THOUSAND EYES インタビュー

2015年10月24日 更新 インタビュー
THOUSAND EYES インタビュー
記事公開日:2015/09/25

錚々たる面々で構成されたメンバーに、そのメンバーからくる予想と期待を遥かに上回るクオリティ、デビュー作ながらも風格すら感じさせるアルバムを引っ提げ、メロディックデスメタルのシーンに登場したTHOUSAND EYES。衝撃という言葉に相応しいデビューから約二年半、待望の2ndアルバム「ENDLESS NIGHTMARE」をリリースした。90年代後半のイエテボリの遺伝子を受け継いだ音楽性、激情的なリフと煽情的なメロディがせめぎ合って、琴線を刺激しまくる楽曲、本来の魅力を失う事無く、構成やアレンジ面では前作以上に成長の跡を見せる本作、想像を絶するプレッシャーがあったと思われる中、それを撥ね退ける快作を生み出してくれた。今回は「ENDLESS NIGHTMARE」の話を中心に、Metallization.jp初という事で、THOUSAND EYES結成の話等も語っていただいた。
THOUSAND EYES

THOUSAND EYES

L to R:
Dougen(Vocals)
Kouta(Guitar)
Fu-min(Drums)
Akira(Bass)
Toru(Guitar)

THOUSAND EYES:Kouta(Guitar), Toru(Guitar)
インタビュアー:多田進

一歩引いて冷静に判断してくれているから上手くいっているのもあると思います。

--- まずはMetallization.jpで初めてTHOUSAND EYESに触れる方もいると思われるので、結成から現在に至るまでの流れをお願いします。


Kouta:2011年に僕がメロディックデスメタル的なオリジナルをやりたいっていう事から始まって、昔から知り合いだったDougen(Vo:AFTERZERO)を誘い、当初はユニットして音源を作っていこうというのが元々の始まりですね。そんな感じで何となく音源を作ってみて、周囲の人達に音源を聴かせたところ、「アルバムで聴いてみたい」と言われたりもしたので、正式なバンド形態にして動いてみようかなって。まず、(自分の相方となる)ギタリストは彼(Toru:TEARS OF TRAGEDY)しかいないと思ってた。彼とは付き合いも長いし、僕の脳ミソの中まで理解してくれて、一緒にギターを弾いてくれるのは彼しかいないと(笑)。あと、ドラマーも昔からの知り合いでJuhkiくん(前Ds:KNIGHTS OF ROUND)に頼めたんですが、ただ、ベーシストについては、そもそも自分がミュージシャンの知り合いが少ないので、あてが全くありませんでした。そんな時たまたまネットで「ベーシストどうしよう?」って呟いてたら、Akiraさん(B:YOUTHQUAKE / VOLCANO)から「やってもええで!」ってコメントをくれて。


--- Akiraさんが参加したのは、そういう経緯だったんですか!


Kouta:(Akiraさんとは)元々、知り合いだったし、何度か共演した事もあったんですが、ここに(先輩である)Akiraさんが参加するとなると、適当にやるわけにはいかないわけで(笑)、そこで更に本気でやろうという気持ちが芽生え、Akiraさんが連絡をくれた次の日に、早速会いに行ったんですよ。これまでにAkiraさんとはじっくりと話した事が無かっただけに、いきなり怒られたらどうしようかと少しばかし心配しながら行ったわけなんですが(笑)、そんな事は全く無く、快く受け入れていただいて、結成に至ったという感じですね。


--- 各方面から集まったメンバーでバンドを成してますが、各メンバーがパズルのピースのようにはまってて、きちんと役割を果たしているチームワークが出来ているように感じましたね。


Kouta:メンバーを集めた段階でプロジェクトという形で動いていくつもりは全く無くて、やるからにはキチンとしたバンドという形態で動いていくと決めていたので、作曲も場合によっては他のメンバーにも参加してもらおうとは思ってましたね。


--- Toruさんはどうですか?


