SERENITY IN MURDER インタビュー

2015年10月5日 更新 インタビュー
SERENITY IN MURDER インタビュー
記事公開日:2015/04/01

3月18日に待望のセカンドアルバム「THE HIGHEST OF DYSTOPIA」をリリースしたSERENITY IN MURDER。約3年半という長い間、彼らの新しいアルバムを待っていたというファンも多いことだろう。そして既にチェックしたファンは前作を凌駕する完成度の高さに驚き、その虜となっている人も少なくないはずだ。実に味わい深く、是非腰を据えてじっくりと聴き込んで欲しい作品である。そんな彼らのブレインでもあるFreddy(Gt)とEmi(Vo)に新作の話は勿論、シーンに対する思いなど熱く素直な気持ちをぶつけてもらった。
SERENITY IN MURDER

SERENITY IN MURDER

[Member]
Emi..Vocals
Freddy..Lead Guitar
Ryuji..Lead Guitar
Shohei..Drums
Olly..Bass

SERENITY IN MURDER:Freddy(Lead Guitar), Emi(Vo)
インタビュアー:別府伸朗

3年って早いなという感じで。体感的には1年位ですけれどもう3年経ってたという(苦笑)。

--- 新メンバーのOllyさん加入までの経緯を教えて欲しいのですが。


Freddy:Ollyは元々俺たちのファンでイギリスに住んでいるのですが、2年位前に一度日本に遊びに来て会おうよってメールを送ってきました。その時は会っただけで、彼はまたイギリスに帰っていきました。その後にベースのTakumiが辞めることになってベースを募集していたのですがピンと来る人がいなくて。


Emi:その後に私たちがベースを探しているというのをOllyが耳にしてベースをやりたいってコンタクトしてきて。


Freddy:2ndからは海外に積極的に出たいというのもあったし、Ollyはギタリストでしたがイギリスでバンドを組んでいたからベースでもイケるかなと。Ollyも前向きだったし、じゃあやってみようかと。これから日本に来て日本に住んで一緒にバンドをやっていく感じです。


--- 彼が在籍していたバンドの音源とかは聴いていたのですか?


Freddy:はい。CRANIATIONという女性ヴォーカルのデスメタルバンドで、BLOODSTOCK FESTIVALとかにも出たりしていました。そういった実績も知っていたので実力はあるなとは思っていました。


--- 何回か音合わせはしたのですか?


Freddy:もうバッチリって感じでした。1年前だっけ?


Emi:半年位前ですね。去年の夏に日本に来た時に。


Freddy:その時にアーティスト写真を撮って、リハーサルとミーティングをしました。リハーサルは全く問題無くいけました。


--- 新作が前作から3年経っていて、もうそんなに経ったのかという印象ですがいかがですか?


Emi:いつの間にか3年経ったのかという・・・。


Freddy:3年って早いなという感じで。1stアルバムをリリースしてライブをやって、体感的には1年位ですけれどもう3年経ってたという(苦笑)。


Emi:1stをリリースしてすぐに新曲を作らなければいう意識はあったのですが、ライブで忙しかったりタイミングが合わなくて。1stをリリースした後にSPLIT音源用に「Nocturnal Damned」という曲をレコーディングしたのですが、そこから間隔が開いてしまいました。


Freddy:「Nocturnal Damned」と「Malefic Religion In Our Abyss」は1st出して直ぐに出来ていたのですが、そこから3年経ってしまいました。


--- 焦りはありましたか?


Freddy:もう3年だって気がついた時は焦りましたけど、曲はコンスタントに作っていたので。のんびりはしていなかったのですが、そこから厳選して直したりするのに時間が掛かってしまいました。


--- Takumiさんの脱退もリリースに時間が掛かってしまった一因ですか?


