nIo-Destroyインタビュー

2015年10月24日 更新 インタビュー
nIo-Destroyインタビュー
記事公開日:2015/10/14

SABBRABELLS、CROWLEYと共に日本3大オカルトメタルとしてその名を轟かせてきた北陸の魔王GENOCIDE Nippon。そして北陸を拠点に活動するアイドルグループおやゆびプリンセスから派生した異端のアイドルユニットnIo。北陸という共通のキーワードはあるものの、交わることなど想像も出来なかったこの二つの異端の存在がまさかまさかの融合!nIo-Destroyとしてこの世に光臨した。Aozora.Dこと空野青空、Manami.Dこと宮腰愛美の血に飢えた二人の魔界の姫、それを支える邪悪な侍従である竹内稔浩、そして影のフィクサーである西良弘に誕生からその目的まで語ってもらった。
nIo-Destroy

nIo-Destroy

空野青空(Aozora.D), 宮腰愛美(Manami.D), 竹内稔浩

nIo-Destroy:空野青空(Aozora.D), 宮腰愛美(Manami.D), 竹内稔浩, 西良弘(プロデューサー)
インタビュアー:別府伸朗

北陸にお客さんを呼び込みたい、遠征はするけどあくまで自分たちの活動の拠点は北陸なんだよと。

--- 今回のユニットが生まれた切っ掛けは?


竹内:切っ掛けは福井で非常階段(注:1979年から活動しているノイズバンド)とかと一緒にやったイベントがあるんですよ。その時におやゆびプリンセスの関係者さんが俺たちのバンドのライブを見てくれて。それでウチにもnIoって過激なアイドルグループがあるよという話になったんですね。その時nIoはオリジナルの楽曲を作曲してくれる人を探していて。彼女たちはカバー曲をやっていたのですが、オリジナルで出したいって話していて。俺たちの世界観と合うんじゃないかって目を付けてくれて。それで一度会いましょうという話になって、プロデューサーの西さんとお会いしました。そこでお互い意気投合して、一度合わせてみましょうと。


宮腰:私たちがやっているnIoと竹内さんがやっているGENOCIDE Nipponが融合して生まれたのがnIo-Destroyです


--- nIoがオリジナルで出したいと言っていた時期って彼女たちのHPを見た時にジャーマンメタル風の楽曲を募集していたのですが、その時期と被りますか?


西:それもありましたね。


竹内:元々nIoがカバーをしていた楽曲がマキシマムザホルモンとかヘヴィな楽曲をやっていて。必然的にオリジナルにした方がいいんじゃないかって西さんとも話していて。


西:アイドルの背景として、パンクとかハードコア系のアイドルって増えてきたんですね。それで正直そのままパンクとかハードコア系でオリジナルをやっても埋もれちゃうんじゃないかなって。活動の拠点が石川県というのもあるし。それでアイドルが本格的にヘヴィメタルをやっているところは無いよねって。


--- 竹内さんは最初この話になった時にどう思いましたか?


竹内:最初はおやゆびプリンセスの子とやりませんかみたいな感じで受け取ったんです。


宮腰:そうだったんですね。


竹内:その時はおやゆびプリンセスもアイドルも分らなかったから。ももクロも知らなかった位なんで。「なんですか、それ?」みたいな感じでした。福井に小さなライブハウスがあるのですが、そこでおやゆびプリンセスから生まれたユニットのnIoの子たちが過激なことをやっていたんですね。どんな過激なことをやっているのか興味もあって。それで一回見てみようって見たら、暴れまわったりお客さんをど突きまわしたりしていたんで。それでおやゆびプリンセスというよりもこの子たちとやりませんかという話、それだったら考えてみようかなって。


宮腰:ど突きまわしてましたね(笑)。


竹内:この子たちは凄いなと思って。それで一緒にやりたくなったんですね。彼女たちを見て、一緒にやるのは自分的にも面白いぞと。あと考えていたのは、合体するなら同じ北陸出身者が良いなと。それで北陸をアピールしたいと。それでおやゆびプリンセスのHPを見たら、おやゆびプリンセスも同じ考えだったんですよ。北陸にお客さんを呼び込みたい、遠征はするけどあくまで自分たちの活動の拠点は北陸なんだよと。俺たちGENOCIDE nipponのポリシーもそうなんですね。それで一緒にやることを(GENOCIDE nipponの)メンバーに相談したら、面白そうだから一緒にやってみようって。最初はその為にオリジナルの楽曲を書こうと思ったけど、GENOCIDE nipponとnIoで一緒にやるなら俺たちの楽曲をやった方がやり易いんじゃないかなって。新しい曲を作ってイメージが全く違うものになってしまったら困るし。


