記事公開日:2015/05/30

今月もGYZEのRyojiがお送りするNorthSeaRoadです。
5/16にGYZE BLACK BRIDE TOUR 2015の最初の公演の札幌ペニーレーンの公演が終わったばかりです!
今回、GYZE始まって以来の良い出来になったライブだったかなって思います。
ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました!!
満足して帰ってもらえたんじゃないかなと思ってます。
さて、、、今月は何を書こうか。と色々書いてみては消してを繰り返していますが、やはり今月はズバリ!釣り!!でどうでしょうか?(笑)
OKですね?ありがとうございます!(笑)
このコラムでは釣りの話題は初めて触れるのかな?SNS、ブログをご覧の方々は僕が大の釣り好きなのはご存知かと思います。
そしてGYZEルアーなるものが存在しています。
以前渋谷などの路上でエレキギターを頻繁に弾いていまして、その時ひとりのサラリーマンの方(snakeさん)と出会ったんです。
僕のギターを気に入ってくれて色々話したりしていると、お互いに釣り好きな事が判明したんです!
僕はかつて北海道に居たときは頻繁に釣りをしていましたが東京ではやはり行く機会がなくなって熱がちょっと冷めつつあったのですが、、、
それでsnakeさんはオリジナルルアーも制作しているということで、いくつかプレゼントしていただいたのです。
それから仲良くなって頻繁にギターを聴いてくれたりライブに来てくれたり。。。
あるときGYZEの物販でなにか面白いもの売れないかな?と思って連絡してみたんです。
そう、それがGYZEルアーの始まりです。
そのアイディアを快諾してくれて、ルアーの形やらを僕が考えて出来たのがGYZEルアーなんですね。
クオリティが片手間では出来ないほど素晴らしくて非常に愛情を感じるというか、、、
いつかsnakeさんと北海道の湖でGYZEルアーを使って淡水魚最大のイトウという幻の魚を釣りに行こう!という夢を話していたのですが、今年のGWにその夢が叶ったんですね。

実際に北海道の北にある朱鞠内湖に一緒に立ち、GYZEルアーを投げ、イトウを釣ったとき、底知れぬロマンを感じました。

日本で一番人口密度が高い東京の渋谷の交差点の横で出会った方と人口自体が少ない北海道の幌加内の町の奥の湖で自分のバンドのルアーを投げ、どこに潜んでいるかわからないイトウを釣る。

これ、ロマン以外呼び方が見つからないですよ。。。

それもこれも僕がギターをずっとやり続けたからこそ出会えたわけですし、今出会ったり付き合いがある方のほとんどがギターのお陰だなと。
ギターを弾いていて一番嬉しいのは良い出会いがあることかもしれない。

しかしイトウを釣り上げた時は最強の感動でした。もうヤミツキ必須な感じの。(笑)

叫びましたし、snakeさんと抱き合いましたもん!!

この感動とかロマンを感じたことってめちゃくちゃ大事だと思うんですよ。
冒頭でGYZEのワンマン初日の札幌の出来が凄くよかったということに触れましたが、前もってライブへの心構えを、メンバーとマネージャーの皆で改めて確認したんです。

今回のツアー全公演がYourPriseSystemというチケット代が後払いで、尚かつ値段はお客さんが感じた分をそのまま支払うというシステム。

細かいことは逐一決めたりするけど、一つ明確に決めたのは”お客さんに感動してもらうこと”。

じゃあどうやって感動してもらおう、、、

自分が感動したことなどをみんなで思い出そう!という話しをしました。

そして自分らが感動した状態でステージに立とう!と。

名付けて”自分が先にステージで感動する作戦”!!(笑)

例えばChildren of BodomとかKISSを初めて見た時の感動とか。

が、少し残念なのが仕事として自分が演奏側に立ってしまうと、オーディエンス、リスナーだった時の気持ちを思い出すのに苦労しちゃう場合もあって。

必死にGYZEをやっていたし、あまりにもメタルばかり聞いてしまっていたせいか最初の感動を逐一思い出す事が難しいんです。

これはやっと自分が与える立場になった証拠なのだとポジティブに捉えていますが。

そこで僕はイトウを釣った時の感動を結びつけてみたのですよ。(笑)

いや、ふざけているようで、イトウの感動投影作戦が効果絶大なんですよね。

ココロが燃える感情というか、そういう気持ちって本当に大事。
下世話な話しかもしれませんが、ミュージシャンはSEXをたくさんした方が良い。と言われることがあります。それも同じ原理なんじゃないかなって。(言われないのかな?)