Freddy:バンドですけれども、曲を一番理解しているのは自分だと思っているので、だったら人に頼んだりするよりも自分でベースを弾いた方がいいかなと。そういったところでは問題はありませんでした。


今時の流行っているものを俺たちがやっても意味が無いですよ。とにかく「メタルの道」を突き進む。

--- 内容についてですが前作と同じく攻撃的なところはありますが、今回の作品は美しいメロディラインが印象に残りました。攻めの部分が強調されていたのが前作とすれば、今回は曲もバラエティに富んでいて奥深いアルバムだと感じました。


Freddy:元々俺たちの音楽はメロディありきというところがあって、そこを強化していって次の作品で進化していくというのはバンドを始めた時から思っていたことです。その通りにメロディを作りこんでいきました。1stの頃は1つのメロディを押して、聴いたらシンプルにこのメロディを追っていけばいいという感じに作りました。今回は色々な楽器で色々なフレーズを同じところで弾いていたり、複雑になったからそれが奥深くなったのかもしれない。中にはメロディが複雑で分りにくいという人もいるかもしれませんが、それがどう捉えられるかは楽しみです。1stの方が最初に聴いた時のインパクトはあったという意見もありましたしそれは承知の上で作っているので、聴きこんで貰いたいアルバムです。


--- これだけアイデアがあると曲にアイデアを収めて作りこんでいくと長尺になったりすることもありますが、37分と今回のアルバムとそれほど収録時間は長くないのですがこれは拘りですか?


Freddy:結局37分位のバンドかって言われそう(笑)。でもそれは意識して短くしたので。複雑なことを色々とやっているからそこを聴き込んで欲しいし、繰り返し聴いてもらいたいから。それが長くなるとダレルなと個人的には思っていて。長いと短くスパっと、パンパンと流れていけば37分聴いてもまた聴いてもらえるかなと。1曲1曲無駄を極限まで削いでいった結果です。


--- 逆に長尺の曲を作ってみたいとか思ったりはしませんか?


Freddy:それは無いですね。コンパクトにカッコよくそして芸術性も高くしていくというのが目標で、曲を長くすればそういったことはそんなに難しくないと思っているので。短い曲でそういった目標としている部分を感じさせるレベルまで持っていくのは難しいと思うので、それを追求していきたいですね。


--- 僕は年齢が結構上なのでそういった視線からかもしれませんが、今回の作品はヘヴィメタルの様式に拘った作品だと思いました。年齢の若いメンバーのいるバンドだとそういったところを壊すことが今の表現方法と思う時もあります。ヘヴィメタルやヘヴィメタルの様式に拘ってる意識はありますか?


Freddy:そこは「メタルバンド」ですし、硬派なメタル魂を持っているので(笑)。そういった気持ちを持って戦っていかないとと思ってもいるので。


Emi:「これがヘヴィメタルだ!」というのを知ってもらいたいですね。


Freddy:そう感じて貰えたのは嬉しいですね。ヘヴィメタルの世界を作りたくてヘヴィメタルなバンドをやっていますから。と言っても他の若い人達がやっているバンドもカッコイイですよ。そういったバンドも良いなと思いながら、僕たちはヘヴィメタルをやりたいっていうせめぎ合いもあります。そこで迷ってどっち付かずになってしまったら一番カッコ悪いので。今時の流行っているものを俺たちがやっても意味が無いですよ。とにかく「メタルの道」を突き進む。



--- アルバムの予告編をYouTubeにアップしていましたが、あそこでUPされていた曲がまたイヤラシイところを選んだと思いました。UPされていたのはイントロを抜けば6曲ですが選んだ理由や戦略があればお願いします。


Serenity In Murder - The Highest Of Dystopia - Teaser - YouTube

Serenity In Murder 2nd Album 「THE HIGHEST OF DYSTOPIA」 2015年3月18日 SPIRITUAL BEAST/UNIVERSAL MUSICよりリリース。 TITLE : THE HIGHEST OF DYSTOPIA 1.Overture 2.Noticed...
Freddy:あれはCDを買って貰う為にUPしていたので。自分たちが思う良い曲と、印象に残ったって周りから言われた曲をまず選びました。YouTubeの何秒何分かで掴ませて「ヤバイ」と思わせないといけないので、インパクト与えてアルバムの世界観と曲の良さも伝えないと色々悩みました。曲によっては長めにしたりピンポイントでギターソロ選んだり色々試行錯誤しつつ最終的にあの曲であの構成になりました。あと全曲のイントロでファンの心を掴みたいんですよ。それでイントロで聴かせて次どうなるんだろうと思わせて終わらせたりして。これを聴いて良いと思ってアルバムを聴いてくれたら最高だと思います。

--- アルバムタイトルの「THE HIGHEST OF DYSTOPIA」ですがネガティブなイメージがあります。ジャケットも東京を思わせる破壊された都市なのですが、ここに込められた思いを教えてください。


