2015年10月6日 更新

#6

記事公開日:2015/04/30

551 view お気に入り 0
記事公開日:2015/04/30

今月もGYZEのRyojiがお送りするNorthSeaRoadです!
これが公開される時はもう4月も終盤ですね!新年度が始まりましたがいかがでしょうか!?
2015年の年明けにたくさん受けたGYZEのインタビューが書店などの店頭で販売されている雑誌に掲載されていますので是非チェックしてくださいね。
。。。告知でした!(笑)
YOUNG GUITARさんやPlayerさんやBURRN!さんやWeROCKさんが載せてくださっている記事をみると”ああ〜、昔毎月読んでいた雑誌に自分たちがいるな〜”なんて思ったりする訳なんですよ。(他にも掲載させていただいてる媒体は色々あるのですが、キッズ時代に購読していたもので。。。)
機材に関しても僕は有り難い事に、ギターはESPの新ブランドE-Ⅱ、弦はERNIE BALL、プリアンプは台湾のEGOElectronic、ピックは池田工業とエンドースさせていただきまして、ギタリストとして、ミュージシャンとしてプロ意識がより一層強くなる、、、というか、しっかりと全うしたいな!なんて思う訳です。
先日、ピックを提供してくださっている池田工業さんがある岐阜県の郡上市に行ってきました。
結論から言いますと池田工業の皆さんは仕事の枠を大きく飛び越えて、家族のような存在の方々です!
もうね、どうやって素晴らしかった経験をコラムの文にしようか〜?なんてずっと思っていたのですが、適切な言葉が見当たらない楽しさというか嬉しさっていうか。。。
朝まで毎日お酒と共にお話をしたり、担当の方の家族のみんなで釣り行ったり、ご飯に行ったり、観光したり。
だからね、自分はなんとかして恩返しをできたら、、、ってずっと考えてみたのですが、結局僕ができるのって「良いギター弾けるように日々鍛錬して」「良い曲書いて良い作品にして」「良いライブをする」ことだけだな、と結論がみつかりました。
うん、本当にそういう事を真剣に考えられたし掛け替えのない素敵な数日間でしたね。。。
うん、本当にそういう事を真剣に考えられたし掛け替えのない素敵な数日間でしたね。。。
それもあって4月に入ってからめちゃくちゃ曲を書いてます。もう数だけでいうなら10曲は越えでアルバムが作成できるくらいになっちゃうんですが、次回はもっともっと突き詰めて最高傑作の3rdにするのでもっともっと書き溜めますよ〜!!
意識がめちゃめちゃ上がってます!!
そんなこともあってプロとはなんだろうな〜?と思ったんですが、そもそも「僕はいつプロになったのか?」というのがわからなかったんですよね〜。
・18歳でソロアルバムをリリースしたとき?
・GYZEがデビューしたとき?
・メジャーデビューしたとき?
いや、わからなかったというか意識としては18歳からかなり情熱を燃やしていたので変わらないというのが正しいのかな。。。
ミュージシャンというのはプロの線引きが中々難しい職業であると思うんです。
なぜなら「プロ」と「そうでない人たち」も基本的には同じ事をしてお金を貰うから。
「音源をリリースして」、「ライブして」、「グッズ売って」〜ってみんなやっていますもんね。
お金をもらうのが基準だとしたならば、高校生の時のライブで動員が結構あり利益もあったのでプロということになる。。。
だけど中身はコピーバンドでしたし、到底プロの演奏ではなかったです。
じゃあ専属でイタリアのレーベルと契約した当初は金があったかというと、最も自分でバンドにお金を掛けていたときなので、収入が基準なら絶対違うと思う、、、
ただ明らかにその学生時代と18歳からの自分が違うのは、プロっていう意識。そして今はプロのスタッフとして関わってくれる方が自分の周りにいるってことですね。
スポーツなんかだと協会だったり団体だったりが存在し、目に見えて分かりやすいので線引きがしっかりしてますが、音楽はそうじゃないことがほとんどなのでミュージシャンをこれから目指す人は戸惑う世界なのかもな〜、、、と。
だからね、このコラムを通じて少しでもプロを目指す野心溢れる未来のミュージシャンの為にも今伝えられることを書けたら良いな。って思っています!
もうね、ミュージシャンって非常に自営業的な感じだと思うんです。
ラーメン屋さんとかも開店するのに借り入れやら他の仕事で貯金をしたりして多大な開店資金やら運転資金の為のお金を用意し、毎日営業してコツコツ回収して利益にしていきますよね?
ミュージシャンという職業もそれとなんら変わりがないと思っています。
KISSもそうだったようで、3rdアルバムまではもの凄い借金を抱えて活動していたそうです。
でもねKISSの自伝読んでも分かるし動画みてもわかるんですが彼らは最初からプロですよ。
今は便利な世の中で、YouTubeなどでアップロードされた動画が無料で見られるので興味のある方はチェックしていただきたいのですが、KISSの1973年の始動したての頃の映像をみると今と同じことやっていますよ。
