が徐々に軌道に乗り、フルアルバムの制作を見据えた曲作りに入った矢先の2010年にドラマーが脱退。後任捜しが難航し停滞を余儀なくされるも、サポートドラマーに田浦楽を迎えてなんとか活動を継続させると、バンドは彼と共にアルバム制作することを決意した。
2011年に入ると、理想のサウンドが得られるレコーディングスタジオを探し始め、Hiro(METAL SAFARI)が所有するSTUDIO PRISONERでアルバム収録予定曲「THIS CHAOTIC WORLD IS OVER」をレコーディング。
確かなる手応えを得たバンドは本格的にアルバム制作に取りかかる。しかし、その後ボーカリストが脱退。再び苦難の時を迎える事となった。
2012年、バンドに転機が訪れる。サポートとして迎え入れた旧知のボーカリストBaraが正式加入。
再び勢いを得たバンドは、Metal Battle Japan 2012を勝ち抜き"日本一"の称号を手に入れるとともに、Wacken Open Air 2012への出場権を獲得。これにより、日本で初めてMetal Battle Internationalに出場したバンドとして知られるようになる。
現地では、Unearth、SUICIDE SILENE、CHTHONIC等と共演し、演奏スキルとアグレッシブなパフォーマンスがオーディエンスやメディアから大喝采を浴びた。
2013年、ドイツで得た自信と勢いそのままにレコーディングへ突入。
Melodic Death Metal界の重鎮HYPOCRICYの来日ツアー全公演に帯同する等勢力的に活動。
同年8月7日に初の全国流通となるEP「TRI-JOLT」をgarimpeiro recordsよりリリース。
台湾ツアーを行い世界を視野に入れた活動を開始。
2014年、「TRI-JOLT」リリース全国ツアー。
同年7月9日全世界待望の1stフルアルバム「ABSOLUTE SENSES」をgarimpeiro recordsより発売!
渋谷サイクロンにてリリースパーティーイベントを開催しSOLD OUTとなる。その後全国ツアーを開始。各地の地方公演を経て、新宿アンチノックにてツアーファイナルを決行。
この日より正式ドラマーTakuyaが加入。
その後現在も全国各地を遠征し、イタリアの重鎮DESTRAGEの来日サポートを行う等勢力的に活動。 メタルバンドとしては異質なノリの良いライブパフォーマンスと曲展開で多くのファンを魅了し続けている。

(Official HP "BIOGRAPHY"参考)

楽曲について

 (441)

「ABSOLUTE SENSES」(アブソリュート・センスズ)
2014/07/09 Release
価格:¥2,300(税込)
GR-34 (garimpeiro records)
track.1「Black lotus」
track.2「The Last Man Standing」
track.3「We Aim To Be The Same」
track.4「This Chaotic World is Over」
track.5「New Faith」
track.6「Break The Silence」
track.7「Buster」
track.8「Rebellion」
track.9「Ray Of Light」
track.10「Astrominer 3000」
track.11「Dial 666」
track.12「No One Can Stop My Wrath」
「Melodic Death Metal、Metalcore。でも、ロックンロール。」
楽曲を聴くと、とても激しい。ボーカルもかなり叫んでいる。
しかし、流れていく楽曲は変化し、時に軽快でノリノリなグルーヴも全開に押し出してくる。
それはまさにロックンロール。
だから飽きないのだと思う。
初見の人も、その楽曲の流れがあるからこそ次なる展開に引き込まれていくのだと思う。
HONE YOUR SENSEの楽曲は、一曲の中での展開が豊富な事が最大の魅力に感じる。
また、それによって様々なジャンルの層を巻き込む事が出来るのだと思った。
曲によってはロック調の強いものがあったり、はたまたガンガンにヘヴィネス押しなものがあったりと、楽曲毎に違いはあれど、どの曲にも共通して、楽曲中にしっかりとした流れと大きな展開が有る。
ロックンロール感と同じく、特に流れを感じ易いのは、スローテンポでズッシリと重く迫ってくるブレイクダウンへの展開だ。
私がHONE YOUR SENSEを初めて見た時に一番強く感じた印象は、このブレイクダウンの出番のタイミングの良さ。
ブレイクダウンの威力と魅力を最大限に発揮出来る様に仕込まれた、ツボを押さえた展開がとても心地よく、その時が来ると体が自然と動くのは言うまでも無い。
一度このダウンビートの虜になると、他の曲でもその場面が待ち遠しくなってしまう。
私も虜になった一人。それも言うまでも無い。
他にもバンドの特徴と感じるのが、ギターフレーズが常に細かくテクニカルであるという事。
常にギターソロ、と言っても過言では無い位だと私は思う。それでいて、その細かなフレーズに更にツインギターを活かしたハモリを織り交ぜてくるものだから、ギターキッズにとったら、もうたまらない御馳走である。
単調のフレーズばかりだと重たく感じる音も、音数が増えて動きが出る事で、座った音の腰が少し浮き、軽快さを感じる事が出来る。
それにより、ビートダウン時の重さも増して聴こえる、といった相乗効果も大いにあろう。
また、ボーカルが強いシャウトを叫び上げる中で、メロディをなぞっているのもギターである様に感じる。
ギターのラインを口ずさみたくなるのは、そのせいか、私がギタリストだからか、どっちだろうか。
でもギターメロが印象に残り易くなっているのは間違いないだろう。
その動く、メロディボーカルの様なギターを底で支えるのはベースとドラムからなるリズム隊。
メロディが映えるのも、楽曲の軽快さが出るのも、重みが出るのも、全てこのリズム隊からなる土台がしっかり座っていないと全く成り立たない。HONE YOUR SENSEはLIVEでCD音源の様なクオリティーで音を再現するのも大きな武器。
演奏力の高さはLIVEを見れば一発で解るだろう。
それら楽器陣を束ねるのは、ボーカルBara氏の声だ。
HONE YOUR SENSEでは叫び上げるシャウトボーカルに徹しているBara氏だが、本当はメロディを歌い上げるボーカリストだとか。
それはさておき、Bara氏のシャウトは楽器の一部の様にも聴こえる強いパンチ力がある。
これだけの楽器陣を束ねるこの声の存在感は計り知れない。メロディを歌わないという環境下で、叫びボーカリストとしての位置を確立しているのは凄い事だと思う。
1st Album「ABSOLUTE SENSES」の中でも、MVが公開されているtrack.1「Black Lotus」とtrack.6「Break The Silence」を比較すると、楽曲の冒頭を聴いた時点で曲調の大きな違いを感じる事が出来ると思う。
ボーカルの叫び上げとブラストビートから疾走し、抜群のMelodic Death Metal感を鳴らしダークな雰囲気を漂わす「Black Lotus」とは反対に、明るい印象を感じるノリノリロックンロール調の「Break The Silence」。この違いは面白い。
この大きな違いもLIVEでは間違いなく相乗効果となる。
ロック調といえばtrack.2「The Last Man Standing」も代表的である。この曲は、リフのメロディ感がとても強い。正直この様な楽曲の作り込みは聴いた事が無かった。ギターが軽快なメロディをなぞっているのに、瞬時に低音側へと切り替わり楽曲全体を操る。
初めて聴く人も間違いなく印象に残る曲だと思う。