Toru:さっきKoutaさんが言ってたように、(Koutaとの)付き合いが結構長いのに加え、Dougenがリーダーで活動しているAFTERZEROで長い間サポートで参加してたり、Akiraさんが参加しているVOLCANOでも一回だけサポートで参加したりした事もあったし、初代ドラマーだったJuhkiくんのKNIGHTS OF ROUNDとはTEARS OF TRAGEDYで何度も共演していたので、各メンバーが全く知らない人達の集まりでもなかっただけに、バンドとしての歴史は浅いですけれども、結束はそれなりに出来ていたのではないかと思うのですよ(笑)。


Kouta:メンバー全員がメインとなるバンドを持ってて、メインのバンドの活動在りきで僕のバンドにも参加してもらっているという感じなので、僕が作る音楽やTHOUSAND EYESというバンドに対して、一歩引いて冷静に判断してくれているから上手くいっているのもあると思います。


Toru:僕もTEARS OF TRAGEDYのリーダーですし、DougenもAFTERZEROのリーダーですし、Akiraさんも解散はしてしまいましたが、YOUTHQUAKEのリーダーでやってて、リーダーの精神的負担の大きさ、やる仕事の量が多いというのも理解しているとは思うので、いい意味で余計な口出しはしないというのがあるとは思うんですよね。


--- 音楽面でのアドバイスなどはどうですか?


Kouta:例えばAkiraさんは曲のテンポとかイメージに対するアレンジとかを結構やってくれるんですよ。曲が出来てから、テンポとかが変わる事があるんですが、大体はAkiraさんのアドバイスで変えたりする事が多いですね。作曲してても、自分の中で迷いがある部分が幾つか出てくるところがあるんですが、そういうところをAkiraさんが気づいてくれて、例えば前作「BLOODY EMPIRE」での“Last Rebellion”、サビのメロディを最初は適当に作っていて、こんな感じでいこうと皆に聴かせてみたところ、案の定、Akiraさんから「ここちょっと後半の盛り上がりがイマイチじゃない?」って指摘され、手抜きがバレると(笑)。そこで、そのアドバイス通りにしてみたら上手くいったんですよ。一気に代表曲へと生まれ変わりました。僕が迷ったりとか、ハッキリとしてないところとかを気づいてくれて、いい方向へと持って行ってくれますね、Akiraさんは。


--- THOUSAND EYESというバンド名の由来を教えていただけますか?


Kouta:これは僕がDEATHの“1,000 Eyes”という曲が好きなので、そこから取りました(「SYMBOLIC」収録曲)。単純にそれだけです。


自分の好きな要素を全部入れられたかなと思います。最近こういうことをする人もあまりいないかな

--- 二年半ぶりとなった2ndアルバム「ENDLESS NIGHTMARE」について、色々と聞きたいと思うのですが、まずは前作から二年半の間が空いた理由を聞かせていただけますか。


Kouta:アルバムは基本的に二年サイクルで作れればいいかなとは思っていたんですが、去年の春頃、Dougenの声が出なくなってしまったために、デモ制作がストップしてしまいました。その間なかなか作曲のモチベーションも上がらず、半年から一年分は遅れたと思います。


--- 今作も前作同様にアルバムタイトル曲を頭に持ってきましたが、これは何か拘りでもあるんでしょうか?


Kouta:そうですね。僕はタイトルチューンが一発目というのが好きなんですよ。例えばJUDAS PRIESTだと“Painkiller”とか“Ram It Down”みたいなイメージですね。前作の“Bloody Empire”はDougenが持ってきた歌詞がいいタイトルだったんで、アルバムのタイトルにしたいと思って決めたんですが、今回は先にタイトルから考えたというか、一曲目にキャッチーなタイトルを持っていきたいというのがあって、アルバムタイトルになるようなものにしようと思い、それを念頭に置いて考えて付けました。


--- 聴き手のハートを見事に掴みましたね!


Kouta:そうですね。やっぱり一曲目は大事ですから!


--- 前作と比べ、各曲にメリハリが付いたと感じたのと、アルバムの構成や流れを感じたのですが、意識して作った点とかはありますか?


