記事公開日:2014/10/28

来る2015年1月12日、CLUB CITTA’で行われる「VIOLENT ATTITUDE 2015」にて遂に再始動を果たすDOOM。
結成は1984年。藤田、諸田、広川の3人による、プログレ、ハードコア、ブルース、ジャズなど多ジャンルの影響から独自のサウンドを生み出し、白塗りメイクの強烈なインパクトと共に、他を寄せ付けない圧倒的なオリジナリティを獲得。 1st「No More Pain...」は好セールスを上げ、メジャーデビューへの道を自ら切り開く。 その後もツアーで全国を廻り、数々の名盤を生み出す中、広川が脱退。 後任にGASTUNKのPAZZが加入。新たな血をDOOMに注ぎ、スリリングなサウンドはさらに加速。 止まらない進化を続ける中、諸田が急逝。 DOOMは地下に潜り、ほとんど姿を見せなくなった。 それから数十年、もはやDOOMを体感することは不可能と言われていたが、2014年、結成メンバーである藤田を中心に、PAZZ、過去にCASBAHに在籍していた古平が集結。 幾多もの伝説を残すDOOMが遂に再始動を果たす。DOOMの数々の名曲がフルセット・ライブで甦る!!
DOOM

DOOM

●藤田タカシ(ヴォーカル・ギター)
●PAZZ(ドラム) GASTUNK / SHELLSHOCK / I love you... OK? / ex. Z.O.A
●古平(ベース) ex. CASBAH

DOOM:藤田タカシ
インタビュアー:別府 伸朗

僕のケツを一番後押しして叩いてくれたのは、実は広川ジョウイチなんですよ。

--- DOOMは解散宣言をしていなかったので今回は再始動となるのですよね?


藤田:そうですね。


--- 2000年8月のAUTO-MODが主催した新宿LOFT以来のライブがこの前YOKO FEST THE FINAL(2014/9/12 川崎CLUB CITTA’)でしたね。15分という短い時間でしたが再始動の感触はいかがでしたか?


藤田: DOOMとしてメンバーで音を出したのが数十年ぶりなので緊張しまくってましたよ。本当なら10回ほど練習してから本番に臨みたかったのですが、3回しかできなくて。チャレンジャーの気持ちでやらせていただきました(笑)。


--- DOOMを再始動しようと思ったのは何故ですか?


藤田:僕よりも年下の人間がここ数年多く亡くなって、お通夜だとかお葬式に出ることが多くなってきたのですよ。それで自分の中で何かやらなくちゃいけないと思いながら過ごしていた時に、横ちゃん(横山明裕氏)が亡くなって。そこで後輩連中とか同期のJURASSIC JADEやCASBAHが「そろそろやらないの?」ってケツを叩いてきて。酒の入った席でずっと言われ続けてたし、さっきも話したけど何かやらないととも思ってもいたので。そのいい機会を横ちゃんが作ってくれたんだろうなって。横ちゃんだけでなくその前に亡くなった人も含めて背中を押してくれていたしね。


--- それで再始動のメンバーですが、昔も叩いていたPAZZ氏と今回初のメンバーとなる古平氏になるのですが、どういった経緯でこのメンバーとなったのですか?


藤田:古平君に関しては5年前になるのかな?彼がメンバーだったバンドのライブにゲストで呼ばれてプレイをして。目黒のライブステーションで他にJURASSIC JADEやCASBAHが出ていたイベント(注:2006年1月7日 BEHIND YOKE SYSTEM VOL.14)でしたね。


--- 古平さんが在籍していたバンドはご存知だったのですか?


藤田:DOOMの曲をプレイしてくれていて、それは非常に喜ばしいことでしたね。彼らのバンドのゲストで一緒にプレイして古平君は諸田二世ではないですけれどDOOMの曲を無難に弾きこなしていたし、PAZZも彼らのバンドを手伝ったりしていたってことだったので。その二人のリズム隊に僕が入った方がスムーズに動けるかなとも思って。



--- 古平さんが在籍していたバンドでゲストとしてプレイした時に、もう一度DOOMを再始動してみようとは思わなかったのですか?