HONE YOUR SENSE - BLACK LOTUS (MV)

HONE YOUR SENSE Official Music Video "BLACK LOTUS" cut from album "ABSOLUTE SENSES" Directed by Yahiko (yahikoworks@gmail.com) "BLACK LOTUS" Music by Kousuke...
1st Album「ABSOLUTE SENSES」の中でも、MVが公開されているtrack.1「Black Lotus」とtrack.6「Break The Silence」を比較すると、楽曲の冒頭を聴いた時点で曲調の大きな違いを感じる事が出来ると思う。
ボーカルの叫び上げとブラストビートから疾走し、抜群のMelodic Death Metal感を鳴らしダークな雰囲気を漂わす「Black Lotus」とは反対に、明るい印象を感じるノリノリロックンロール調の「Break The Silence」。この違いは面白い。
この大きな違いもLIVEでは間違いなく相乗効果となる。
ロック調といえばtrack.2「The Last Man Standing」も代表的である。この曲は、リフのメロディ感がとても強い。正直この様な楽曲の作り込みは聴いた事が無かった。ギターが軽快なメロディをなぞっているのに、瞬時に低音側へと切り替わり楽曲全体を操る。
初めて聴く人も間違いなく印象に残る曲だと思う。
この様に、HONE YOUR SENSEの楽曲はスルメ曲が多い。そう、聴けば聴く程曲の良さが伝わってくる。
全体を通して見ても、このアルバムは間違いなく名盤である。
Metal界の進化を見るにはHONE YOUR SENSEを見れば良い。聴けば良い。
次世代へと繋がる音を表現しているのは彼らだ。

以上で『HONE YOUR SENSE』の紹介を終えます。

正式にドラマーTakuyaが加入したHONE YOUR SENSE。
そう、TakuyaはUSHIが加入する前、Vorchaosで長らくサポートしてくれていたドラマー。彼の腕は本物。
間違いなく次回作への期待が高まっている。

そんなHONE YOUR SENSEの今後の活動を、要チェック!


という事で『I'm BACKINGER!』ご覧頂きありがとうございました!!(^^)/
次回も素晴らしいアーティストを判り易くご紹介出来る様に努めます。
ではではアディオス!!
lm!

