#05〜岐阜編〜 JUNKY WALTZ・HASH-ROYAL氏インタビュー

2015年10月5日 更新
#05〜岐阜編〜 JUNKY WALTZ・HASH-ROYAL氏インタビュー
記事公開日:2015/07/30

都道府県別ラウド・メタル事情を北から順に追ってきたが、飛び石展開もアリだなということで今回は岐阜編となる。
日本を代表するドゥーム・ストーナー系バンドして活躍するJUNKY WALTZのHASH-ROYAL氏に話を伺った。岐阜県内ではイベント「HIGH-GAIN MADHOUSE」を主宰。また2001年よりラーメンの食べ歩きを開始。年間600杯以上のラーメンを食し、自身のブログはいつの間にかほぼ暴飲暴食記録となっている。初級食品表示判断士の資格を有し、音楽業界だけでなく飲食業界からも注目を浴びている人物である。
HASH-ROYAL氏

HASH-ROYAL氏


JUNKY WALTZ:HASH-ROYAL氏<Vo. / Gt.>
インタビュアー: 奥中 夕佳(Metallization.jp事務局)

ジャンルに囚われず本当に音楽好きで、ちゃんとライフワークになっている人が多いのかも。

--- まずご自身について教えていただけますでしょうか。


HASH-ROYAL:JUNKY WALTZのヴォーカル兼ギター担当・HASH-ROYALです。前身バンドから改名する形で2001年にJUNKY WALTZ結成、ヴォーカルも兼任するようになったのは2004年から、現在のスリーピースに移行したのは2011年かな。前身バンドは1996年結成のSUPER SLAP STICKという、ノリだけで決めたバンド名でやってました(笑)。


--- 約20年前ですね。ということは学生時分ですよね。


HASH-ROYAL:そう、岐阜高専在学時代に同級生と始めたのがきっかけです。


--- 当時はバンドを結成する若者も多かったと思うんですが、メンバーは全員同じ岐阜県内ですか?


HASH-ROYAL:はい、市町村こそ違ったけど、全員岐阜県民。同年代のバンドもめちゃくちゃ多かったですね。

--- 90年代のインディーズが盛り上がっていた頃ですよね。ライブ活動はどのようにやり始めましたか?


HASH-ROYAL:最初は学園祭で、徐々にライブハウスに移行していきました。


--- ライブハウスは岐阜の?


HASH-ROYAL:最初は岐阜ばっかりでしたね。単発で名古屋が数回あったくらいで、ちゃんと県外やるようになったのは2004年以降、つまり私がヴォーカルを兼任するようになってから。


--- 岐阜のライブハウスって当時〜現在含めどこにどういうお店がありますか?


HASH-ROYAL:岐阜のライブハウスは、昔は岐阜市街地にマガジンという小さなハコがあって、そこによく入り浸っていたかな。出演よりも飲んだくれる為に(笑)。同じく老舗で、今も現役なのが岐阜市のキャスパー。創業1978年だから、もう36年もやっていますね。その他、大小様々あったけど、個人的に活動の核となったのが昨年閉店してしまった各務原市のBRAVOと、現在ホームとして利用している岐阜市のants。


--- やっぱり県南部に小屋は集中しているんですね。県内の地域によって音楽事情などの違いはあるのですか?


HASH-ROYAL:岐阜は日本で面積が7番目に広く、広すぎて県民である我々が隅々まで把握してないし、割とどこも人が密集してない(涙)です。 音楽事情はといえば、岐阜県は大きく美濃地方(南部)と飛騨地方(北部)に分かれていて、飛騨地方は観光立国という事もあってか、苦情を気にして時間や音量の制限が多く、なかなかハコが定着しないらしいですね。


--- 音量制限ですか。


HASH-ROYAL:具体的に何デシベルって言われる訳ではないと思うけど、テナント店舗だと他の店舗から大家に苦情が直接行くから、その辺りのバランスは難しいみたいです。飛騨地方に限らず、繁華街のテナント物件のハコは、ご近所問題が絶えないらしいですね。


--- 地方都市ゆえの特徴とは思うのですが、ライブハウスやイベントでのブッキングでは対バンのバンド色はやはりバラエティに富んでいるのでしょうか?