Kouta:ファーストはアルバムの流れとかを気にせずに、いい曲、自分が好きな曲をとにかく出していくような感じで作ったんですけれども、今作はアルバムの流れも気にしましたし、ファーストとはちょっと違った質感というか、音楽性の変化ではなくて、僕がファーストではまだ出していなかった要素で、THOUSAND EYESに入れてみたい要素を入れて作ったので、色々な事を考えて作ったアルバムになったと思いますよ。


--- 前作が大トロの寿司を十貫並べたものだとしたら、今作はコース料理としての構成だと思いました。


Kouta:なるほど(笑)。


--- 三曲目の“Mirror Knight”はかなりキャッチーな曲ですね。


Kouta:アルバムでの三曲目枠、四曲目枠みたいな感じで、ああいうテンポの曲を入れたいなって思ってて、それがいい感じで出来たのが“Mirror Knight”です。


--- IN FLAMESでいうなら「CLAYMAN」あたりにも近い空気を感じました。


Kouta:そうなんですよ!あれ、ぶっちゃけ、僕なりの“Pinball Map”なんですよ。Bメロとか特に。“Pinball Map”みたいなキャッチーさは意識しました。それを言いだすと、全曲元ネタ的なものがあって(笑)、最近、(東京オリンピックの)エンブレム問題とかありますけど、僕はあれをやられたらヤバイです(笑)。


--- 今作ですが、インストの“Suicide Machine”から始まる後半部に入ってから様々な色を見せますね。


Kouta:“Suicide Machine”の次に入ってる“Reflection Of The Flare”ですが、僕が昔やっていたBLACK PEARLのEPに入っていた曲を、もう少しちゃんとした形でアレンジし直して出したいなって思ってた曲なんです。また元ネタの話になりますが(笑)、LUNA SEAの“G.”(「STYLE」収録)という曲がありまして、メタル的というよりかは、どちらかと言えば、ロック的なところから持ってきている曲なんですよ。それをちょっとメロデス的にアレンジしたというか、BLACK PEARLの時に僕がやりたいと思っていたコンセプトがLUNA SEA meets メロデスだったので、前作での“Sign”同様、他の曲と持っている質感は違うと思いますね。


--- 十曲目の“Dark Slayer’s Requiem”ですが、ミドル気味に突き進んでいく曲で、この曲も前作には無かったタイプですね。


Kouta:この曲は個人的には一番のお気に入りなんですけども、この曲を作る元々の切っ掛けはAkiraさんと飲んでて、OVERKILLの話が出てきて、ふと「“In Union We Stand”(「TAKING OVER収録」)みたいな曲をやりたい!」ってAkiraさんに言われたので、「じゃあ、とりあえず作ってみます」っていうのが事の始まりなんです。いざ作ってみたら、言われた曲とは全く違う感じの曲には仕上がったんですけど、最初のインスピレーションはちょっと違ったリズム感を意識したところから始まった曲なんですよね。


--- このダークな雰囲気の異質なタイプの曲があるから、後半の印象をガラリと変えますし、速い曲もより際立つように感じましたね。


Kouta:ライヴでもアクセントになる曲だと思ってます。


--- “Dark Slayer’s Requiem”に続く、アコースティックなインスト“Conquered Sun”ですが、ラストの前に小曲的なインストを挟んだ事で更にいい流れになってますね。


Kouta:当初は最後にインストを入れる予定だったんですよ。アコギが入る予定は元々あったんですけれども、この曲自体はまだ完成してなくて、最後のインストが入ってない状態でレコード会社にアルバムをお聞かせした時に、「何か一本調子」って言われてしまったんですよね。そこで別の曲を作ったりもしたんですけれども、あまり上手くいかなくて、試行錯誤の末に“Conquered Sun”をラスト前に持ってきた事で、全体の印象がガラリと変わりました。実はこの曲を最後にするか、ラスト前に持ってくるかですごく迷って、メンバーに何度もLINEで意見を求めましたね。


Toru:皆、「どっちでもいい」でしたけどね(笑)。


--- 結果的にこれでいい流れになっていると思いますよ。ラストの“One Thousand Eyes”のエンディングもフェードアウトさせないで終わらせた事で、アルバム全体が締まってますからね。