--- まだ合体したばかりで新しい曲では一体感が出ないかもしれないし。


竹内:そうですね。でも今後もっとお互い場数を踏んでいったら、(nIo-Destroyとして)新しい曲を作るかもしれない。とりあえず最初はGENOCIDE nipponの曲を一緒にやって歌ってもらおうかと。


ぶっちゃけ言ったらキャピキャピしたアイドルだったら今回のユニットは無かった。

--- 竹内さんにですが、以前だったらこんな合体は考えられなかったということをSNS上で発言していましたが、それが変わる切っ掛けはあったのですか?


竹内:それはライブを見たからなんですよ。最初は笑っていたんですよ、「おやゆびプリンセスってなんですか?」って。指圧ファンのアイドルかなとか想像していて(笑)。それでなくnIoとの話ですとなって、それで(ライブを見に)行ったんです。考えられないというのは、若い女の子と自分たちの世界観って別世界じゃないですか。アイドルの世界も全く知らないし。BABYMETALみたいなことなら、俺たちには少し荷が重過ぎるなと。西さんにお会いしたら、自由にやってくださいと言ってくれて。まず最初にやったのは「踊りを止めてください」と。普通はどんなアイドルでも、バックがどんな音楽でも、ダンスをやっているんですね。それを排除したかった。色々と考えていくうちにメンバーが変わって、同じく北陸を拠点に活動している空野(青空)が加入して今のスタイルが確立しました。それと西さんがドラキュラのイメージを出してきてくれて。メタルテイストで現実逃避したゴシック的なものも合わせてやりましょうと。そうしたら結構ハマりました。


--- ヘヴィメタルやハードロックは聴いていましたか?


空野:実はアニソン以外ほぼ聴いたことがなかったです。でもTVアニメ「けいおん!」の影響もあり、ヘヴィメタルの存在自体は知っていました。


--- GENOCIDE nipponのことは知っていましたか?


宮腰:知らなかったです。ヘヴィメタルもハードロックも聴いていませんでした。


空野:全く知らなかったです。まさに未知との遭遇って感じでした。


--- バンドだけでなくヘヴィメタルもハードロック知らない状況で、実際歌ってみた感じはどうでしたか?アイドルの楽曲だとざっくりとしたイメージで申し訳ないのですが、3分間の世界でどれだけ表現するかだと思うのですが、GENOCIDE nipponだと長尺の曲でアイドルとは真逆の位置にあると思うのですが。


宮腰:そうですね、歌い方とかも何一つ分らない状況のままだし、曲も間奏も長くて、どういった表現をしようかとか悩みました。まずnIoの時から踊りの無い状態で歌って表現するのが本当に難しくて、どう動いていいのかも分らなくて。お客さんをど突くにしても、ステージから降りてもそのままど突かないで戻って来ることも最初はありました(笑)。


竹内:俺が最初にnIoを見た時は踊りが一切無かったんですよ。だから一緒にやろうと思ったんですよ。もし、踊りとか振り付けがあったら、ぶっちゃけ言ったらキャピキャピしたアイドルだったら今回のユニットは無かった。踊りが無かったから、自分がイメージしていたパブリックイメージなアイドルとは一線を引いていたから面白いなと思って。知っているアイドルって言ってもAKB48位ですが(笑)。


--- 踊りを封印されたとのことですが、そこでどうしようかとか戸惑いはありましたか?


空野:ダンスは好きですが、むしろ動かないくらいがAozora.Dの役割的には丁度いいと思ってます。


--- nIoってプロレスのnWoが元ネタになるのですか?


宮腰:そうですね(笑)。


西:パクリです。今はこのロゴは使えないのですけどね。


竹内:俺もプロレスが好きなので、バシっと来て一緒にやりたいと。近いものがありますからね(笑)。西さんとは趣味的なものが合うのも一緒にやっている理由になるかもしれません。


西:僕もBLACK SABBATHやJUDAS PRIESTが好きで。自分では演奏とかはしていませんでしたが、中学生の頃はそういった音楽が好きだったというのもあって。


--- nIoでは過激なことをやって、nIo-Destroyではヘヴィメタルの中でもサタニックやホラーな面を強調していてスイッチの切り替えが大変ですね。


宮腰:追加追加な感じで世界観を作るのが大変です。


竹内:その前はこのnIoのロゴのシャツを着て暴れていた。基本的に西さんがプロデューサーなんでどんなコンセプトにしようかとかメンバーと一緒に考えて。nIoが一度死んで蘇るということを考えたんですよ。