HASH-ROYAL:はい、メタル系だけでイベント成立するのは年に片手で数えるくらいで、他の多くは他ジャンルとの対バンという形ですね。 そういう事もあって、この辺りじゃジャンル気にせずに横のつながりは比較的フレキシブルかな。


--- 出演者も見にくるお客さんの層も年齢層も幅広いイメージがあるのですが。


HASH-ROYAL:そうですね、僕らがシーンに飛び込んだ時の先輩で残っている人も多いし、お客さんも然り。ジャンルに囚われず本当に音楽好きで、ちゃんとライフワークになっている人が多いのかも。


--- なるほどです。岐阜には目当てのバンド見てすぐ帰る〜ってイメージ少ないですよ。


HASH-ROYAL:あー、お目当てバンドがあるお客さんの感覚、都市部でよくライブするようになってから気付きました。


岐阜が誇る部分か… 良い意味で何でもアリというか、敷居が低いところかな。

--- いわゆるヘヴィ、ラウド系のバンドって岐阜だとどういったバンドがいますか?


HASH-ROYAL:岐阜で現存するヘヴィ系のバンドは、スラッシュメタルのTRENDKILL、80年代的な正統派ヘヴィメタルのSYSTEM X、BAD BOYS ROCKなTHE BROTHELSやBABYLON SiXX 666くらいですね。


TRENDKILL - YouTube

DO IT PUNK~ONCE AGAIN FOR NOW~ 2011/7/24(日) 岐阜51 HEPBURN/TRENDKILL/RAMBLAR/DJ YAN TRENDKILL are Vocals : Wataru Amano Guitar : Masaru Deathnouchi Guitar : Sa...

SystemX 【2014.12.20 】 E.F.B ~ Take Back The Power - YouTube

SystemXで12月20日に岐阜キャスパーでライブを行いました!

THE BROTHELS "Night with strings" Official Music Video from 3rd New Album「My...」!! - YouTube

THE BROTHELS "Night with strings" Official Music Video from 3rd New Album "My..." (C)2014 VANILLA TRASH RECORDS. 「ぶちまけられた激情ほとばしるメロディーが疾走するBROTHELS...美しきTREAS...

BABYLON SiXX666/Drug Star20110327GIFUCASPER - YouTube

BAD BOYZ ROCK BAND!From Japan!!!!!!!!!!!!!

--- STAB 4 REASONも岐阜ですよね?


HASH-ROYAL:STABはハードコアパンクですね。あと厳密にはHR/HM界隈ではないけど、最近対バンの機会が多いのは、ヘヴィ・ダブのDUB 4 REASONと、そこと近い音を出しているDUB O THIRTY。


STAB 4 REASON "Trick me well" PV - YouTube

STAB 4 REASON 3rd ALBUM 「RETURN OF THE KINGS」より、"Trick me well"のPV。 前作から10年ぶりの3rd アルバムにしてSTAB 4 REASON結成15周年記念盤!! 「時」の経過がバンドをフラットな状態へと導き、結成当初のオリジナリティ溢れるハードコア...

DUB 4 REASON「Anarchy And Dub」MV(2nd Album) - YouTube

邪悪なダブでその名を全国に知らしめた前作「ウィックダブ」から 5 年・・・ 魔界の住人ダブ・フォー・リーズンの暗黒ダンス・ミュージック第 2 章「アナーキー・アンド・ダブ」の幕が上がる。 2ndアルバム「ANARCHY AND DUB」2015年6月10日(水)発売

--- 解散したビッグネーム的なレジェンドは?