Vorchaos yuzo(G.)

yuzo

yuzo

ex.魔蟲-MAMUSHI-、ex.Friday-13
1987年青森市出身。高校在学中に結成した「Friday-13」のギタリストとして活動し、「鋼鉄の集い」に参加。先輩達にメタラーとして育てられる。自らを「リズム隊」と名乗るほどのバッキング好き。現在はVorchaosの下手ギターとして、都内を拠点に活動中。Vorchaosの重低音をガッチリ支え、魂のシャウトコーラスを担当。

Vorchaos 2ndアルバム情報

 (462)

タイトル:「Singularity」
発売日:2015年7月3日(金)
商品番号:VORC-0003
価格:2,000円(税抜)/2,160円(税込)
発売元:Technobreak Records

<収録曲>
1. Singularity
2. lm!
3. -Black Star –
4. 零れ星
5. Alien
6.光溢れる場所
7. G.Y.A.H.
8.-Zero-

Vorchaos ライブスケジュール

○2015年7月10日(金)渋谷 CYCLONE
Vorchaos One-Man Live「Singularity」
OPEN 18:30 / START 19:00
前売:3,000円 / 当日:3,500円
出演:Vorchaos
○2015年7月19日(日)大阪 BRAND NEW
Live Photographer RYUMEI Presents nonLinear Metal DynamiX 2015 Vol.48 in OSAKA 3 DAYS SPECIAL 2nd DAY -
OPEN 15:00 / START 15:30
前売:2,500円 / 当日:3,000円
出演:Vorchaos, TotentanZ, 天燐, Adrastea, Art In Storm, WILD ONE, EASTERN SANDS, SEXUA ROSE
○2015年8月1日(土)心斎橋SOMA / JUZA
Matsubai Pre.[BURST LIMIT]
OPEN 15:30 / START 16:00
前売:3,000円 / 当日:3,500円
【SOMA STAGE】
GxSxD, illuminati, KiM, NoLimitedSpiral, SURVIVE, UNDERCREW, Vorchaos, バミューダ★バガボンド
【JUZA STAGE】
AlReady Yours, LastScreamDayz, MEGASTOPPER, PhantomKiller, ShatterSilence, TheMiseryInAugust, WHEEL
DJ:Maiden(SOUNDWITCH),日常こまつ(RED STYLE)
LIVE PAINT:HUMMER 
○2015年8月2日(日)京都MOJO
『METAL PASSION vol.43』
OPEN:TBA / START:TBA
前売:2,000円 / 当日2,500円
出演:Vorchaos, Rosario Ark, WILD ONE, FAIRY MIRROR, HEAT ISLAND, Master of Embryo, MOTORBREATH, and more…
○2015年8月8日(土)横浜THE CLUB SENSATION
Vorchaos 2nd Album Release Tour “Singularity”
OPEN 18:30 / START 19:00
前売:2,500円 / 当日:3,000円
出演:Vorchaos
○9月26日 (土) 吉祥寺CRESCENDO
RYUMEI Presents nonLinear Metal DynamiX 2015
9 DAYS SPECIAL – 8th DAY- Metalcore Super Special ! – (2マン!)
OPEN:TBA / START:TBA
前売:3,000円 / 当日:3,500円
出演:Vorchaos, 激情★めたりっちぇ

HONE YOUR SENSE ライブスケジュール

○2015年7月5日(日)渋谷 club ASIA
SERENITY IN MURDER presents REDRUM FEST
OPEN 15:30 / START 16:00
前売 : 3,000円 / 当日 : TBA
出演:SERENITY IN MURDER, HONE YOUR SENSE, IN DREAD RESPONSE (New Zealand) , THOUSAND EYES, DeGrace, MergingMoon
○2015年7月11日(土)心斎橋LIVE HOUSE PANGEA
Does It Escape Again presents 白の晩餐 Vol.2
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 : 2,500円 / 当日:3,000円
出演:Does It Escape Again, FEAR FROM THE HATE, HONE YOUR SENSE, Victim Of Deception, UNIONS, EACH OF THE DAYS
○2015年7月18日(土)新宿ANTIKNOCK
SOUL JAPAN presents 日本男児 RELEASE PARTY
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 : 1,400円 / 当日 : 2,000円
出演:SOUL JAPAN, HONE YOUR SENSE, SAILING BEFORE THE WIND, FOAD, OCEAN FROM THE DEAD SCREAM, and more...
○2015年7月31日(金)渋谷 Star Lounge
Give Nothing Back presents 会場限定Single "Relight" Release Event
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 : 2,000円 / 当日 : 2,500円
出演:Give Nothing Back, All Found Bright Lights, WE ARE THE CHAMPION$, HONE YOUR SENSE, Sailing Before The Wind, Emily Sugar
○2015年8月16日(日)早稲田 ZONE-B
DARVISH presents WORLD SIRIES Vol.5
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 : 2,500円 / 当日 : 3,000円
出演:DARVISH, CHRNOMETER, HONE YOUR SENSE, VVORLD, and more...
○2015年8月22日(土)名古屋今池 3STAR
Youchin & AOI presents Straighten Up
OPEN 16:00 / START 16:30
前売 : 2,000円 / 当日 : 2,500円
出演:HONE YOUR SENSE, Arise In Stability, ANGAGEMENT, THE RABIES, HOTOKE, bilo'u, REBORN FROM ISOLATION, The Misson
DJ:ゆうじ , ひさえ , あおい(Trinity Color)
○2015年9月27日(日)渋谷CYCLONE
Thousand Eyes presents NEW Album Release Live
OPEN 18:00 / START 18:30
前売 : 3,000円 / 当日 : 3,500円
出演:Hone Your Sense, Mardelas, Thousand Eyes