2015年10月5日 更新

Vol.5『出す出す詐欺アゲイン』

記事公開日:2015/08/29

1,158 view お気に入り 0
記事公開日:2015/08/29

このタイトルを書いて、スレイヤーのキル・アゲインが脳内で流れましたキル・アンド・キル・アゲイン。あれ、早口だから「キラキラゲン」って聞こえますよね。
オチはありません、はい。
えー。
どこから話すべきなのか。
BOLD FAT MISSILEの解散について。
プライベートの事につき詳細をアナウンスするつもりは無かったのでちょっぴり困惑致しましたが、こちらでコラムを連載させて頂いている以上、肩書きもなくなってしまう訳ですし、周りからもWhy?何故に?とYAZAWA並みに問うて来られたりしておりますので、この場をお借りして、ザックリですが報告を致したいと思います。
===========================
事の発端は、去年末に母親が倒れてそのまま年明けには帰らぬ人となってしまったんですね。まぁ所謂、元気だった人がポックリと逝ってしまったパターンなので、天寿を全うして、それはそれでいい人生を送れたのではないかと、そこはまぁ気持ち的には納得出来ているのですが。
それからですよ問題は。アタクシ一人っ子ですからその後の手続きやら家庭の事やら家業の日本舞踊の事やら全部一人でやらなくてはいけない。オマケに精神的にもさすがにショックを受けてるので、諸々落ち着くまでに半年掛かってしまって。いや、落ち着くどころかむしろ悪化してる面もあって、そこも立て直しが必要な状態。
ただそんな中でも、バンドだけは続けるつもりでいたものの、曲作りは自分がメイン、ライヴのブッキングなどマネジメント的な作業も自分しか出来なかったので、さすがに負担が重くのしかかって来たんですね。
そして、ギタリストの神前氏もこのタイミングで三人目のお子さんが出来たと。そうなると、バンドを万全な状態に持って行くのは相当厳しくなると思って、相当悩んだ結果が解散、という形になった訳です。
活動休止という手もあるじゃないかとちょいちょい言われましたが、これまで何度か活動休止もしてきて、自分の歳も考えた時に、数年後に周りの皆と戦える画が見えなかったんですね。BOLD FAT MISSILEが趣味程度にまったり活動するのはかっこいいとは思えないので。ライヴの本数とかじゃなく、精神的・スタイル的に。
よく、ロックは初期衝動って言われるけど、衝動的に始めたバンドだから衝動的に終わるのだっていいんじゃないですかね(笑)。 特に我々は売れているバンドじゃない分、一番大事なのは自分が持つ美学やスタイルだと思うんですよ。それが崩れたらもうお終いなんです。引き際ってそういうもんじゃないかなって思ってます。
と、大まかにはこんな感じですね。
41 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kuma / メタルよろず屋 kuma / メタルよろず屋