なんだっけ?芸の肥やし?とか良く言われるアレです。

確かに、3大欲求の一つで尚かつ自分一人じゃ出来ないSEXというのはステージ立つ人には魅力を出す為に繋がることなのかもわかりませんね。

確かにかつて好きな人が居た時は何をしていても楽しかったもんな~(遠い目をしてます)

まあ、そうゆう感動が今の僕は釣りなのかなと。

結局何が書きたかったんだっけ。。。

そうそう、ステージに立ってSEが流れたとき、とにかく自分が感動できるようにしてみたんです。

実際は釣りの事を考えていたんじゃなくて、ライブでスターを見に行った時の気持ちを考えていましたが。
そしてお客さんに感動してもらうという事に集中できた日で、ようやくライブバンドGYZEのスタートが切れたのではないかと自負してます!

実際ひとりひとりに感想を聞けた訳じゃないんだけど、、、なんか掴めたってゆう感触が間違いなくありました。

ステージからひとりひとりの顔を見ては、わざわざ貴重な時間をまず割いて、ライブハウスへ足を運んでくれた事への有り難みを噛み締めたり。
いままでって、演奏のこととか完全にベクトルが自分たちに行っていたことが多かったのです。
あそこでミスがあったとか、自分にしかわからないようなことでライブの貴重な時間を使っていたときもありました。
今回、120%お客さんに向けるって凄く斬新な気持ちになれたし、なによりライブがもっと好きになりました。
そういう密かな大きな前進がありました。

俺が、釣りで感動した気持ちは初めてギターが弾けたときや凄いライブ見たときに近い感情で、これから大阪、東京とワンマンツアー続きますが、そのときに来てくれるお客さん全員に僕が感じたような喜びや感動をしてもらえたら良いなと思うんです。

もうなんというか、子供のときクワガタ捕まえに行った時の感動っていうのかな。(笑)

わかりにくいかな、、、

損得なしに時間忘れるような感動ですよ!

好きなコと初めてデートとか、もの凄い良い映画を見たときとか、時間を忘れちゃうじゃないですか。

GYZEのライブがそういう空間になれれば、、、いいな。。。

俺がイトウに感動し、時間を忘れたようにGYZEは皆さんにとってのイトウになり、時間を忘れさせますよ!!(笑)

例えがもの凄くピンと来なくてすみませんね。。。(笑)
そういう思いで、6/7の大阪club vijon・6/11の東京TSUTAYA O-EASTのワンマンに臨みます!!

釣りがまさかココまで良い影響をもたらすとは!!(笑)
あと告知です!
GYZEのHPがリニューアルされました!!
6/9にセカンド・アルバムがイタリアのCORONER RECORDSより世界リリースです。ボーナストラックが異なります。
同日プロデューサーEttoreRigottiのバンドDISARMONIA MUNDIも同時リリースですので是非チェックしてみてください。
それと僕のブランドのBLACK BRIDEのHPもオープンし、ネットでオーダー可能です。一部アイテムはBLACK BRIDE TOUR 2015でも販売します。
音楽同様にこだわってやっていこうと思っています~!
こだわった結果ちょっと値段も高くなっちゃったけど、財布などもラインナップに登場したので是非チェックしてください。
ではまた来月お会いしましょう!!

Ryoji

GYZE BLACK BRIDE JAPAN TOUR 2015

 (1174)

○2015年6月7(日)大阪北堀江Club Vijon
Open 17:30 / Start 18:30
料金:Your Price System*
Info:Club Vijon 06-6539-7411

○2015年6月11日(木)渋谷Tsutaya O-East
Open 18:00 / Start 19:00
料金:Your Price System*
Info:O-East 03-5458-4681

*上記公演におけるYour Price Systemとは
ご来場のお客様が、ご自分の価値でライブの金額を決めることができるシステムです。
お帰りの際に、あなたの感動に見合った金額をお支払していただくだけで結構です。

Ryojiギターレッスン

ギターレッスン希望者用メールアドレス:ryojigtrlesson@gmail.com
※詳しくは「お名前」「ご連絡先」を明記の上、メールにてお問い合わせください。
 (1185)

関連する記事

関連するキーワード

著者