藤田:その時はDOOMを再始動しようという前向きの気持ちにはなれませんでした。自分自身がサポート活動で忙しい時期だったし、色々な自分の状況・・・、仕事としての音楽と自分の音楽がかけ離れた部分があったのかな?人のサポートだと割り切って出来るけど自分の音楽であるDOOMだと割り切りようがない。自分自身が走っていかないと周りも付いてこないし。

--- それはやはりDOOMが特別な位置付けだったからですか?


藤田:そうですね。それでやるからには期待も恐らく大きいし、亡くなった諸田コウの壁とか諸々あったりもしたのですが(再始動します)。



--- YOKO FEST THE FINALの時に噂だとベースに昔サポートで参加していた千葉氏(SHELLSHOCK)が弾くのではないかというのもあったのですが。


藤田:千葉君とPAZZはSHELLSHOCKでやっていて、その二人を持ってきてしまうとダブルヘッダー的な現場が増えてしまいますよね。今後のことも考えてどっしりとやりたかったので、それで今回は古平君にオファーをしたのですよ。

--- それともう一つ噂があって、YOKO FEST THE FINALの時にPAZZ氏と広川氏が15分という短い時間ですが交互にプレイするのではという噂がありましたが。


藤田:僕の中ではそれはなかったですね。でも周りでは、週刊誌ではないのですが、ちょっとそういう話が出ていましたね。


--- 広川氏での再始動は考えてはいましたか?


藤田:それもあったかもしれないですね。ただ、僕の中に彼が今何をして、どこでドラマーとしてプレイしているかという情報がまるで無かったんです。PAZZに関してはGASTUNK復活や、I LOVE YOU...OK?とかのライブ情報的なものを耳にする機会が結構あったので、、、逆にPAZZからDOOM再始動の話やらあったぐらいです。でも、僕のケツを一番後押しして叩いてくれたのは、実は広川ジョウイチなんですよ。


--- 「WHERE YOU LIFE LIES!?」時でのメンバーはいかがですか?


藤田:あの作品は打ち込みで、僕がサポートしていたDEF MASTERのヴォーカル / マニピュレーターであるYU-MIと散々苦労して作った内容でちょっとあの現場から離れたいという思いがありました。やっぱりリアルなサウンド、コンピューターがリアルじゃないというのではなくて、「ギター、ベース、ドラム」といったバンド形態でやりたかった。


--- 「WHERE YOU LIFE LIES!?」リリース後に何度かライブをやっていますよね。メンバーのアクシデントで活動停止となりましたが、解消後にそのメンバーでの活動は考えていましたか?


藤田:いや、それは全く考えていなかったですね。自分の中であれがDOOMかと言えばDOOMでない部分もあるし・・・、あの作品は複雑ですね。DOOMをやる以上は諸田コウがいた時のDOOMを超えないといけないなって思っていて。でないと、彼に対してもファンに対しても失礼だと思っているので、、、


--- 今のメンバーだったら諸田氏が在籍していた時のDOOMと対抗できるという考えですか?


藤田:超えなくちゃいけないと思っていますけどね。それがいい意味でのプレッシャーだし、やる気にさせてくれる部分でもあるし。DOOMを知っているお客さんは恐らくほぼ40歳オーバーかと思います。シーンがあるかどうかは分からないけど、この前のYOKO FEST THE FINALに来てくれた若いお客さんに、DOOMってこういうバンドだったんだよって印象付けが出来ればってことでのあの15分だったと思うんですよ。最後にドラム壊しましたけどね(笑)。


DOOM@YOKO FEST THE FINAL(20...

