2015年10月5日 更新

#02〜青森編〜 HR/HMライヴイベント「鋼鉄の集い」代表 清水氏インタビュー

記事公開日:2014/10/12

1,483 view お気に入り 0
記事公開日:2014/10/12

本州北端の青森では、意外にもメタルがアツかった!

本州の北欧こと青森で、定期的に開催されているHR/HMライヴイベントがある。その名も「鋼鉄の集い」。2003年に「鋼鉄の集いVol.1」を開催し、2014年9月現在ではVol.45まで。地元最有力新聞「東奥日報」でも取り上げられているくらいに根付いている彼らの熱き鋼鉄愛、そして地元での活動状況、青森の音楽事情に迫るべく、代表の清水敬助氏にお話を聞きした。
清水敬助氏

清水敬助氏

--------------
「鋼鉄の集い」主宰:清水敬助氏
TEXT協力:A-Line Music 山本香苗子
--------------

「鋼鉄の集い」について

--- まずは、「鋼鉄の集い」の設立の経緯を教えて下さい。

清水:元々はメタル好きが集まって飲んで語るサークルがあり、その中の企画に、自分で作った音源を持ち寄るカバーコンテストというのがあり、そののちにバンド演奏をメインにしたメタル祭り構想が浮かび上がり、そしてこのライブイベント「鋼鉄の集い」が誕生しました。

--- 参加メンバーのみなさんのプロフィールを教えて下さい。

清水:今までに参加したバンドは70以上、延べ人数は300人を越えます。メンバーはそれぞれ普段は社会人として堅実に真面目に暮らしております(笑)。仕事と家庭と趣味のバランスを取りながら、集まった時には仲間で音楽を精一杯楽しむ、という感じです。

青森の地元事情

--- 地元の音楽事情全般はいかがでしょうか。

清水:地方はもう楽器屋もCDショップも無く、ネットを通じての交流・情報交換がほとんどではないかと思います。情報の発信や交換は、強いて挙げればバンドの練習スタジオでしょうか。ライブ会場が一番の憩いの場になっております。
青森は地方の中でも、人口の割にはライブが盛んな地域だと思います。

--- 青森市内では地元CDショップとして「成田本店」が有名かと思いますが、実情としてはどのようにCDを購入していますか? また、新譜のリリース情報はどのようにして得ることが多いでしょうか。

清水:青森市内には老舗の成田本店さん(PAX)がありますが、市内ショッピングセンターのテナントにもほとんどCDコーナーは無く、やはりネット通販サイトが主流となってしまっています。
リリース情報は音楽雑誌のレビューコーナーと、やはりネット情報でしょう。
やはり本来は自分の目で目当てのアーティストを探しながら、手に取って探したいところですね。そして、できる限りは地元にお金を落としたいところです。
54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

#12 - DIABLO GRANDE編

#12 - DIABLO GRANDE編

記事公開日:2015/10/28
yuzo / Vorchaos | 1,388 view
#11 - HEAD PHONES PRESIDENT編

#11 - HEAD PHONES PRESIDENT編

記事公開日:2015/10/05 - feat. 楽曲「Desecrate」
yuzo / Vorchaos | 1,204 view
#10 – 人間椅子編

#10 – 人間椅子編

記事公開日:2015/09/01 - feat. 楽曲「品川心中」
yuzo / Vorchaos | 1,871 view
#9 – Vorchaos編

#9 – Vorchaos編

記事公開日:2015/07/28 - feat. 2ndアルバム「Singularity」
yuzo / Vorchaos | 1,186 view
Vorchaos インタビュー

Vorchaos インタビュー

記事公開日:2015/07/10 - 新作「Singularity」のインタビュー

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山本香苗子 / A-Line Music 山本香苗子 / A-Line Music