2015年10月24日 更新

HER NAME IN BLOOD インタビュー

記事公開日:2015/09/25 - メジャー移籍第一弾EP『BEAST MODE』のインタビュー。話し手にIkepy氏(Vo)、Daiki氏(G)、Makoto氏(B)。

3,378 view お気に入り 0
記事公開日:2015/09/25

HER NAME IN BLOODのメジャー移籍第一弾EP『BEAST MODE』は、自分たちの立つ場所が変わろうが、音楽性もスタンスも絶対ブレない、という意志を表明したアルバム名が実に眩しい。ハードロック、ヘヴィメタル、ヘヴィロック、グルーヴメタルなど幅広い音楽的素養を背景に、猛々しくも図太いサウンドを叩き付けてくる。昨今、ここまで肝の据わった骨太かつ重厚なサウンドを鳴らす日本のラウド系バンドは希少な気さえする。今作はメンバー各自のルーツ音楽が透けながらも、スタジアムロック調の楽曲、クリーン・ヴォーカルの魅力を最大限に活かした味わい深い作風もあり、全9曲収録にしてバラエティ豊かな一枚に仕上がった。Ikepy(Vo)、Daiki(G)、Makoto(B)のメンバー3人に話を聞いた。
HER NAME IN BLOOD

HER NAME IN BLOOD

Vo:Ikepy
Gt:Daiki
Gt:TJ
Ba:Makoto
Dr:Umebo

HER NAME IN BLOOD:Ikepy(Vo)、Daiki(G)、Makoto(B)
インタビュアー:荒金良介

リアクションも大きかったし、バンド活動する上で起爆剤になりました。(Makoto)

--- HER NAME IN BLOODは07年結成ですね。最初はどんな音楽をやろうと?


Daiki(G):特に決めてないですね。


Makoto(B):当時好きだったのがメタル / ハードコアなので、その枠内でやろうと。


Ikepy(Vo):アバウトにはあったけど、話し合って決めたことはなくて。


--- メンバー各自の好きな音楽を持ち寄って?


Makoto:そうっすね。もともとこの2人(Ikepy、Daiki)は古いメタルが好きで、当時のギターのアイデアもあり、初期は・・・。


Daiki:ちょっとプログレッシヴでカオティックだったかな。ちょっとマニアックでした。


Makoto:こんなのできるぜみたいな。そんなに速いソロはなかったけど、PROTEST THE HERO、MISERY SIGNALSとか好きでした。


--- ほかにTHE BLACK DAHILA MURDER辺りとか?


Daiki:そういうリフもあったし、デスコアに叙情的な要素を入れたりね。


Makoto:いろいろ消化して、最初の『DECADENCE』(1stアルバム)はできました。特にウケも考えてなかったので、初期衝動的ではありましたね。これで売れようという気持ちもさらさらなくて。


Ikepy:好きだからガムシャラにやってました。


Daiki:いい意味で何も考えてないし、誘われたイベントもほぼ断らずにライヴをやってました。


--- それは何か理由でも?


Daiki:ライヴがやりたいから(笑)。


Makoto:音楽的にも活動的にもラフに楽しみたいという気持ちが強くて、それからいろいろ考えるようなりました。08年の「TASTE OF CHAOS」に出たときに味を占めたというか、モチベーションの一つになりましたね。


--- バンドの転機になったんですね。


Makoto:うん、リアクションも大きかったし、バンド活動する上で起爆剤になりました。もっとちゃんとやった方がいいんじゃないかと。


激しい演奏にも負けないくらい力強いヴォーカルはメタルには必要だなと。(Ikepy)

--- なるほど。ここでメンバーそれぞれのルーツを聞いてもいいですか?


Daiki:昔のロックやメタルが好きで、例えばBLACK SABBATH、AC/DCからKILLSWITCH ENGAGE、AUGUST BURNS REDまで、とにかく激しいものからハードロックまで好きですね。


--- 特に影響を受けたギタリストはいます?


Daiki:一番好きなバンドがMETALLICAなので、ジェイムズ・ヘッドフィールドですね。あと、ダイムバック・ダレル(PANTERA)、デイヴ・ムステイン(MEGADETH)とか、ギターヒーロー系はあまり好きじゃなくて。


Makoto:Daikiはリフが好きだもんね。


Daiki:そうだね。イングヴェイ・マルムスティーン、クリス・インペリテリ、スティーヴ・ヴァイとかテクニカル過ぎる人は好きじゃなくて、リフがかっこいいバンドが好きです。デスメタル、ブルデスも嫌いじゃないけど、そんなにって感じですね。自分はどちらかと言えば、キャッチーな音楽の方が好きですね。


--- Ikepyさんは?


Ikepy:僕も昔のハードロック、メタルが好きですね。METALLICA、PANTERA、ハードロックだと、DEEP PURPLE、RAINBOWとか好きですね。


--- ちょっと意外ですね。


Ikepy:最近、RAINBOWのTシャツを買いました(笑)。


64 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

SAND インタビュー

SAND インタビュー

記事公開日:2015/10/23 - 4thアルバム『DEATH TO SHEEPLE』のインタビュー。話し手はMAKOTO氏(Lead Vocals)。
荒金良介 | 11,689 view
第四回ゲスト:齋藤靖氏(株式会社ディスクユニオン・お茶の水HARD ROCK/HEAVY METAL館店長 / B.T.H. RECORDS)× 荒金良介氏(音楽ライター)

第四回ゲスト:齋藤靖氏(株式会社ディスクユニオン・お茶の水HARD ROCK/HEAVY METAL館店長 / B.T.H. RECORDS)× 荒金良介氏(音楽ライター)

記事登録日:2015/10/22 - 第四回目のゲストは株式会社ディスクユニオン・お茶の水HARD ROCK/HEAVY METAL館店長並びB.T.H. RECORDS担当の齋藤靖氏と当サイトでもインタビュー等でご協力いただき他著名音楽雑誌媒体等でご活躍の音楽ライター荒金良介氏を迎えた。
別府伸朗 | 3,468 view
DRAGON GURDIANインタビュー

DRAGON GURDIANインタビュー

記事公開日:2015/09/10 - 6thアルバム『少年騎士と3人の少女の英雄詩』のインタビュー。話し手はコンポーザーである勇者アーサー氏。
荒金良介 | 1,574 view
川越の残虐王こと、埼玉産デス・スラッシュメタルバンド - 兀突骨インタビュー

川越の残虐王こと、埼玉産デス・スラッシュメタルバンド - 兀突骨インタビュー

記事公開日:2015/03/18 - 3rdアルバム『因果応報』のインタビュー。話し手は高畑治央氏<Vo,B>。
荒金良介 | 6,887 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

荒金良介 荒金良介