DOOM@YOKO FEST THE FINAL(2014/9/12 川崎CLUB CITTA’)

--- あの時の選曲ってインパクトある選曲でしたよね


藤田:皆に印象与えるってことを考えたら15分ではあの選曲しかできなかったですね。常にインパクトしか考えてなかったし、最初のアプローチなので。


--- PAZZ氏がドラムを破壊したのも含めてDOOMが戻ってきたなと昔からのファンは感じたと思うのですが。


藤田:追悼ライブではあれはやっちゃいけないことだと思うんですけどね、なんてことしやがるんだって(笑)。でも生易しいイベントが多すぎる気もしていましたし。勿論(横山氏は)仲間でもあるんだけども、皆で肩を組んでというのも手かもしれないけど、ステージに上がった限りは他のバンドの連中と戦わなくちゃいけないと思うんですよ。それで勝った負けたは別に言わないけど、あの時は15分という与えられた時間の中で自分たちがアピールしなきゃいけないという状況下を考えたら、あれはあれで正解だとも思います。


--- 昔のライブでも何度かドラムセットは破壊されていますし、横山氏があれを見ていたらやってくれたって喜んだと思いますよ。


藤田:でも、あの時に横ちゃんのお母さんがいなくて良かったなとも思います(笑)


僕たちは演奏して手売りでCDを売る、Tシャツを売る、そういった手段しかできないと思うし。

--- 2008年にEXPLOSIONレーベルからリリースしたアーティストの作品が再発されましたが、この時に再発していたら再始動の可能性はありましたか?


藤田:う~ん・・・、あの時やっていたとしたら中途半端で終っていたのかもしれないね。今の自分がいるからああいうライブが出来たというのもあるし。落ち着いて腰を据えて自分を見つめ直して、DOOMを見つめ直して、今までの経過を見つめ直して、ファンでいてくれる方も見つめ直して、仲間も見つめ直して、そういった状況をちゃんと見ることが出来ている自分が「今」なんだと思います。


--- VICTOR時代の音源は全て再発されていてDOOMの再評価に繋がったと思うのですが、現在廃盤状態にある「NO MORE PAIN」「ILLEGAL SOUL」「WHERE YOU LIFE LIES!?」といった作品の再発の可能性はあるのでしょうか?


藤田:「NO MORE PAIN」に関して再発は可能かと思います。「ILLEGAL SOUL」に関してはずっと話してはいるのですが、クリアしなくてはいけない問題があります。そこに労力を使うならリ・レコーディングしてリリースした方が気持ち良くできるんじゃないかなって。実はそんな話を先週PAZZとしていたんですよ。「WHERE YOU LIFE LIES!?」もクリアしなくてはいけない問題がありますね。プレイしている側とリリースしている側ではどうしても意見の相違も出てきてしまうから。簡単な話、やっぱりどの作品も数字の話になってしまうのですよ。そうなるとプレイしている側は面白くないなとなりますね。好きでやっている音楽を数字だけで判断されてしまうと、やっている側としては本当に辛くなってしまう。僕は数字というものは後からついてきて、リリースするということは先行投資でハイリスク / ハイリターン的要素は常に持っていると思っています。それが人間同士のチグハグで売り上げに繋がらなかったり、色々な意味で数字に繋がらない部分が出てしまう。その数字を最初から言われてしまうと当然常にナーバスになりますよね。勿論数字を作る為にこちら側はライブを頑張ったり、作品を手売りしたりしますよ。そういった手段は色々あるしこちらも協力します。そういった手段うんぬんではなくて最初から数字の話になってしまうと・・・、といった感じです(苦笑)。


--- 「VIOLENT ATTITUDE」が発表されて、そこに大きくDOOMの名前があって驚いたファンや関係者も多かったのですが、再始動と同時にこのイベントは考えていたのですか?


藤田:最初にイベント(VIOLENT ATTITUDE)が決まっていてDOOMが出演することは決まっていなかったんですよ。



--- DOOMありきでのイベントでスタートしたわけではなかったのですね。


藤田:たぶんイベントの方では、最初からDOOMありきで考えていてくれたのかもしれないけど。


--- もしこのイベントが無かったら今回の再始動はどんな感じで進んでましたかね?