Emi:曲を全部作り終わった後にタイトルをどれにしようかと選んでいて、私がタイトルを付けました。DYSTOPIAは言葉の表面上のイメージでは荒んでコントロールされている感じがあります。自分たちが何となく過ごしてきていたものがウソだったり、見えなかったものが分ってきたりとかといったことが多くて。そういった国の頂がその「コア」な部分だったり。実はそれ自体が捉えようによっては普通の人から見れば悪い世界だったとしても、自分たちからすればまた別の捉え方で良い世界だったり。1つの視点から見るのではなく、色々な視点から捉えて欲しいと思って。捉えようによっては悪いイメージだけれどもその「頂」は下からだと絶対に見えない部分だと思うので、実際に行ってみて分ってくるという意味を込めてこのタイトルを付けました。ヘヴィメタルって悪いイメージを持った大人もいると思いますが、元気付けられるものだったり芸術的な部分もあるんだって分っても貰いたいし。あのアートワークは歌詞だったり曲を聴いてもらって、退廃的な感じで描いて貰いたいなと思っていました。


Freddy:アートワークはデザイナーの力ですね。1stの頃から一緒にやっている人で、こっちのイメージを伝えればこんな感じでどうですかと描いてくれて。


Emi:良く理解してくれてるので。



--- スタジオのメイキング風景もYouTubeにUPしていますね。丁度1年前位ですか(笑)。元々のリリース予定よりは時間が掛かったのですか?


Serenity In Murder - Studio Report 2014 - Part 1 - YouTube

Serenity In Murder 2nd Albumのレコーディング映像。 映像内で流れる楽曲はデモ音源です。音質、内容ともに作品とは異なりますのでご了承ください。 Serenity In Murder - Symphonic Death Metal hailing from Japan Join the s...
Freddy:そうですね(笑)。これは言っていいのか・・・。あの動画はギターやヴォーカルがメインですよね。レコーディングって普通ドラムから録るのですが、作品を作るレベルまでドラムの実力を高めたかったので。そこにも時間を掛けたくてギターやベースを先に録って、ドラムを最後にしました。その作業もあって時間が掛かってしまいました。

Serenity In Murder - Short Studio Update 2014 - Guitar Solo - YouTube

Serenity In Murder - Symphonic Death Metal hailing from Japan Join the storm at: www.serenityinmurder.jp www.facebook.com/sim.jp www.twitter.com/sim_jp www.s...

Serenity In Murder - Short Studio Update 2014 - Vocals - YouTube

Serenity In Murder - Symphonic Death Metal hailing from Japan Join the storm at: www.serenityinmurder.jp www.facebook.com/sim.jp www.twitter.com/sim_jp www.s...

--- 前作の時にもメイキング風景をUPしていましたよね。そういった部分ってバンドからすると「ハレとケ」の「ケ」の部分になると思います。バンドによってはそういった部分を見せるのに抵抗があると思いますがUPしようと思ったのは?


Freddy:そこは見せられるレベルのものは見せたいなと思っていて。と言っても、あまり見せないほうがいいと思うけど、ギター録りとかに関しては見せられるレベルだし「こういったことをやってます」というのを知らせるには良い材料と思ったので。ただあれは本当に一部で良いとこだけです(笑)。


Emi:レコーディングより曲の一部が聴けたって反応がありました(笑)。


Freddy:良いものが出来ますねって。


Emi:予告の予告ですね。本当に弾いてるんだよ、歌ってるんだよって見せられたし(笑)。


Freddy:あれが正解か間違いだったかは分りませんし、次にやるかは分かりません。


「日本産」なので、足が日本に着いたまま日本をメインに海外にも行ったり。

--- 海外の来日バンドのサポートをしたり台湾でライブをやったりしていますが、そういった経験でそれ以前と変わってきたことはありますか?


