ザ・バンド、ライヴ・フィルム『ラスト・ワルツ』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪

2018年12月20日 更新 イベント
ザ・バンド、ライヴ・フィルム『ラスト・ワルツ』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪

2018年、公開から40周年を迎えたライヴ・フィルム『ラスト・ワルツ』。ライヴハウスZepp DiverCity(東京)とZepp Namba(大阪)での一夜限定上映が決定。東京は、2月12日(火)、大阪は、2月22日(金)の2日間に渡る東阪上映ツアーとなる。

以下、プレスリリースより抜粋。

ザ・バンドのオリジナル編成としては最後のライヴとなった『ラスト・ワルツ』が行われたのが、今から42年前の1976年11月25日のサンクスギビング・デー。ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン、ドクター・ジョン、マディ・ウォーターズらの豪華ゲストを集めて行われた解散コンサートは、40年以上経過した今も伝説として語り継がれている。その模様は、マーティン・スコセッシ監督の手によって撮影され、1978年4月26日に映画『ラスト・ワルツ』として公開された(日本公開は、同年7月1日)。2018年、その劇場公開から40周年という節目を迎えたこの名作が、遂に『ライヴ絶響上映』にラインナップ。2月12日(火) Zepp DiverCity(東京)、大阪は、Zepp Namba(大阪)2月22日(金)の2日間に渡り世界初のライヴハウス上映ツアーを行うこととなった。世界でも類を見ないライヴハウスのPAシステムをフル活用した大音量上映で、本作を存分にご堪能いただけます。冒頭で「この映画は、大音量で上映すること(THIS FILM SHOULD BE PLAYED LOUD)」というスコセッシ監督からのコメントが出るが、巨匠スコセッシですら体感したことがないであろうZeppのダイナミックな大音量で、『伝説の一夜』を疑似体験しよう。

 (8738)


<ザ・バンド、ライヴ・フィルム『ラスト・ワルツ』(日本語字幕なし)一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪>
原題|THE LAST WALTZ
日程・会場①|2019年2月12日(火) Tuesday.12th.Feruary 2019  Zepp DiverCity(TOKYO)
日程・会場②|2019年2月22日(金)Friday.22nd.Feruary 2019  Zepp Namba(OSAKA)
開場|6:15pm 開演|7:30pm
【1978年/米国/デジタル・リマスター版/2ch/ワイドスクリーン1:85:1/117分/カラー/BD/日本語字幕なし】
[チケット]12月20日(木)12時より、イープラスより先行抽選受付(プレオーダー)開始
前売券|①プレミアム・エリア・シート(全席指定):4,000円(税込)|②一般自由席(全席自由):3,000円(税込)|③スタンディング(立見):2,000円(税込) 
※入場者特典付(先着での配布になります。配布はなくなり次第終了とさせていただきます)
※当日券|500円増 ※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。
※日本語字幕はございません。 
※プレミアム・エリア・シート|会場中・後方の座席で、より快適に作品をご鑑賞いただけるエリアになります。

【先行受付|プレオーダー(抽選)】2018年12月20日(木)12:00~2019年1月15日(火)23:59
◎イープラス:
・席種|①|プレミアム・エリア・シート(全席指定)|②|一般自由席(全席自由)|③|スタンディング・エリア(立見)      
・URL|http://eplus.jp/zepp-de-theband/(PC、モバイル共通)
 (8734)


映画『ラスト・ワルツ』
監督/インタビュアー:マーティン・スコセッシ
製作:ロビー・ロバートソン
撮影:マイケル・チャップマン
コンサート・プロデューサー:ビル・グレアム
製作総指揮:ジョナサン・タプリン
出演:ザ・バンド、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン、ニール・ダイアモンド、エミルー・ハリス、マディ・ウォーターズ、ザ・ステイプル・シンガーズ、リンゴ・スター、ロン・ウッド、ドクター・ジョン、ポール・バターフィールド、ロニー・ホーキンス
【1978年/米国/デジタル・リマスター版/2ch/ワイドスクリーン1:85:1/117分/カラー/BD/日本語字幕なし】