宮腰:私、一度死んで埋められたんです。人間とは違うものに生まれ変わって(笑)。


竹内:蘇った後にどうなるだろうって、どんな姿になっているだろうかとかストーリーを考えて。それでドラキュラや魔女が合わさった様な魔界の人という世界観を持たせて、GENOCIDE nipponの曲と融合させて打ち出そうと。GENOCIDE nipponも元々はこういった世界観をもっと出したかったんですよ。でも、今更自分たちがそういった世界観を出しても演劇っぽいお笑いになっちゃう。若い二人にそういった世界観を演じてもらうことによって、自分たちが昔やりたかったことができるんじゃないかなと。俺は本当は後ろに下がって若い子を前面に出してやりたかったんですよ。本当はフロントの女の子3人だったんですけど、1人冥界に戻ったので俺が前にでることになって(笑)。


nIo-Destroy

nIo-Destroy

そこはあくまでコラボ、本業はアイドルなんでそういうところも出したかった。

--- 実際一緒にやってみてお互いどうですか?


竹内:もう全然OKです。ぶっちゃけた話をすると、ヘヴィメタルはこういうものだとかこういったものを聴いて勉強をして欲しいとか、ヘヴィメタルについての知識を教えていないんですよ。


宮腰:ヘヴィメタルについて教えてもらってなくて、こういう歌い方をして欲しいとかも無かったんですよ。


竹内:そういったことを一切やりたく無かったんですね。下手に何かのお手本を見せてしまうと、それに影響されたり真似しようとしたりするかなと。この子たちが自分なりに消化した表現や歌を俺たちの曲に乗せたかった。今、この曲を聴いてメタルのお客さんはヴォーカルが弱いと感じるかもしれない。でも、俺はこのヴォーカルが良いんですよ。まだ魔女だけど幼さも抜け切れない感じ、思春期の頃の女性として覚醒されていない感じを出したかったので。だからこれが1stなんですよ、これからどうやって成長していくのか。邪悪さが増していくのか、妖艶な感じが出てくるのか、もっと別なものが増していくかもしれないというのも見ていって欲しい。


--- ヘヴィメタルについて教えてもらっていなくて、GENOCIDE nipponの曲を歌ってくださいって渡された時に初めて聴いてどう思いましたか?


宮腰:歌えるのかなと不安でした。竹内さんは高い声もバンっと出していたりとか、デスボイス的な低い声も出していたりするので。アイドルのバチバチ決まったリズムで、AメロがあってBメロがあってという感じですが、それとも違うので。


空野:元々ミュージカルや合唱が好きだったので、発声がしやすくて歌いやすかったです。逆にアイドル的な声質と笑顔を封印して感情を制御するのは大変でした。


竹内:アイドルではユニゾンで歌ったりということが多いのですが、それをやると同じになってしまうからそれぞれの個性や役割を考えて(歌唱法も考えて)。真ん中のAozora.Dが魔界の姫で、彼女を中心に動いていて。俺が彼女を陰から見守っているみたいな役で、Manami.Dは姫に蘇らせてもらって彼女を崇拝して使えている者という役で。そのイメージでそれぞれ歌っています。そこで試行錯誤して、Manami.Dは少し子供っぽところを出してもらって、Aozora.Dは幼いけどお姫様らしい歌い方を出してもらう様にしています。冥界に戻ったもう1人の子も違う役割で歌っていたんですよ。最初はその3人のフォローみたいな形で俺が歌っていく方向だった。はっきり言ってメタル的な歌い方にはして欲しくない。それでないと嬢メタルとか、ゴシック的な女性ヴォーカルをフィーチャーしたものになってしまうので。そこはあくまでコラボ、本業はアイドルなんでそういうところも出したかった。今回はピッチ修正とかもしていなくて生声なんですよ。ライブで再現できないとダメということもあるので。それと今はアイドルのお客さんやファンの前でしかやっていないので、今後はヘヴィメタルのイベントにも積極的に出て行きたいなと。


--- レコーディングの歌入れの時はどうでしたか?


宮腰:これで合っているのか、どれが正解かというのも分らなくて。何パターンかレコーディングしました。それでチョイスしました。


竹内:実はこの話の前にGENOCIDE nipponに女性ヴォーカルを入れてやってみようかって構想もあったんですよ。それを福井、北陸だけの活動にしようって。そういったこともあったので(今回のユニットの話は)丁度タイミング的にも良かった。北陸って裏日本の魔界といったイメージがあって。豪雪地帯だし、本当にすごいところなんですよ。そういったものも今回の合体でアピールできたらなと。そういった北陸のイメージはゴシック的にも合うと思っていたし。


--- ステージでは動きが少ない中、Aozora.Dの世界観や存在感が動きの少ない中でも非常に強く出ていたと思うのですが何か参考にしていたり、表現する上で一番気にしているものはありますか?