藤田:多分、今だから言えると思うのですがDOOMを始めた頃ってインディーズの走りだったんですよ。自主制作というのをあの当時始めて。今まさにああいった活動をしないとダメだと思うんですよ。音を伝えるという面で見ると配信という作業もあるし、デジタルとアナログの融合ということを考えたら今は凄く良い状況にあると思います。それは得意分野の方々が諸々やってくれればいいだけの話で、僕たちは演奏して手売りでCDを売る、Tシャツを売るとかバンド自体はそういった手段しかできないと思うし、やっちゃいけないと思うのですよ。僕たちは配信という作業をやってはいけないのかなとか考えていたり。いや、僕たちが行う配信の作業は「ライブ」ですよね。ライブに来なければ見ることが出来ない。Youtubeに上がったりとかはあるかもしれませんが、生のリアルさのあるDOOMを見るにはライブにこなければいけないという状況にしたいという希望と要望があります。映像であればライブとはまた違った作り上げ方が出来ると思うので、そうして行きたいんですよ。映像であればデジタルの中での1作品であって欲しいし。TOOLみたいなああいったバンドのPVは好きですしね。それは世間と逆行しているのかもしれませんが、僕たちは常にアナログでいたいというのがあります。その中でもデジタルで出来ることはその作業に長けている人と協力していきたいと思います。


僕は「音楽」を「音我苦」と書くのですよ。「音楽を構築していく、壊す、そしてそこからまた構築していく」

--- 再始動の次は作品のリリースになると思うのですが、作品の構想みたいなものはありますか?


藤田:来年の1月12日が復活第一弾的風呂敷を広げているのですが、その後にカッコよく言えばアルバムを引っさげて春~夏位に東名阪ツアーをやりたいなと考えています。更に運がよければ夏のイベントとかにポチポチ出られたらいいなと。


--- 新曲は作っている最中だと思いますが、形になりつつありますか?


藤田:形にしなくちゃいけないですよね。折角だからそこに「ILLEGAL SOUL」とかの曲を混ぜようかなとも考えていたのですよ。(「ILLEGAL SOUL」は)聴いたこともない人も多いかなとも思うし、オークションとか見るとべらぼうな値段も付いてますからね。そういうのはどうなんだろうとか色々と考えた上で・・・、作ります(笑)。


--- その作品を作る上でなのですが、DOOMの初期はスラッシュメタル色が強くて段々とアバンギャルドな面も出してきて、インダストリアル的手法まで取り入れていったのですが、今回の再始動後はどういった色を出していきたいと考えていますか?


藤田:多分ジャズ的な要素ありの、プログレ的要素ありの、アバンギャルド的要素ありの、だとは思うのですよ。自分の音楽って自分で説明出来ないので・・・。それぞれ皆やりたいこともあると思うので三人の要素が絡み合った音楽にはなると思います。それで今はこういったバンドがいるのかどうかは知らないのですが、スタジオに入って曲を作るしそうして行きたいので、それを構築していくにはそれぞれの引き出しを開けてそこにあるものを積み上げていくという作り方をしていきたい。それは時間のかかることかもしれないけれど。


--- それをまとめていく作業は藤田さんがやると思うのですが大変ですよね。


藤田:バンドをやるってことはどのジャンルにおいても一緒だと思うけどね。まとめる人の能力、プロデュース能力が無いとバンドって成り立たないから。自分がそれを背負っていく立場でずっとそれでやってきて、それでDOOMだったし、もう仕方ないと思ってます(笑)。それは諦めとは違うし。僕は「音楽」を「音我苦」と書くのですよ。常にそれとの戦いですので「音楽を構築していく、壊す、そしてそこからまた構築していく」その繰り返しですので苦しいです(笑)。ライブは楽しいですけど。


--- 苦しい作業なのに何故藤田さんは音楽を続けているのですか?


藤田:ミュージシャンはサドマゾなんですよ(笑)。でないとやらないと思います。単純に好きだけでやっている人、楽器を買って暇な時に少し弾いて楽しんでる人もいるし、その方が楽しいそうじゃないですか。でも何故かそれをお客さんに聴かせるって作業になると苦しむことは付き物だと思うんですよ。そうなると「何で辞めないの」ってなると思うのですが、やっぱり苦しむのが好きなんですね。それを理解できない人が多いと思います(笑)。苦しいを乗り越えると楽しいがあって、いつの間にかまた楽しいが苦しいになっていて、それって常に背中合わせになっていると考えています。苦しんでいる自分も好き、苦しんだ後も好き、それを発散させるライブも好き、そしてそのライブの後に苦しむ作業があって、、、音楽をやっている人間に強い人間はいないと思うんですよ。弱いから音楽をやっている気がするし、ストレス発散もあるけどある意味現実逃避を音楽に向けている自分もいると思います。


