2015年10月28日 更新

#5 – militarysniperpinfall編

記事公開日:2015/03/28 - feat. 1stアルバム「suite」

968 view お気に入り 0
記事公開日:2015/03/28

皆さんハロ~!!
日に日に暖かさが増してきている今日この頃!!もう春だね!!

という訳で『I'm BACKINGER!』

最近は暖かくなってきた事もあり、「外呑みしてぇ~、公園呑みしてぇ~」が口癖になっております。
そう、花見シーズンだね!
皆さんは毎年恒例の花見スポットなんかありますでしょうか!
私は暇さえあれば代々木公園でぶらぶら好きな音楽聴きながらお酒を呑むスタイルを構築してきた事もあり、花見シーズンもお世話になる事が多いですね!(1st albumの歌詞カード案をネリネリしたのも、入稿期限がヤバいーってなった時もその大自然に囲まれて、大自然パワーとアルコールパワーを注入してPCをパチパチしていました!ここだけの話!)
あとはVorchaosボーカルの淳と愉快なバンド仲間達と上野動物園で花見した事もあったなぁ!うんうん!
更に振り返ると、地元“青森”では近所の「合浦公園(がっぽこうえん)」!!弘前城!!
地元愛、一生健在です^^夏のねぶただけじゃないからねー!!

皆のオヌヌメ、、おっと、おすすめの花見スポットも聞きたいな!
絶対教えてね!!ありとあらゆる手段使って教えに来てね!!
なんつってぇ~~
って事で、Vorchaos(ヴォルケイオス)ギターの「リフ大好きバッキンガー」yuzo(ゆーぞー)が、音楽を愛する皆さんへメタル・ラウドミュージックからちょっと違ったテイストの音楽まで、私の視点聴点で広くご紹介させて頂くコラムコーナー!
第5回に皆様にご紹介するバンドはこちら!!!
『militarysniperpinfall』(ミリタリースナイパーピンフォール)!!!
今回も私の大好きなバンドを紹介します~!
『militarysniperpinfall』は私のプレイリストの中でも確実にトップ3に入る再生回数を誇っております。
本当に好きなんですよね。精神的な部分まで色々助けられています。
ギターにステッカーを貼らない主義の私も、唯一militarysniperpinfallのステッカーだけは貼ってしまいました!
メインのB.C.Rich「Warlock」USAに~!^^その位好きなんです。

バンドは一つのジャンルに当てはめる事が出来ない『militarysniperpinfall』というジャンルそのもの。
魅力は沢山。私はまんまとハマってしまった一人です。
ジャンルの軸は違えど、芯で通ずるものは一緒。
バンドの詳細は本編でお楽しみ下さい!

今回はバンドの経歴や、2012年12月19日にリリースされた1st album「suite」(スイート)についてご紹介します。

「衝動と感情の衝突、衝動と感情の衝撃」
突き刺さる日本語詞、カオティックながら叙情的な独自の音楽。
病みつきです!お楽しみ下さい!!
それではどうぞ~!!

『militarysniperpinfall』(ミリタリースナイパーピンフォール)

 (567)

『militarysniperpinfall』are
西谷 直登 (Naoto Nishitani) - Vocal
松村 鐵太郎 (Tetsutaro Matsumura) - Guitar
三希 (Miki) - Bass
今井 貴宏 (Takahiro Imai) - Drums

楽曲について

 (570)

Album「suite」(スイート)
2012/12/19 Release

track.1「肌蹴た言葉の行方」
track.2「始まりの合図」
track.3「傍観者Aの証言」
track.4「暴かれたフルハウス」
track.5「芥子の花咲く頃あの丘で」
track.6「鉛の鐵線」
track.7「いつかの約束」
track.8「命線を断つ」
track.9「はなむけの言葉」
今作はHardcoreを基軸に、メンバー個々のバックボーンをバンドのフィルターを通して表現されている。
それら楽曲の数々はまるで幾つもの音、言葉、感情が組み合わさってひとつとなった、「suite(組曲)」の様な一枚である。
▼track.1 「肌蹴た言葉の行方」
albumの導入となるインスト曲。
破壊的、残酷なイメージ、楽器陣の放つ無機質な音が耳を制圧する。爆撃投下。
そして、「suite」の始まり。
▼track.2「始まりの合図」
4人がアウトプット全開でスタートする。
Officialサイト等でMUSIC VIDEOが公開されているバンドの代表曲の一つ。
始まりの音と声のボルテージは、ド頭から頂点に達している。
ボーカル直登氏の感情剥き出しの全開シャウト。歌詞は日本語のみで、メッセージ性がかなり強い。
声として放たれたそのメッセージに込められた感情は、生身の体に刺さり、響く。
テレキャスターから鳴っているとは思えない図太い音を放つのはギター松村鐵太郎氏。低音から高音までをくまなく使うリフは暴威性に溢れている。また旋律をなぞる重厚コード、空間に漂い広がりゆくクリーントーンも表現する等、プレイヤーとしての幅はとても広く私が尊敬している超絶ギタリスト。
そして、その容姿からは想像も出来ない様なパワー感満載の図太い音を放つのはベースの三希女史。強さだけでなく、綺麗な旋律をも華麗になぞるそのプレイの安定感は抜群。LIVEのパフォーマンスのスケールの大きさ、ノリノリのプレイ、観客との距離感、全てが見る者を魅了し惹きつける。
ドラムの今井氏はかなりのテクニカルプレーヤーで音数の多いフレーズ構成が聴いていてとても気持ち良い。またその一つ一つの音が非常に強い、言わばパワーヒッターである。感情を音として伝える繊細さも併せ持つ凄腕ドラマー。
この4人が織りなすバンドアンサンブルの密度の濃さ。
その中でもしっかりと象られている楽曲の感情表現。
これがmilitarysniperpinfallなんだと感じた。

この曲を聴いた時に感じた衝動、それはmilitarysniperpinfallの世界観に入り込んだ始まりの合図だったのかもしれない。
track.2に位置するこの「始まり合図」の役目はそこにあるのだと感じた。

militarysniperpinfall 「始まりの合図」 MUSIC VIDEO - YouTube

militarysniperpinfall 1st full alibum 「suite」 now in stores http://mspsound.com/ Sleepwalk Records http://www.sleepwalkrecords.com
40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

#12 - DIABLO GRANDE編

#12 - DIABLO GRANDE編

記事公開日:2015/10/28
yuzo / Vorchaos | 1,365 view
#11 - HEAD PHONES PRESIDENT編

#11 - HEAD PHONES PRESIDENT編

記事公開日:2015/10/05 - feat. 楽曲「Desecrate」
yuzo / Vorchaos | 1,190 view
#10 – 人間椅子編

#10 – 人間椅子編

記事公開日:2015/09/01 - feat. 楽曲「品川心中」
yuzo / Vorchaos | 1,860 view
#9 – Vorchaos編

#9 – Vorchaos編

記事公開日:2015/07/28 - feat. 2ndアルバム「Singularity」
yuzo / Vorchaos | 1,167 view
#8 – HONE YOUR SENSE編

#8 – HONE YOUR SENSE編

記事公開日:2015/06/21 - feat. 1stアルバム「ABSOLUTE SENSES」
yuzo / Vorchaos | 17,332 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuzo / Vorchaos yuzo / Vorchaos

おすすめの記事

今注目の記事