Freddy:海外のバンドとやる機会を沢山作って。レベルの高いバンドは本当に凄かったし、ダメなバンドは本当にダメだったし。日本だけじゃなく世界中でメタルをやっている人がいるので、世界で勝負出来るものを作らないといけないとも思ったし、ライブもそのレベルに持っていかないととも思いました。日本人のバンドも「海外に受けるよね」とも感じたし。


Emi:こちらが何か受け入れるというよりは、もっと日本にも良いバンドがいるし自分たちも世界の色々な人たちに見てもらいたいなということを強く思いました。違うことをやっているのではないし、持っている気持ちだったりファンへの気持ちだったりといったところは全然変わらなかったし。色々と話をしている中で「日本だから」「外国のバンドだから」ではなくて、メタルをやっているなら共通しているものを持っているのと感じました。それは良い経験になりました。


Freddy:1年間ほぼ海外のバンドとやってきて、最終的に思ったのは「悔しい」ということ。海外から来るのですから滅多に見ることはできないのは分りますが、お客さんの反応が違うし、ここは日本だし・・・。そのレベルに俺たちが到達していなかっただけですが「日本、ナメるな」って。それで俺たちも海外に出てやりたいと思った。・・・あの時は海外と日本のバンドとでは扱いも違ったし、当たり前だとは思いますが。そこで何を思うかです。


--- それって日本のバンドが昔から抱いているジレンマとは思いますが。


Freddy:そこを変えていかなくてはと思ったし、それを変える位の実力と知名度を上げていかないといけないとも思いました。だから2014年以降は海外のバンドがメインのイベントには出ていなくて。


--- そういった経験から日本のシーンを盛り上げていこうと思ったのですか?


Freddy:日本を盛り上げてヘヴィメタル全体の知名度を上げないといけないし、海外のバンドが好きな人達にも日本のバンドを同じ位聴いて貰いたい。日本の人達にも「日本にも凄いバンドがいる」って気がついて欲しいです。俺が一部分しか見ていなくて、もうリスナーは気がついているのかもしれませんが。気がついて欲しいから海外にも行きたいし、他の有名なバンドと同じ位大きなステージに立ちたい。そこから日本でメインにやっていく時に初めて変える為に動けるんじゃないかと思います。凄く先の長い話ですが。う~ん、何か良い言葉がうまく浮かばないし、こいつ何様だよって感じですね。逆輸入とも違うし・・・、逆輸入だと2014年に俺たちが思った嫌な思いと変わらないので。「日本産」なので、足が日本に着いたまま日本をメインに海外にも行ったり。「逆輸入でなく、日本を背負いたい」とまで言って良いのかですが(笑)。日本にも良いバンドは沢山いるので。


--- そういった活動をしていくとしたら、次にターゲットとして狙っている国や地域はどこですか?


Freddy:それはフィンランドやヨーロッパ諸国ですね、もうヘヴィメタルの国なので。ヨーロッパはアツいですよね。ヨーロッパツアーだけでは意味が無いと思うので、大きなフェスティバルも絡めて出演したいし。それが日本の人達にも知れ渡る様にやっていきたい。それも1~2年じゃできないことだから、長いスパンで見て最終的にはそうなりたいです。向こうの人たちに認められて「日本」を向こうに知れ渡らせたいですね。最初はバンド単体としても、そこから日本全体のシーンを知ってもらえるようにしたい。具体的な戦略はまだ無いんですけどね。


--- Emiさんに質問ですが、フロントが女性だと表現者として「女」の部分を見られると思うのですが、そこで葛藤があったりしますか?


Emi:女性のフロントマンなので「女性」として扱われてしまっていることが多いと思います。私は女らしい部分を出そうとは思わないし、それで1つの表現が出てくるとは思うけど強い部分を目指してやっているので。男性に無い部分はあるし女性であることを売りにしている人もいるとは思いますが、ヘヴィメタルをやっている以上私は男性と対等でいたいと思うのでそれではいけないと考えています。女性ヴォーカルってことで区切られてしまうと勿体無いと感じることもあって。女性ヴォーカルということで知ってもらうこともあるし、そういった風に見てくれることも嬉しいしメリットになっているとは思います。でも、そこでそういった部分の方向性でやっていってもヘヴィメタルらしさとか攻撃的な部分はやれないという思いが私は強いので。ライブハウスだったりシーンにいる中にいる限り、私は女性という冠が付かないヴォーカルとして強い部分を出していかなくちゃと強く思う時があります。


--- 4月4日に渋谷のサイクロンでワンマンライブを行いますが、ワンマンとなると特別な場だと思います。何か考えていることはありますか?


