2015年10月5日 更新

大谷慎吾(UNITED)インタビュー #1

記事公開日:2014/11/22 - 「葬式の時に近況報告するだけでなんか寂しいから、あの日みんなで集まりたかったんですよ」

4,454 view お気に入り 0
記事公開日:2014/11/22

 2014年5月13日。日本を代表するスラッシュ・メタル・バンドとして確固たる地位を築き上げたUNITEDのベーシストであり、長年に渡るシーンの牽引者と言っても過言ではない男、横山明裕がこの世を去る。ネット上には国内外を問わず横山の死を嘆き悲しむ投稿が多数書き込まれ、同時に多くのメディアでも報道され、その衝撃のほどと如何に偉大な存在だったかを思い知ることになる。数日後の週末に葬儀はしめやかに行われ、葬儀場には親族や関係者、そして友人、仲間、ファンといった多くの人が最後のお別れを言いに参列した。通夜の後には新宿にある横山がオーナーを務めていたロックバーのFROM DUSK TILL DAWNをはじめ、大阪を含む数軒のバーが共催して「YOKO Fest」なるイベントを開催。UNITEDの曲が大音量で流れ続ける中、横山を愛した多くの人が朝まで故人を想い、酒を酌み交わしたという。
 それから約4ヶ月後。横山の誕生日(9月10日)に近く、また明ければ月命日となる9月12日に、CLUB CITTA’にて、横山の追悼イベント「YOKO FEST THE FINAL: ヨコちゃん逝ったヨ~全員集合!!」(以後「横フェス」と省略)が開催された。“THE FINAL”が付いていたのは、先に述べたロックバーのイベントがあったからだろう。なんとも脱力するイベント名だし、まず追悼イベントのタイトルとは思えない(笑)。 フライヤーを見れば、UNITED初代ギタリストだったマーちゃんが描いた、大ダコに絡まれながらも笑顔でベースを持つ横山の姿。これらもまた多くの人に愛された横山の人柄を表わすものだったのだろう。
 19時から翌朝6時。11時間という長丁場となった横フェスは、横山と縁のあるジャンルを問わないバンド/アーティスト、そして多くのファンが集い、各々が横山のことを想う楽しくもエモーショナルな夜となった。今回、メタライゼーション・ドット・ジェイピーから「大谷さんによる横フェス総括が無いので、ファンの立場から話を聞いて欲しい」という命を受け、横フェスからそろそろ2ヶ月が過ぎようとしていた某日、今回の中心人物でもあるUNITEDのギタリスト、大谷慎吾に横フェスを振り返って貰いつつ、今後のUNITEDについても語って貰った。80分近くのロング・インタビューのはじまりである。
「YOKO FEST THE FINAL: ヨコちゃん...

「YOKO FEST THE FINAL: ヨコちゃん逝ったヨ~全員集合!!」


UNITED:大谷慎吾
インタビュアー: 真杏

「葬式の準備をしている時には(横フェスの構想は)実はもうあったんですよ」

--- 横フェスが終わって2ヶ月近く経とうとしています。まだ大谷さんによる総括が無いということで、今回いろいろお話を伺いたいと思うのですが、まず、振り返って今の心境をお聞かせ頂けますか?


大谷:先週くらいにやっと終わったんですよ、俺だけは。ずっとフェスTシャツの通販をひとりで作業していて、こないだ最後のひとりが終わって。「あー良かった! やっと横フェス絡みのことが終わったのかな」と。
 それで先週横セン(横山の愛称。横山先輩の意)の実家へお母さんとお姉さんに会いに行きまして。横センが引っ越す時にいろんな荷物を実家に持ってきていて、その中にはテープや写真やベースもあるから、「バンドで必要な資料とかいっぱいあると思うので取りに来て貰えませんか?」と。それで横フェスで9月中は忙しくて行けなくて、10月に入るとお姉さんも忙しくて行けなくて、やっと10月末くらいにメンバーで行ってきたんですよね。お姉さんが「横フェスのTシャツ、買おうと思っていたんだけど、買い逃がしちゃったんですよね」なんて言うから、「Sだったら余っているんで。ただ、外で着られないデザインだと思うんですけど(笑)」って。でも「あ、是非、もしあったら」と言うので、だからそれも持って行ってあげて。
 実家には昔の写真とか、それこそネガやポジもちゃんと綺麗に取ってあって。集めていたフィギュアやIRON MAIDENやBLACK SABBATHの初来日とかの凄いコンサート・パンフレットもたくさんあって。横センのお母さんも80歳を過ぎているし「どこに置いておけばいいのかしらね?」という感じだったので、持って帰れるものはそうして、カセットテープも80年代のUNITEDのライヴのものが結構あったんで、そういうのは俺が選別して。その後にいっしょにご飯を食べて、お墓参りしてきたんですよね。それでなんか一段落みたいな感じはあるんです。

--- 横山さんが亡くなってからわりと早い段階で、横フェスの構想があったと聞いています。


大谷: 葬式の準備をしている時には実はもうあったんですよ。葬式が5月17日と18日だったかな。亡くなったのが13日で、準備でバタバタしている時に、小杉(HOWLING BULL代表 小杉茂氏)と俺と横センのお母さんとかで「(葬式が)土日になっちゃうと、バンドマンとかは来られないよね。翌週の平日にしようか」とも話したんだけど、向こうの事情や遺体の問題もあるし、土日でやりましょうと。すると結構地方へ行ってたり、現場の仕事が入っているから来られない人が出てきて。それで「また改めてやれば良いんじゃないの? みんな集まって何かやろうか?」となって。その時にもう“YOKO FEST”って名前になっていた(笑) 誰が付けたんだろう? 多分小杉か誰かなんだけど。

--- 実際開催が発表されたのも7月9日で、その段階で多くの出演バンドが発表されていました。かなりのスピードで発表までされた感じですが、横フェスはどういう形で開催へと動いていったか教えて頂けますか?


大谷:「横ちゃんの誕生日が9月10日だから、ド平日だけど10日はどうかな?」と小杉が恵比寿リキッドルームを押さえようとして。でも10日が空いてなくて、じゃあ11日ってことで一旦押さえて。バタバタと葬式の日が過ぎて、横フェスをどうしようかと小杉とUNITEDのメンバーで集まって。バンドを思いつく限りで呼ぶともの凄い数がいるじゃない? 「これちょっとリキッドルームってキャパオーバーじゃないの?」となって、すぐクラブチッタに問い合わせたら、12日の金曜日のオールナイトを打診されて、「それにしようか」となって。それで会場がチッタになったんですよね。その間、1週間もかかってないんです。
55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大谷慎吾(UNITED)インタビュー #3

大谷慎吾(UNITED)インタビュー #3

記事公開日:2014/12/06 - 「UNITED続けたいなと思う最大の理由は、曲を大事に思っていたからなんです」
真杏 | 2,141 view
大谷慎吾(UNITED)インタビュー #2

大谷慎吾(UNITED)インタビュー #2

記事公開日:2014/11/29 - 「葬式の時に近況報告するだけでなんか寂しいから、あの日みんなで集まりたかったんですよ」
真杏 | 2,423 view
第一回:大谷慎吾氏(UNITED)× 丹正篤史氏(ESP)対談

第一回:大谷慎吾氏(UNITED)× 丹正篤史氏(ESP)対談

記事公開日:2015/10/26 - UNITEDの大谷慎吾氏とESPの丹正篤史氏との対談。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

真杏 真杏