HASH-ROYAL:解散したビッグネームか。少なくともHR/HM系ではいないですが、HC/PUNKまで入れると、TAKACHO LONDON氏のバンドS.D.S、DEVICE CHANGE辺りかな。


--- 2004年ぐらいから県外でも活動し出したとのことですが、ご自身が感じた岐阜と他県の違いを教えていただけますでしょうか。ここは良かった部分、ここはガッカリした部分、ここは岐阜が誇る部分などをお願いいたします。


HASH-ROYAL:良い部分は、大きくHR/HMだけのショーケースばかりがあることかな。こっち系を好きな人は、そこまでお目当てがなくても、その日の全バンドを見れば概ね好みのサウンドに出会えるというか。そういう意味で、ウチのJUNKY WALTZにも興味を示してくれるお客さんの数がグッと増えた経験もあるし。 ガッカリしたのは、HR/HMの中でもウチはスローでヘヴィな部類なので、速いテンポを求めてくる人には1曲目から見向きもされないことですね。細分化されたとはいえ、スラッシュ色が強いイベントなんかだと高確率で惨敗しますね(笑)。
岐阜が誇る部分か… 良い意味で何でもアリというか、敷居が低いところかな。
ウチの企画でも思いつきから駐車場でBBQ始めたり、おつまみ無料ナイトやったり、お客さんが喜びそうと思えばとりあえず実行してみたし、概ね評判を得ましたし。今も不定期だけど、antsで僕も関わっているラーメンイベントを継続していますしね(笑)。


--- ラーメンの話は、もう少しあとで触れるとして… 触れる必要はないかもしれないけど(笑)。


HASH-ROYAL:やっぱ触れるんや(笑)。


--- 全国区で活動したバンドって県内にそんなに数が多くないと思いますが、やはりJUNKY WALTZは先駆け的な位置なでしょうか?


HASH-ROYAL: ちゃんと全国に行っているのは、HR/HM系だけに限ってしまうと、ウチとTHE BROTHELSだけですね。


--- THE BROTHELSって同年代ですよね?


HASH-ROYAL:ええ、リーダーでヴォーカルのMARが一歳年下ですね。


--- そうしたら、いい部分で触発されて切磋琢磨したわけですね。


HASH-ROYAL:はい。かなり触発されましたね。同年代だけど始動は少しウチの方が早いのに、アルバム作品の全国リリースは向こうの方が先で、当時はかなり焦りましたし。今ではお互い音楽的に離れたけど、当時は共に暴走R&R系の括りでしたからね。


--- アルバムを出したのはいつでしたっけ?


HASH-ROYAL: ウチの1stは2007年。THE BROTHELS の1stが2003年。ずいぶん先を越されたでしょ(笑)。


--- ホントですね。オムニバスAGM(※注釈1)に参加したのが2005年ぐらいでしたよね?


V.A. / EARTHQUAKE A.G.M.

V.A. / EARTHQUAKE A.G.M.

※注釈1
2005年に名古屋のkuma氏主宰SUB-EFFECT RECORDSよりリリースされた愛知・岐阜・三重の重低音系14バンドが参加したオムニバスアルバム。タイトル「EARTHQUAKE A.G.M」のAは愛知Gは岐阜、Mは三重の頭文字をとったもの。
※注釈1
HASH-ROYAL:そうですね、AGMが2005年。

--- 東海地区はAGMだとかMAGやらそんな名前のイベントやらリリースが多いですね。GAMはない?(※注釈2)


四日市のHCストリートアパレルショップオーナーのUTCHY氏が主宰する三重のハードコアイベント「MAG SIDE CONNECTION」。MAG SIDEのMAGは既にお気づきかと思うがMは三重、Aは愛知、Gは岐阜。
注釈2
HASH-ROYAL:岐阜がアタマ張るコトはないでしょうね~。保守的・温厚・付和雷同の三拍子揃った県だから(爆)。

--- あれ?岐阜って民主王国?自民?