プロになってからプロ意識を持つんではなくて、プロになってる人は最初からプロとして行動しているんだと思います。
ラーメン屋さんも金銭のマイナスがあろうがプロとして毎日ラーメンを提供しつづけるから成り立つわけですよね。
結構ミュージシャンってそういう世界に近いと思うな〜。
これから音楽で生きてく!って人は、本業とは別に生活やなんやでアルバイトしたりするかと思うんですが、どれだけ最初に音楽の為にお金をつかってどうやって回収していくのか?っていうのを一度真剣に考えられたら良いんじゃないかと思います。
ミュージシャンだからってセックスドラックロッケンロー!的でOKとか金銭面をなにも考えず音楽だけをがんばって金がなくなったらアルバイト!っていうのは僕は違うんじゃないかな?と思います。
人生を棒に振らない為にも、素晴らしい人生にするためにもシッカリと把握しながら音楽をやることを僕ならオススメします。(僕も随分失敗してきたもので。。。)
いやいや、今回の話はもしかしたら僕にとってはマイナス面だったのかもしれませんね!(笑)
結局ミュージシャンって職業はエンターテインメントなのでココロを動かして初めて価値が産まれますから、あまりリアリティのある話はGYZEのRyojiにとっては必要のないことなのかな?なんて思ったりもしたんですが。。。ただの篠本竜司がお話をしてしまった感じですね(笑)
せっかく設けていただいてるコラムの場なので、ココでもプロとして全うしたいですし、4月ということで音楽に限らず夢を持って環境を変えた方々がもしかしたらいるかも?なんて思って書いてみました。
それとGIT MASTERSというギターコンテストの審査員をさせていただく事になりまして、これから!っていう夢ある人達にアドバイスする立場になるので、今一度自分を見つめ直す意味でも「プロってなんだろう?」的なテーマで書かせていただきました!!
それとそれと次回のコラムを書いている頃はGYZE BLACK BRIDE TOURがスタートしています!(また告知かい、笑)
以前こちらでも書いた自分自身の好きなモノを売ってくブランドBLACK BRIDEのアイテムもこのツアーからの販売が間に合いそうなのでGYZE共々よろしくお願いします。
そして、今回のワンマンツアーの東京と大阪と札幌の公演なのですがYourPriceSytemになってます。
つまり入場料が掛からなくて終演後にその日のGYZEのパフォーマンスの価値を見てくれた人が自由に感じたその分を金額として支払うってことですね!
「GYZEの名前だけ知ってる〜」って方とかMVを見てなんとなく興味があるって方とか来てもらえたら嬉しいし、友達も50人ずつくらい誘って遊びに来てください!(ちゃうか、笑)
実際、売り上げが見えないし周りの方々に多大な心配を与えているシステムなのですが、もしこれがキッカケでライブに足を運んでもらえてGYZEのような音楽に触れるチャンスになったら嬉しく思っています。
僕もキッズの頃、随分とBLOOD STAIN CHILDやSERPENTといった日本のメタルバンドのライブに行っていましたが、キッズはお金がね!(笑)
だからよっぽど好きなバンドじゃなきゃ前売りチケットを買って行けなかったんだけど、もし当時僕が好きでなくても興味があった他のバンドがYourPriceSystemのようなものを導入していたらもっといろんなライブ行けたかもな〜、なんて思うと今回このシステムで全公演やってみたくなっちゃいました!(笑)
だから学生さんや金銭的にカッツカツな方は無理のない程度で良いと思っています。
まあ、時間と交通費割いて会場へ来ていただけるだけ凄くありがたいと思っているんですけどね!
散々プロやなんや〜って話したのにこういうことやっちゃう自分にちょっと矛盾も。。。
いやそんなことない!
ハッキリここで宣言です!僕はプロミュージシャンです!(笑)
GYZEのRyojiでした〜。
また来月に^^

GYZE BLACK BRIDE JAPAN TOUR 2015

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

#10

#10

記事公開日:2015/08/30
Ryoji / GYZE | 895 view
#9

#9

記事公開日:2015/08/02
Ryoji / GYZE | 587 view
#8

#8

記事公開日:2015/06/29
Ryoji / GYZE | 801 view
#7

#7

記事公開日:2015/05/30
Ryoji / GYZE | 705 view
#5

#5

記事公開日:2015/03/27
Ryoji / GYZE | 610 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Ryoji / GYZE Ryoji / GYZE

おすすめの記事

今注目の記事