--- 背反しているけど苦しむことでそれがストレス発散にもなっているのが音楽だと。


藤田:それをモチベーションにしないと人に訴えることが出来ないと思います。変な話、常にライブはマスターベーションでいいと思います。それがお客さんにどの様に伝わるのかが問題で、それにいくらの価値があるのかでお金を払ってくれるのかなと。やっぱりお客さんはお客さんでミュージシャンにもっともっとと求めてくる、やっている側はやっている側でもっともっとになる。そのもっともっとの裏には苦しむ作業があったりとか。それを乗り越えると楽しいになる。あっ、麻薬ですね、合法じゃないけど。いや、合法ですかね?少なくとも脱法じゃないですね(笑)。


--- DOOMって伝説になっていた部分もあってファンは頭の中でそういったものを色々と膨らませていくと思います。その見えない伝説となっているDOOMとの戦いも再始動するにはあると思うのですが?


藤田:そこには宗教的な要素もあると思います。ファンの皆が信者とは思いませんし、僕たちが先生になろうとも思ってもいないし。ただ同じ志を持っていたい、ファンと共有していたいというのはあります。


--- 最後に長年DOOMの再始動を待っていたファンやこの前のYOKO FEST THE FINALで伝説であったDOOMを初めて見たファンへ再始動への意気込みがありましたらお願いいたします。一度止めたものを再始動させるのにはかなりのパワーも使うと思いますので。


藤田:音楽って人と人とのぶつかりあいだなって常に感じていることがあって。それには凄いパワーがいるし、インタビューを受けても、ミーティングをしていても常にぶつかりあいや探りあいがあったり。それが実は凄く音楽的要素なんだなって。そこには多大なるパワーを使ってますから、自分が言いたいこと、相手から聞きたいことがそれぞれあってだと思うのですよ。ファンに対してもですよね?それが一番困ることで、曲を作るより難しいですね(笑)。そうなるとさっきと同じになりますが、同じ志を共有していたい。そう、、、


Metallization.jp 特別読者プレゼント!!

・こちらの記事をツイートかつ@Metallization.jpのアカウントをフォローした方
・こちらの記事をFacebookいいね!かつMetallization.jp Official Facebookページにいいね!した方

上記いずれか行っていただいた方の中から抽選で、昔の貴重なDOOMのステッカーを3名様にプレゼントさせていただきます。

【応募方法】
○Twitterでの応募
Metallization.jp Offical Twitter @Metallization.jpまで「DOOMステッカープレゼント希望」とツイートしてください。
○Facebookでの応募
Metallization.jp Facebook Official Pageから「DOOMステッカープレゼント希望」とメッセージを2014年11月3日(月・祝)23:59までにお送りください。

【当選発表】
当選のご連絡はTwitterのダイレクトメッセージ、あるいはFacebookのメッセージにて直接行わせていただきます。落選者への連絡は行いませんので予めご了承ください。
※本企画は終了いたしました。当選された方おめでとうございました。

DOOM ライブ情報

「VIOLENT ATTITUDE 2015 -DOOM///RECHARGED-」
2015年1月12日(月・祝) CLUB CITTA'
開場 13:30 / 開演 14:00
出演:DOOM / CASBAH / JURASSIC JADE / ZENI GEVA
and more...

1Fオールスタンディング ¥3,500
2F指定席 ¥4,500
※入場の際にドリンク代¥500が必要となります。
※2F指定席券は1Fフロアにも御入場可能です。

ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:77753)
e+ イープラス
disk union
新宿HEAVY METAL館 03-5363-9778
お茶の水HR/HM館 03-3219-5781
渋谷PUNK・HEAVY METAL館 03-3461-1121

お問い合わせ : クラブチッタ TEL 044-246-8888

OFFICIAL WEB
http://www.violentattitude.com/

主催企画制作:CLUB CITTA' / VIOLENT ATTITUDE実行委員会

関連する記事

関連するキーワード

著者