Kouta:当初、“One Thousand Eyes”はなかなかエンディングが決まらなかったので、一旦フェードアウトで終わらせていたんです。ただ、もっといい終わり方にしたいと思っていたところに、Akiraさんからもフェードアウトではない別の終わり方で終わってほしいって言われたのもあって、何度かアレンジを重ねた結果、今の形に落ち着きました。そこもAkiraさんの的確なアドバイスの賜物というか、明確にこうしろというのはないんですけれども、良いアドバイスをもらえたので、上手くいったと思います。


--- ラストの“One Thousand Eyes”で最後にもう一発爆発しましたね。


Kouta:この曲、僕の中ではかなり自信があって、「ヘヴィメタルの過去も未来も吹き飛ばす曲」とか、勝手に言ってたんですけれども、未来も吹き飛ばしてしまうと、自分達の未来も吹き飛んじゃうわけで(笑)。でも実際デスラッシュビートにイングヴェイ的な要素が入ってきたりと、自分の好きな要素を全部入れられたかなと思います。最近こういうことをする人もあまりいないかな、とも思いますね。


--- THOUSAND EYESというバンドの持ち味というか、要素が濃縮された曲ですね。ラーメンでいうなら全部乗せみたいな感じ(笑)。


Kouta:確かにそういう感じになったと思います(笑)。


--- これは二人に聞く質問ではないのかもしれませんが、歌詞の話なんですが、Dougenさんに完全にお任せしちゃっている状態ですか。


Kouta:いや、半分ぐらいは僕が書いてます。Dougenに依頼するときは、曲を作っている時に何となく沸いたタイトルや大まかなイメージをDougenに伝えて、それを基に書いてもらってます。今回は“Endless Nightmare”というタイトルの曲を作った時に、全部では無いんですが、ある程度、似たようなコンセプトの曲を書いているので、歌詞にメッセージとかを籠めたいわけじゃないんですけども、ある程度のヴィジョンは描いてますね。


--- 幾つかのキーワードを渡して、そこから構築していくような感じですか。


Kouta:そうですね。Dougenに伝える時はそういう感じですね。“Mirror Knight”は僕が当時ハマっていたゲームの敵キャラの名前に「鏡の騎士」っていうのがあって、それで書いてくれって無茶振りもしましたね(笑)。


--- テーマやコンセプトをかい摘んで教えていただけますか。


Kouta:今作の「ENDLESS NIGHTMARE」は、僕自身が日頃から思っている事と、当時、ハマっていたゲームの題材とを色々と合わせて作ったんですけども、そのゲームの内容が死んでも死なないというような不死がコンセプトだったんですよ。そこから「ENDLESS NIGHTMARE」というキーワードが思いついて、あとは僕が日頃から思ってる輪廻転生とかも歌詞に入れたいなっていうのと、それと僕達がこうして新しいアルバムを作ったけど、それで終わりじゃなくて、今既に3rdアルバムの事を考えているんですけれども、そうするともう次の辛い制作期間というものが待っているわけで、そういったイメージを混ぜ合わせて作った歌詞が“Endless Nightmare”。あと “Dark Slayer’s Requiem”も同じゲームの世界観がヒントになってます。ラストの“One Thousand Eyes”はDougenの声が出なくなった時期を経て、再びTHOUSAND EYESとして復活してアルバムを作るというストーリーを籠めた曲ですね。


--- アートワークについてはどうですか。


Kouta:アートワークについては、まず色合いなど僕のイメージを幾つか伝え、そこに堕天使っぽいイメージをはめ込んでほしいとお願いしたんです。最初に上がってきた画像はもう少し人間っぽい感じだったので、そこから更にイメージに近付けてもらって、今のデザインに仕上がったという感じです。今は片手が人間で、片手が異形の様相を呈しているんですけれども、当初は両方共に人間の腕でしたし、足に付いている鱗とかも無くて、もう少し人間的でした。それと、局部の割れ目も描いてあったんですが、今回はこのジャケットでTシャツを作る予定もあるので、そこはもう少し隠してくださいと(笑)。


Toru:俺には見えなかったですけど(笑)。


Kouta:いや、僕の心の眼では見えてたよ(笑)。


--- 今後の展望や予定を教えていただけますか。


Kouta:9月27日(日)にMardelasとHONE YOUR SENSEとの3マンでのレコ発ライヴ(渋谷CYCLONE)がありまして、その後、10月25日(日)にTOWER RECORDS渋谷店でのインストアライヴと握手会、11月に北海道、名古屋、大阪でライヴをやって、東京でワンマンをやります。その他にも幾つかライヴは決まってるんですけど、とにかく頑張ります!