HASH-ROYAL:大自民王国。


--- めっちゃ話逸れてますけど…


HASH-ROYAL:天下の野田聖子様がおらせられるぞwww刺客に佐藤ゆかりタソを送られた聖子ちゃんやで。


--- 話を戻して(笑)、アルバムのリリースが2007年ぐらいだとだんだんCD自体の売れ行きが下がってきたころと記臆しているんですが。


HASH-ROYAL:まだiTunesでダウンロードという利用法も現在ほどポピュラーになってなかったせいか、音楽性のせいかはわからないですけど、それなりに売れたし、ツアーファイナルは満員御礼でしたね。


--- 全国で精力的にライブ活動し始めたのは自身のアルバムのリリース後ですか?


JUNKY WALTZ / COUNTERFEIT J...

JUNKY WALTZ / COUNTERFEIT JUSTICE

ALBUM/CD
Release/2007.6.25
◆SUB-EFFECT RECORDS
◆SECD-005
◆¥2,100(with tax)
1.UPSIDE DOWN
2.MUE-SICK
3.DRIVE OF HATE
4.BLIND PHILOSOPHY
5.MY WORLD
6.PRIVATE WAR
7.LIVE FOR WHAT?
8.OPTIMISTIC JUNKY
9.BLAZIN’
10.INTO THE GRAVE
11.BORDERLESS
Feat.風利銃恐竜
12.GC NITE FLAVA
Feat.DJ MOTIVE
HASH-ROYAL:東名阪以外にもちゃんと出るようになったのは2007年7月からの1stツアー「BETWEEN HEAVEN AND HELL TOUR」以降ですね。2007年はツアー含めて計36本ぐらいライブをやりましたね。
--- 全国たくさんの土地でライブをされたと思うのですが印象的な地方の話を聞かせていただけますか。

--- 全国たくさんの土地でライブをされたと思うのですが印象的な地方の話を聞かせていただけますか。


HASH-ROYAL:香川・高松はイベントの合間、打ち上げ、ちょっとした移動時間…どんな時でもうどんの話が1つ2つは絶対出てくる。
岩手&宮城は絵に描いたように、出演者もお客さんも温かい。
愛媛・松山はアタマ数は少ないのに、突然変異的に独創性があってクオリティが高いバンドばかり。
福岡は楽曲が細分化されているのは他と変わりないが、横のつながりはボーダレスに近く、風通しが良い。
あと極論だけど、東京はだいたい何度やってもリアクションが最高。自分的にちょっと攻め過ぎたか?と思えるパフォーマンスでも、ちゃんと見逃さず評価してくれるというか。


相手の地場へ出向くという動きになって欲しかったんだけど、皆無に等しかったですね。

--- バンド主催の地元岐阜でのイベントHIGH-GAIN MADHOUSEを始めたのはいつからでしょうか。


HASH-ROYAL:自主企画の一発目は2006年5月。当時スリーピースだったOUTRAGEが岐阜でやりたいと言ってくれたので、何か冠を用意せねばと。


--- いままでどんなバンドを招聘されましたか?


HASH-ROYAL:岐阜へ来たいって手を挙げてくれたバンドはほとんど。 OUTRAGE、UNITED、JURASSIC JADE、SURVIVE、LIBERATED STAIN、Shady Glimpse、ETERNAL ELYSIUMといったところ。
基本的にツアーバンドの招聘か、JUNKY WALTZのリリースパーティでしかイベントは開催しないです。


--- UNKY WALTZはオラが村盛り上げる!というよりは自分たちのバンドのスタンスで負担のないような活動をしているように見えていますが。


HASH-ROYAL:いやいや、2010年くらいまではオラが村スピリッツ満載でしたよ。その辺りから、あまりに暖簾に腕押しなことに気が付き、あまり地元意識をしなくなりましたね。


--- 理想空回りな、ですね。


HASH-ROYAL:概ねどこも地方都市が抱える悩みなんでしょうけど、ウチも類に漏れず。


--- 叩き土台をつくっても結局各バンド(若いバンド)が外へ出て行かない、外の世界を見にいかないってことですよね?