空野:参考と言うよりは自分自身の闇を全て抱え込んだもう1人の自分がAozora.DというイメージでnIo-Destroyのステージに立つとAozora.Dが降りてくるような感覚です。動きが少なく無表情の中にも悲しさや重苦しい何かを感じてもらう為に集中してます。


--- Aozora.Dさんは機動戦士ガンダムシリーズが好きとのことですが、その登場人物とかを参考にしていたりもしますか?


空野:ガンダムが「連邦の白い悪魔」ならAozora.Dは「北陸の白い悪魔」(笑)。ニュータイプが覚醒すると別人格が出てくる感じと似てる気がします。最近のTVアニメで言うと「シャーロット」の黒羽姉妹のようなイメージです。


--- ファンからの反応はどうでしたか?


空野:「怖い」とか「別人」て言われました(笑)。


宮腰:「ライブでは圧倒されているのかな?」って感じています。今までアイドルの現場ばかりに来てくれているお客さんなので、バンドとコラボしてアイドルのノリと違う世界観に圧倒されている感じはします。


西:元々アイドルが好きな子がファンだったから、nIoで暴れていた時は正直嫌がっていました。「ぷにたん(宮腰さんのニックネーム)だよ」って言っている方が好きなファンが来てくれているから。


宮腰:nIoの最初の頃は「何でアイドルなのにそんなことをやっているの?」って反応が多かったです。おやゆびプリンセスをやってくれないのとか。


西:おやゆびプリンセスからでなくnIoからファンになった子もいますし。基本的にウチのファンは沸かしてなんぼみたいなところがあって、会場をどれだけ盛り上げるのかって。後ろにバンドがいるアイドルというイメージで来ていると思うのですが、GENOCIDE nipponってヘヴィメタルの中でも激しく攻めるタイプと違っておどろおどろしいイメージでやっているので、そういったことを聴いたことのない世代だったりジャンルの人たちだと思うんですよ。そうなると、どう反応していいのか分らないというのが正直なところかなと。ただGENOCIDE nipponの音楽が「深い」とは感じているとは思うんですよ。


宮腰:凄いって感じてくれているのは伝わってくるんですよ。ただどう反応していいかとか、どう聴けばいいのかという感じだと思います。


竹内:まだ5回しかライブもやっていないし、これからスタイル少し変化していくかもしれないし。色々と試していって、お客さんの反応も見てみたいし。今はアイドルのお客さんにこういった世界もあるんだよっていうことを見せたいなと思っていて。もっと言ってしまえば、アイドルの世界ってヴィジュアルあってじゃないですか。次にヘヴィメタルの世界へ行った時に、ここまでのヴィジュアルの子はなかなかいないと思うんですよ。そういうのを(ヘヴィメタルのファンには)見せていきたい。ヴィジュアルも立派な武器ですから。ヘヴィな音楽だけど彼女たちのルックスで癒されて欲しいなと、それで良いなと思ってくれたらと。


--- ヴィジュアルは大きいですよね。


竹内:大きいですよ。さっき話した様な北陸の魔界的なイメージを出すのにヴィジュアルは大事だと考えていたので。


--- PVでは日本のホラーと海外のゴシックホラーのイメージが上手く融合されている感じで海外の人にも見てもらいたいですよね。


西:日本の女の子ってどうしても海外の人から見ると年齢よりも幼く見えるらしいんですよ。そこで違った魅力、ミステリアスな部分も出てくるかなと。


nIo-Destroy「DOOMSDAY」MV - YouTube

平成27年8月26日『nIo-Destroy』メジャーリリース決定 タイトル「DOOMSDAY」 『nIo-Destroy』とは 平成27年5月6日にメジャーデビューを果たした石川県初のアイドルおやゆびプリンセスから派生した『nIo』と日本が誇る最古のドゥームメタルバンド『GENOCIDE(ジェノサイド)』が融合。

アイドルとかヘヴィメタルとか立ち位置は自分たちでは決めない。どこにでも出て行きますよ、俺たちは。

--- これからの活動の予定は?