Freddy:初めてのワンマンライブなので下手な小細工をしないで生き様を見せたいです。「俺たちはこのバンドをやっていくから付いてきて良いよ」っていうのを見せたい。カッコつけても仕方ないし、上手く演奏することに囚われないで一生懸命やる。俺たちの覚悟が伝わる様なパフォーマンスをしたいです。


Emi:1stの時からから成長した3年間の部分を見てもらいたいし、Freddyが言った様な生き様「これがSERENITY IN MURDER」を味わって欲しい。私たちだけを見に来てくれる人達に今の私たちを見て欲しい。


Freddy:俺たちだけを見に来てくれるので本当に感謝しているし、それには応えたい。全曲やりますから。


Emi:最後まで楽しんでくれる様なライブにはします。


--- 最後にお二人にとってSERENITY IN MURDERとは何ですか?


Freddy:人生そのものですかね。これしか俺には生き方が無いのでやるしかないし、止めることはない。何かを一生の内にやり遂げないといけないと思うので、そこで出来ることはこれしかない。本当に人生そのものです。


Emi:人生というのもあるけど、私にとってはSERENITY IN MURDERは自分が強くありたいという表現をする切っ掛けになった唯一の存在。私は昔から強い女性だったり女の子っぽいものより男の子っぽいものが好きだったので。自分が求めていたものを表現できる場所です。昔の自分では今の自分は想像もつきませんでしたね。自分の強くありたいといった気持ちとか強く生きて行きたいと思う女性にとってそういったものになりたいです。


SERENITY IN MURDER 最新音源情報

SERENITY IN MURDER / THE HI...

SERENITY IN MURDER / THE HIGHEST OF DYSTOPIA

Artist: SERENITY IN MURDER
Title: THE HIGHEST OF DYSTOPIA
Label: SPIRITUAL BEAST
2015年3月18日(水)発売
価格: 2,571円(税抜)
品番: IUCP-16214
フォーマット: CD

<収録曲>
01. Overture
02. Noticed This Is The Betrayal
03. All Behind You Are Enemies
04. Hurt Of Virtue
05. Martyr For An Age
06. Nocturnal Damned
07. Malefic Religion In Our Abyss
08. Await Me Your Oath
09. Under The Spell
10. The Highest Of Dystopia
11. The Rule

Produced by Hiro (g/ Metal Safari) and Serenity In Murder
Engineered, Mixed and Mastered by Hiro
Artwork by Wataru Nakada

SERENITY IN MURDER ライブスケジュール

SERENITY IN MURDER - THE HIGHEST OF DYSTOPIA JAPAN TOUR-
 (3341)

○2015年4月4日(土)渋谷 CYCLONE
※ONEMAN SHOW
OPEN / START : 18:00 / 19:00
前売:2,500円 / 当日:2,800円
出演:SERENITY IN MURDER
○2015年4月10日(金)仙台 BIRDLAND
OPEN / START : TBA / TBA
前売:1,500円 / 当日:1,800円
出演:SERENITY IN MURDER, TotentanZ, THANATOS, 目玉湯鯨, Skogenhammer
○2015年4月12日(日)前橋 DYVER
OPEN / START : 18:00 / 18:30
前売:1,200円 / 当日:1,500円
出演:SERENITY IN MURDER, GRAVE OF GRIEF, We strong/2, Leone
○2015年4月17日(金)今池 CLUB 3STAR
OPEN / START : 17:30 / 18:00
前売:2,500円 / 当日:TBA
出演:SERENITY IN MURDER, Sin From The Resurrection, No Limited Spiral, Degrace
○2015年4月18日(土)難波 ROCKETS
OPEN / START : 17:00 / 17:30
前売:2,500円 / 当日:TBA
出演:SERENITY IN MURDER, Sin From The Resurrection, No Limited Spiral, Degrace, Shatter Silence
○2015年4月19日(日)神戸 STAR CLUB
OPEN / START : 17:00 / 17:30
前売:1,500円 / 当日:2,000円
出演:SERENITY IN MURDER, Shatter Silence, EtizolaM, After My Fading, Sacred Grizzly Struggle, and more...
○2015年4月25日(土)北海道 札幌 DUCE
OPEN / START : 17:30 / 18:00
前売:2,000円 / 当日:2,500円
出演:SERENITY IN MURDER, CRIME CODE, NONREM, Apocalypse, SANCTUM, Edward Johnson