2015年10月5日 更新

CROSS VEIN インタビュー

記事公開日:2014/12/03 - シングル「MAID OF LORRAINE」でビクターからメジャー・デビューのインタビュー

1,815 view お気に入り 0
記事公開日:2014/12/03

 女性シンガーJuliaを擁するシンフォニック・メタル・バンドCROSS VEINが、去る11月19日にシングル「MAID OF LORRAINE」でビクターからメジャー・デビューを果たした。従来の持ち味を最大限に活かしつつブラッシュアップされた楽曲に、中毒性のある甘い声はそのままにパワフルになったJuliaのヴォーカルが乗って攻めて来る様は圧巻。既に確固たるファン・ベースを築いているバンドだが、そのヨーロピアン・テイストに溢れたドラマティック極まりない激情のサウンドはさらに多くの人々を虜にすることは間違いない。現在鋭意製作中の2ndアルバムにも大いに期待出来る。Julia<vo>、Yoshi<g>、Masumi<g>の3人に話を聞いた。
CROSS VEIN

CROSS VEIN

JULIA | Yoshi | MASUMI | Shoyo | ko-suke

CROSS VEIN:Julia(Vo.), Yoshi(Gu.), Masumi(Gu.)
インタビュアー:前田岳彦 / BURRN!

とにかくインパクトを大事にして、「おお、凄いバンドが出てきたぞ」と思ってもらえるような楽曲にした。

--- ニュー・シングル「MAID OF LORRAINE」は、CROSS VEINの進化をはっきりと感じ取れる作品になりました。前のシングルの「PROFUSION」(2013年)と比べても、大きな違いがあります。


Yoshi:レコーディングの時から、元の音からして確実に進化しているという実感がありました。スタジオのクオリティが上がって、そういういい環境の中で自分の技術を余すことなく発揮出来たというのが一番の大きかったです。


Julia:今回初めてヴォーカル・ディレクションのサポートをしていただきました。今まではメンバーとサウンド・プロデューサーだけでのレコーディングだったんですが、サポートのおかげで今まで自分独りでは思い付かなかった歌唱法とか、色々なものを発見しました。凄く刺激的でしたね。


Masumi:僕にとってはCROSS VEINでの2枚目の作品になるんですが、前回の反省点をきちんと活かすことが出来ました。曲作りの段階からそうでしたね。レコーディングに関しては、Yoshiが言ったようにスタジオのクオリティも上がっていますし、ミュージシャンのクオリティも上がっていますし、ラフの仕上がりの状態でもかなり手応えがありました。少なくとも、自分の中では。


--- 楽曲そのもののクオリティも上がっていますよね。


Yoshi:今回の楽曲は、結構前にデモは出来ていたんですよ。だからまあ、温めていた楽曲ではあるんですが、メジャー・デビューするということになって、そのデモをさらにブラッシュアップしていきました。無駄なものを削ぎ落としつつも、自分達の世界観はさらに強めて、という形で。デモのクオリティをさらに上げて収録することが出来たかなと思っています。


--- Juliaさんのヴォーカルは、従来の個性である甘いトーンはそのままに、よりパワフルになっていると思います。それはヴォーカル・ディレクションのサポートを受けたことによるところが大きいのでしょうか?


Julia:大きいと思います。


--- 御自身でも変わったと思いますか?


Julia:変わったと言うよりも、レコーディングを経て、他の曲を歌うのが簡単に感じられるようなったと言うか。(笑) 壁を1つ超えられた気がします。


--- 楽曲そのものも、今回は難易度が高かったのですか?


Julia:そうですね。だいぶハードルの高い楽曲でした。(笑)


--- YoshiさんとMasumiさんが曲を書いていますが、当然さらに上を目指すという気持はあったでしょうね。


Yoshi:そうですね。(“Maid Of Lorraine”は)最初のインパクトが大事だと思っていたので、もうAメロの出だしからハイトーンでバーンと。とにかくインパクトを大事にして、「おお、凄いバンドが出てきたぞ」と思ってもらえるような楽曲にしたつもりです。それでいて、サビはメロディアスでみんなが覚えやすいものにして…。


--- “寂寞の塔”はMasumiさんの曲ですが、やはりYoshiさんと同じような考えで書いたのですか?


Masumi:そうですね。先に“Maid Of Lorraine”のデモが仕上がっていて、シングルを作るということになった時に、Juliaの売りはハイトーンですが、ハイブリッドに歌いこなせるヴォーカリストであることも証明したいと思ったんですよ。だから、普通よりも少し高いくらいの音域で。ポップス寄りというわけでもないんですが、一般的に歌われているような音域の曲が2曲目にあった方がいいんじゃないかと思ったんです。シングルということで3曲しか入らないので、その中で色々な面を見せられたらと思って“寂寞の塔”を作曲しました。1曲目が速いので、ずっしり重たくしっとり歌えるとものを、ということも意識しました。


--- Juliaさんが「ハードルが高い」と感じたのはどんなところですか?


Julia:音域よりも表現…。聴き手を選ばず、なおかつ個性的なものにするというのが私にとっては結構大きな課題だったので、そこは意識しました。あとは、あくまでもシンフォニック・メタル・バンドと名乗っているので、クワイアやコーラスの重ね録りが本当に多くて、ヴォーカルのトラック数だけでも凄い数なんですよ。(笑) だからある1つの主旋律を取り終えて、次はハーモニー・パート…となった時に、メロディの切り替えをするのが大変な部分はありました。


--- YoshiさんとMasumiさんは、歌メロも乗せた状態でJuliaさんに曲を渡すんですね?


Julia:2人は結構判りやすい形でデータとして渡してくれるので、それを事前に聴き込んで本番で歌う、という感じです。


Yoshi:コーラスもクワイアも入った95%くらいの仕上がりのデモを、「こんなの出来たよ」と言って渡す感じですね。


Masumi:出来たメロディに対してJuliaが歌詞を付けてくれるんですが、その内容によってメロディを変えたりはしています。


--- 歌詞は総てJuliaさんが書いていますが、お2人から何か指定されることはありますか?


Julia:ないですね。


52 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

前田岳彦 / BURRN! 前田岳彦 / BURRN!