記事公開日:2015/04/03

どうもわたくしTHE冠の冠徹弥と申します。

HER NAME IN BLOODのイケピーからメタル数珠繋ぎコラムが回ってきたよ。

メタルに関して何を書いてもいいようなので思い出話でもしようかな。

昔々若かりし80年代、当時LAメタル全盛期でド派手なパフォーマンスに奇抜なファッション、
超絶テクニックと超攻撃的サウンドに度肝を抜かれ、

それからはバリバリのメタルキッズなった僕はお金を貯めてライブに行くようになるのだが
当時はチケットを取るのもプレイガイドに電話するか店頭に並ぶかしかなく
今みたいにネットで簡単に買えなかった。

人気バンドのチケット発売日電話は繋がらない事が多くそのまま売り切れてしまうので
僕も早朝からプレイガイドに並んだもんだ。
ラットやドッケン、オジーオズボーンにジューダスプリースト、イングヴェイマルムスティーンも
全部並んで取った。

しかしいつも悔しい事に早朝でも既に人が並んでてそんなにいい席は取れない
こうなったら深夜から並んでやると気合いを入れていつものプレイガイド前へ。
「やった!誰もいない。一番だ。」
と喜びもつかの間、いつも一緒に並んでくれる友達も深夜からは無理ということで俺一人ぽっつーん。
しかも外は寒い。
当時携帯電話もない。
心が折れそうなその時、
メタラーらしき女性が僕の隣に。
たぶん歳上のお姉さんでこれがまた可愛い。
夜中に一人で大丈夫かこの女性はと思ったが俺はドキドキしている。
そんな僕にお姉さんは話しかけてくれた。
何時から並んでるのかとか好きなバンドやメタルの話しとかですっかり盛り上がり
時がたつのを忘れてしまう程だった。

そして明け方近く寒さと眠気がMAXになってきたころお姉さんは
カバンから毛布を出し一緒に包まってくれた。

もうRCサクセションのスローバラードの歌詞の世界。
悪い予感のかけらもない。

ああ恋がはじまるんだと思いながらもシャイな僕は何もする事なくそのままうとうと寝てしまう。
気づけば夜は明け何人か僕らの列に人が並んでいる。

僕とお姉さんは照れながら毛布を片付けチケット発売まであと2時間程。
俺はチケットを取り終わったらそのままデートに誘おうと硬く決意していた。

するとお姉さんは私そろそろ仕事もあるんで帰らないといけないと衝撃発言。
えっ!チケットは?と聞くと
彼氏に場所取りさせられてて
もうすぐ来るという。

どないやねん!!

と心で叫びしばらくすると
一人のコワモテの男性が
「ありがとう!すまんな」
といって男とお姉さんが入れ替わりお姉さんは帰っていった。

俺の一夜の恋が終わった、、、。

よく考えると毛布に包まってるとこにこの男が来なくて良かったと胸をなでおろし
チケットも良席をゲットして帰ったとさ、、、。

おしまい。

と、
どうでもいい話を長々と
渋谷宇田川町の串カツ屋「串猿」で串カツの紅生姜とウーロンハイを飲みながら書いております。
串カツはもちろんここの揚げたてコロッケとポテサラめっちゃ美味い
串猿 紅生姜

串猿 紅生姜

追伸。
ちなみにそのチケットのアーティストはスコーピオンズ。
完璧な歌と演奏、それは素晴らしい感動的なライブだったが
三点倒立のパフォーマンスの時みんなウケてるし、
いつも帽子を被ってるボーカルのクラウスの髪の毛の真相を知りたい客が
「帽子をとれ!」とやじったり、
「荒城の月」を一緒に歌おうとさせても曲が古すぎて誰も歌えない
という事件まで巻き起こる思い出深いライブでした。


そして俺から誰に繋ぐかって?
今最も熱い(暑苦しい)メタルボーカリストNoGoD団長だ!
団長よろしくね。

THE冠・冠徹弥

 (876)

 (887)

冠徹弥・2015劇団☆新感線35周年 オールスターチャンピオンまつり『五右衛門vs轟天』出演!!

▼大阪公演
2015年5月27日(水)~6月30日(火)シアターBRAVA!
▼福岡公演
2015年7月11日(土)~7月20日(月・祝)キャナルシティ劇場
▼東京公演
2015年7月29日(水)~9月03日(木)赤坂ACTシアター

THE冠・最新情報

現在アルバム制作中。
秋にツアー予定!!

THE冠・冠徹弥氏オススメお店情報

くし家 串猿
住所:東京都渋谷区宇田川町37-10 麻仁ビル1F
TEL: 03-3465-0260
17:00~翌02:00

関連する記事

関連するキーワード

著者