HASH-ROYAL:全然。デモ音源ごときでリリースパーティをやる、思い出作りだけで解散、ビッグネームとの対バンだけ一丁前に挙手…何がしたいのだか。


--- で、地元を意識しなくともバンドは悟りを拓くと結局どうとでもバンドは続けられるんですよね。


HASH-ROYAL:ですね。解散する理由も限りなく絞られてくるし。


全国区バンドと岐阜を繋げる、というのが唯一の使命だと思っていますから。

--- とはいえ今度SOLITUDEのツアーの岐阜場所を仕切るんですよね?


HASH-ROYAL:そうですね、11月29日。


--- また肉がうまそうな日ですね(笑)。


HASH-ROYAL:良い肉の日だからね。何か肉をふるまうイベントにしようかな。ふるまい肉。血のしたたるヘヴィメタル肉Night。


--- 対バンはどのあたりをぶつけるんでしょうか?


HASH-ROYAL:さっき挙げた、BABYLON SiXX 666、あとは地元岐阜に根付いたバンドを数バンドあたり。


--- 地元意識をしなくなったとはいえ岐阜色がでますね。バンドのリリースやツアーが被ってくるとほとんどツアーバンドで地元のバンドの方が少ないってイベントブッキングもちょくちょく見かけたりしますからね。


HASH-ROYAL:あー、ウチは岐阜色だけには固執していますね。それは過去20回も全部。全国区バンドと岐阜を繋げる、というのが唯一の使命だと思っていますから。岐阜って名古屋の属国みたいな位置付けだけど、外に出て行かないだけで内容のしっかりしたバンドはいない訳ではないのですよ。そういうバンドに立ち上がってもらう、非常にレアな企画(笑)。


--- 岐阜が誇る部分ですね。


HASH-ROYAL:誇れるかどうはか他の地方と比べてないから分からないけども、今日は○○(他の地方名)と似たメンツになったね~、ってのは自分の企画ではナシにしたいですね。何だ、岐阜にも良いバンドいるじゃん!ってツアーバンドに思って欲しいというか。ツアーバンド目当てで来てくれるお客さんに対してもそう。なかなか世に名前が出ないだけで、良いバンドは地元に少なからずいますね。そういうバンドのお披露目の場みたいなモンかな、HIGH-GAIN MADHOUSE。


--- 親心というか、今後先につなげてくれる若手がわかってくれると嬉しいですよね。


HASH-ROYAL:いやぁ、難しいと思います。昨日も某スタジオでそういった話をしていたんだけど、バンドのモチベーションって一つじゃないみたいですしね。個人的には音源全国リリース、全国ツアー敢行、華々しくツアーファイナル、海外公演、海外バンドとの共演という分かりやすい目標を次々とクリアしていったんだけど、必ずしもオリジナルで活動しているバンドが同じ目標に向かっている訳じゃないというのが現実。


--- まぁ、そうですね。金銭の持ち出しを少なくてバンド活動を長く続けたいっていう考えの人もたくさんいますからね。


HASH-ROYAL:社会人リーグなのか、草野球なのか的な相違というか。 どっちも同じことが好きで、一生懸命やっていることには違いないんだけど、見ている先はかなり違って。


--- では最後となりますが自身のバンドの今後の展開を教えてください。


HASH-ROYAL:ライブは近いところで9月20日に岐阜であります。2016年初頭リリース予定のオムニバスアルバム「TILL YOUR DEATH vol.2」に書き下ろしの新曲で参加致します。2ndの楽曲より更に音の「間」を浮遊する楽曲で臨む所存ですので、ぜひご期待ください。


HASH-ROYAL

JUNKY WALTZ » BIOGRAPHY (2359)

岐阜産ドゥームロックバンド・JUNKY WALTZのVo.&G.。Doom rock band from central Japan. 目指すは「酒に合う音楽」の最高峰。 GNCT OB、東海三県 自家製麺活性化プロジェクト代表 2014年は623杯食破

JUNKY WALTZ

JUNKY WALTZ "Everlasting Trip" official movie [1080P HD] - YouTube

From 2nd full-length album [THE WORLD OF DOOM AND ROLL] coming on 2013.3.20. 映像制作:AFA株式会社 Video directed by AFA, Inc. http://airie.jp/ 衣装協力: daboro http://da...