--- 最後に読者の皆様にメッセージをお願いします。


Kouta:読者にメッセージ。そうですね…では、Toruちゃんから(と、Toruに振る)。


Toru:前作を気に入ってくれた方なら、今作も間違いなく気に入ってくれるアルバムに仕上がったとは思いますので、楽しんでいただけたら嬉しいです!前以上に我々二人も弾きまくっておりますし、Dougenもパワーアップしてるし、ドラムもFu-minに代わって最初のアルバムですし、Akiraさんのベースもより聴こえるようになり、ミックスも前作を超えたものになってると思いますので、そんな感じで前作以上に楽しめると思います。


Kouta:では、それでお願いします(笑)。


--- ありがとうございました。


THOUSAND EYES 最新音源情報

THOUSAND EYES / ENDLESS NIG...

THOUSAND EYES / ENDLESS NIGHTMARE

アーティスト:THOUSAND EYES(サウザンド・アイズ)
タイトル:ENDLESS NIGHTMARE(エンドレス・ナイトメア)
レーベル:SPIRITUAL BEAST
品番:IUCP-16224
フォーマット: Full CD
発売日:2015年9月16日(水)
価格: 2,571円 + 税

<収録曲>
01. Endless Nightmare
02. Bleeding Insanity
03. Mirror Knight
04. Leaving From Figment
05. Dead Sorrow Of Me
06. The Last Day Of Suffering
07. Suicide Machine
08. Reflection Of The Flare
09. Damnation Calling
10. Dark Slayer's Requiem
11. Conquered Sun
12. One Thousand Eyes

Produced by Kouta
Mixed & Mastered by Hiro (g/ Metal Safari)
Artwork by Rib:y(uhki)

Thousand Eyes"Endless Nigthmare" Trailer - YouTube

ENDLESS NIGHTMARE / THOUSAND EYES 1.ENDLESS NIGHTMARE 2.BLEEDING INSANITY 3.MIRROR KNIGHT 4.LEAVING FROM FIGMENT 5.DEAD SORROW OF ME 6.THE LAST DAY OF SUFFER...

THOUSAND EYES ライブ情報

Thousand Eyes NEW ALBUM Rel...

Thousand Eyes NEW ALBUM Release Live 東京公演

○2015年9月27日(日) 渋谷Cyclone
NEW ALBUM Release Live 東京公演
OPEN 18:00 / START 18:30
前売:3,000円 / 当日:3,500円
with: HONE YOUR SENSE, Mardelas
  
○2015年10月25日(日) タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIO
TOWER RECORDS 『Endless Nightmare』 リリース記念ミニライブ・握手会
     
○2015年11月8日(日) 札幌PENNY LANE 24
NEW ALBUM Release Live 札幌公演
Heavy Metal Bar R-BOTTOM 15th Anniversary Live BOTTOM Fest. 2015
with: GYZE, ナデシコドール, SUPER TIGER (Special Guest), Mary's Blood
OPEN 15:00 / START 15:30
前売:5,000円(+1drink)
問い合わせ:Heavy Metal Bar R-BOTTOM (011-511-1969)

○2015年11月14日(土) 渋谷 Cyclone
THOUSAND EYES One Man Live
詳細未定

○2015年11月21日(土)
NEW ALBUM Release Live名古屋公演
詳細未定

○2015年11月22日(日)
NEW ALBUM Release Live大阪公演
詳細未定

○2015年11月28日(土) 新宿Wild Side Tokyo
DIABLO GRANDE Presents 『LIVE INJECTION Vol.7』
with:DIABLO GRANDE, D_Drive, Ciel Nocturne
OPEN 17:30 / START 18:00
前売:2,500円/ 当日:3,000円


※ 詳しくはTHOUSAND EYES Official Websiteをご覧ください。