西:元々nIoがどんどんストーリーは続けていくことが前提ですし。nIo-Destroyの今はとにかくリリースされたシングルを広めていかないといけないので。ライブの反応も見ていくことも大事だし。結果も出したいし。


宮腰:そこは絶対出したいんですよ。単純なコラボで終わらせたくないし。


竹内:はっきり言ってしまえば(nIo-Destroyは)デビューしたての新人なんですよ。おやゆびプリンセスでもGENOCIDE nipponでもない、何の実績も無いド新人なんですよ。ここからどう変化していくのか見て欲しいし、お客さんもどういったものを求めているのかを知っていきたい。海外にも、どこか出してくれるところがあったら出してみたいです。最終的には海外のフェスティバルにも出たいんですよ。似てはいるのはあっても、このスタイルのものは海外にも日本にもまだ無いと思うんですよ、ここまで露骨に押し出したものっていうのは。


西: nIo-Destroyは振り付けとかをしてしまうと「違う」んですよ。アイドルはアーティストではないと思っているんので。何故かと言えば、表現力をアイドルは振り付けに頼っていてというか、そこに特化しないといけないので。そうなると人が考えたものを表現している。バンドの人は「自分の表情」で全部やるじゃないですか。アイドルでも振り付けがあってそういった「表情」を出している人も多いのですが、どうしてもそこまで至らないで人気が出ちゃうことも多いんですよ。バンドとかアーティストの人と違うことは圧倒的に表現力が違うんですね。こんなことを言うと他のアイドルさんたちに失礼かもしれませんが、振り付けを排除したいというのはそういったこともあってなんですね。ステージでどうやって立ち振る舞いをするか自分たちで考えてもらって、自分たちで表現しないとnIo-Destroyでは通用しないと思っています。


竹内:俺もこういってやってくれとかAozora.DやManami.Dに言っていないんですよ。お互い演者なんで、二人を尊敬しているんですよ。アイドルの中でもすごいことをやっていると思います。俺からすればアイドルでここまでヘヴィメタルの世界に足を踏み入れてやっているのはいないと思うし。それは歌とか表現でなく演者として凄いところにいる。ステージに立った時の雰囲気ですよね。プロなのかアマなのか、同じステージに立った者から見たら彼女たちプロだなと。プロと一緒に立っているから安心していられる部分もあって。そこで任せられれば、自分の世界にも入っていけるし。そこで自分で考えて表現してもらえればなと。


宮腰:いつもの「ぷにたんだよ」っていうアイドルのキャラを一切出ないように気を使っていますけど、でもその部分が出ちゃいそうになる時もあるんですよね。そうなると皆でステージで作ってきた世界観が壊れてしまうので、本当に気を使ってます。


--- nIo-Destroyって名前の由来は?


竹内:元々nIoはあったのでそれにGENOCIDE nipponって付けたらおかしいよねって。それで俺の口癖でよく「よろしくDestroy」って言っていたのでそれを付けた方がいいかなって。語呂合わせもいいし。それにnIoは「新しいアイドルの秩序」を打ち出していて、新しいものを作り出すには「古いものを破壊」していかないとということもあって。後付気味にはなりますが(一同笑)。ジャンル分けしていく壁も破壊して、どこに行ってもnIo-Destroyらしさを出していければと。J-POPを聴いてくれる人もヘヴィメタルでもアイドルでも俺たちのことを聴いて気に入ってくれればと。アイドルとかヘヴィメタルとか立ち位置は自分たちでは決めない。どこにでも出て行きますよ、俺たちは。


--- 最後にファンの人に一言お願いいたします。


空野:冥府との世界を繋ぐnIo-Destroyのステージで共に心の闇を解き放ち、明日に蘇生していただきたいと考えてます。ぜひ一度ライブにご参列ください。


宮腰:CDを買ってDESTROY!


竹内:それしかないです。1人でも多くの人たちに自分たちの音を聴いてもらって、気に入ってくれたらライブに足を運んでもらいたいです。ライブはCDだけの表現とは違うので。生音だし、ヴィジュアルで飛び込んでくるものもあるので。音に対してもっとアグレッシブなことをやることもあると思うし、また違った表現をすることもあるから。ライブは生モノだからいつも同じことはやっていないし、そういったところも見て欲しい。


nIo-destroy 最新音源情報

nIo-Destroy / DOOMSDAY

nIo-Destroy / DOOMSDAY

アーティスト:nIo-Destroy
タイトル:DOOMSDAY
レーベル:A-force/Blueleaf records
規格品番:YZWG-10034
価格:1,111円(税抜)
発売日:2015年8月26日(水)

<収録曲>
01. DOOMSDAY
02. LIVING LEGEND