2015年10月5日 更新

#05〜岐阜編〜 JUNKY WALTZ・HASH-ROYAL氏インタビュー

記事公開日:2015/07/30

1,696 view お気に入り 0
記事公開日:2015/07/30

都道府県別ラウド・メタル事情を北から順に追ってきたが、飛び石展開もアリだなということで今回は岐阜編となる。
日本を代表するドゥーム・ストーナー系バンドして活躍するJUNKY WALTZのHASH-ROYAL氏に話を伺った。岐阜県内ではイベント「HIGH-GAIN MADHOUSE」を主宰。また2001年よりラーメンの食べ歩きを開始。年間600杯以上のラーメンを食し、自身のブログはいつの間にかほぼ暴飲暴食記録となっている。初級食品表示判断士の資格を有し、音楽業界だけでなく飲食業界からも注目を浴びている人物である。
HASH-ROYAL氏

HASH-ROYAL氏


JUNKY WALTZ:HASH-ROYAL氏<Vo. / Gt.>
インタビュアー: 奥中 夕佳(Metallization.jp事務局)

ジャンルに囚われず本当に音楽好きで、ちゃんとライフワークになっている人が多いのかも。

--- まずご自身について教えていただけますでしょうか。


HASH-ROYAL:JUNKY WALTZのヴォーカル兼ギター担当・HASH-ROYALです。前身バンドから改名する形で2001年にJUNKY WALTZ結成、ヴォーカルも兼任するようになったのは2004年から、現在のスリーピースに移行したのは2011年かな。前身バンドは1996年結成のSUPER SLAP STICKという、ノリだけで決めたバンド名でやってました(笑)。


--- 約20年前ですね。ということは学生時分ですよね。


HASH-ROYAL:そう、岐阜高専在学時代に同級生と始めたのがきっかけです。


--- 当時はバンドを結成する若者も多かったと思うんですが、メンバーは全員同じ岐阜県内ですか?


HASH-ROYAL:はい、市町村こそ違ったけど、全員岐阜県民。同年代のバンドもめちゃくちゃ多かったですね。

--- 90年代のインディーズが盛り上がっていた頃ですよね。ライブ活動はどのようにやり始めましたか?


HASH-ROYAL:最初は学園祭で、徐々にライブハウスに移行していきました。


--- ライブハウスは岐阜の?


HASH-ROYAL:最初は岐阜ばっかりでしたね。単発で名古屋が数回あったくらいで、ちゃんと県外やるようになったのは2004年以降、つまり私がヴォーカルを兼任するようになってから。


--- 岐阜のライブハウスって当時〜現在含めどこにどういうお店がありますか?


HASH-ROYAL:岐阜のライブハウスは、昔は岐阜市街地にマガジンという小さなハコがあって、そこによく入り浸っていたかな。出演よりも飲んだくれる為に(笑)。同じく老舗で、今も現役なのが岐阜市のキャスパー。創業1978年だから、もう36年もやっていますね。その他、大小様々あったけど、個人的に活動の核となったのが昨年閉店してしまった各務原市のBRAVOと、現在ホームとして利用している岐阜市のants。


--- やっぱり県南部に小屋は集中しているんですね。県内の地域によって音楽事情などの違いはあるのですか?


HASH-ROYAL:岐阜は日本で面積が7番目に広く、広すぎて県民である我々が隅々まで把握してないし、割とどこも人が密集してない(涙)です。 音楽事情はといえば、岐阜県は大きく美濃地方(南部)と飛騨地方(北部)に分かれていて、飛騨地方は観光立国という事もあってか、苦情を気にして時間や音量の制限が多く、なかなかハコが定着しないらしいですね。


--- 音量制限ですか。


HASH-ROYAL:具体的に何デシベルって言われる訳ではないと思うけど、テナント店舗だと他の店舗から大家に苦情が直接行くから、その辺りのバランスは難しいみたいです。飛騨地方に限らず、繁華街のテナント物件のハコは、ご近所問題が絶えないらしいですね。


--- 地方都市ゆえの特徴とは思うのですが、ライブハウスやイベントでのブッキングでは対バンのバンド色はやはりバラエティに富んでいるのでしょうか?


HASH-ROYAL:はい、メタル系だけでイベント成立するのは年に片手で数えるくらいで、他の多くは他ジャンルとの対バンという形ですね。 そういう事もあって、この辺りじゃジャンル気にせずに横のつながりは比較的フレキシブルかな。


74 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Vol.10

Vol.10

記事公開日:2015/04/08 - feat. GOD VALLEY
鋼輝 | 357 view
Vol.06

Vol.06

記事公開日:2015/04/04 - feat. JUNKY WALTZ
鋼輝 | 336 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Metallization.jp編集部 Metallization.jp編集部