目次

記事公開日:2015/04/25

ヘヴィメトゥれ!Vol.27

ヘヴィメトゥれ!Vol.27

名古屋は専門学校に通っていた関係上、馴染みの深い土地で卒業後も何かと訪れる機会の多い土地でもあり、好きなバンドが名古屋に集中しているということもあり、最近だと自分が勝手に”兄貴”と慕っている方も自分と同じく地元は名古屋ではないが、自分が行く名古屋のライヴ会場でほぼ合流しては楽しんでいる。
聞くところによれば”兄貴”も2011年7月10日に名古屋ダイアモンドホールにて開催された『HOUSE OF NOISE Vol.16』を見たことが切っ掛けで国内バンドのライヴに足を運ぶ回数が増えていったとのことで、その時初めてあの日に影響を受けた人は自分以外にも大勢居るのだなと深く考えさせられたものである。
HOUSE OF NOISE Vol.16

HOUSE OF NOISE Vol.16

2011年7月10日に名古屋ダイアモンドホールにて開催
自分自身もこのイベントに参加したことで途轍もないエネルギーを貰ったと考えているし、あの日あの時あの場所に居なかったら恐らくこの漫画を描くこともなかったのだと思う。
そう考えるとライヴの力は偉大だと改めて思うし、この漫画の題材の殆どはライヴを見たことで生まれたのが多いので今後も可能な限り足の運べるライヴには積極的に足を運んでいきたいと思う。
あと、これは個人的な勝手な願望なのだが、そろそろまた『HOUSE OF NOISE』の復活をお願いしたいところである。

鋼輝

 (8124)

小さい頃から絵が好きで漫画家志望だった。
紆余曲折有って断筆しようと思ったけれどヘヴィメタルを聴いていた事で救われた。
なので今の自分の目標は『絵を描く事で多くのヘヴィメタルバンドの役に立てる存在になる事』。
今度は俺が恩を返す番。
今後も日々精進致しますのでどうぞ宜しくお願い致します。

関連する記事

関連するキーワード

著者