2015年10月5日 更新

大谷慎吾(UNITED)インタビュー #2

記事公開日:2014/11/29 - 「葬式の時に近況報告するだけでなんか寂しいから、あの日みんなで集まりたかったんですよ」

2,423 view お気に入り 0
記事公開日:2014/11/29

「チケットも売れなくても良かったんですよ俺ら。あの日みんなで集まりたかったんですよ。」

--- UNITEDのライヴについて詳しくお聞きしたいです。最初の出番の時は横山さんが残したベース音源と同期させてプレイしていましたが、これは最初から構想にあったのですか?


大谷: うん。もともとUNITEDをどういう風にやろうって時に、「昔のメンバーも呼んじゃおうぜ」ということになって。じゃあ俺らはアタマとケツは絶対にやろう、真ん中は旧メンバーでやろうと。
 それでアタマはどうしようかとなり、横センの音を使おうと。前にリ・レコーディングのベスト盤(「Scars Of The Wasted Years」)を出した時に、ちゃんとあの時の音源はクリックでそれぞれのパートをしっかり録っているから、ベースの音源も残っていたんです。それの”Mosh Crew”とか凄く良い音がしていたの。それを思い出して、「これリアンプしてベース・アンプから流してライヴできないかな?」と。それですぐテツにそのベースだけのクリックが入ったデータを貰って、AKIRAに「クリック聴きながら叩いて。それにベースが入っているから」と言って、それをちゃんと横センが使っていたアンプから出したらもの凄く良い音がして。仮のアンプでリハーサルもしたんだけど「なんとかなるんじゃない?」くらいだったのが、当日リハーサルで出したらもの凄く良い音がして。誰かベース入れようかと話もしたんだけど、それは真ん中のUNITED Lions Club、誰が名前付けたか判らないんだけど(笑)、UNITED Lions Clubの旧メンバーとの時間でいいんじゃない?って。じゃ今のメンバーだけと横センの音でやってみようって。ただやる曲も限界があったんで、まぁ一応15分の枠だから3曲やって引っ込んで、あとはどんどんバトンを渡していこうと。

UNITED / Scars Of The Wasted Years TRAILER - YouTube

2012/4/4に413tracksより発売のUNITEDのリレコーディングベストアルバム SCARS OF THE WASTED YEARSのtrailer
 で、最後はやっぱりやらなきゃダメだよねってことで、最後は今の、わりと新し目の曲で、今のメンバーと、サポートして貰っているJURASSIC JADEのGEORGEの5人で最後締めようと。「そこまで起きてられるかね?」とかみんな言っていたんだけど「やるしかないでしょ! 俺らがやるんだから」となって、
 あとは真ん中の時間をどういう風にやろうかと。それで旧メンバーにまた連絡するわけですよ。またそれも俺だ(笑) まぁ昔のメンバーは古井君と旧ドラマーの哲さんが「俺が誰々に連絡しておくわ」って話を付けてくれたんですけどね。でも、来られないメンバーもいたんです。連絡付かなかった人とか。どうにも連絡付かない俺の前のギターの巌ちゃんとかね。KEN-SHINはもうクウェート帰っちゃったからいいやって呼ばなかった(笑) それくらいかな。

--- 本音としては全員完璧に揃えたかったですか?


大谷: 別にそうでも無かったんですよ。30周年の時にそういうのをやったことがあって、あれも全部横センが組んでくれて。旧メンバーもわりと出たがりだったりするから(笑) ギターのマーちゃん先輩とかヘロヘロで弾けないんだけど、凄く一生懸命で練習にも来てくれて頑張ってくれて。

--- 30周年の時には出演されなかった内野さんや稲津さん、Nobさんといった往年のメンバーも出演されたのは驚きました。


大谷:(出演した理由で)大きいのが葬式に来てくれたんですよね。そこでちょっと話して、内野さんに「今度またやったら出る?」と言ったら「あぁやるよ!」と言ってくれて。稲津も30周年の時はスケジュールの都合で出られなかったんだけど、葬式で会った時に話して。そういうことがあったから連絡してみようと。内野さんは、たまたま俺とHALLYと小杉で打ち合わせ行った時に電話があって、飲みの誘いがあったの。もう電話の向こうで酔っ払っているわけですよ。あぁ面倒臭いなって思ったけど「今渋谷にいるから来る?」と言って、「行く行く。30分で行くよ」と。たまたまその時に取材をやっていて、小杉が「じゃ内野さんもインタビューして貰いなよ」となって(笑) それでインタビューをしている中で、「30周年の時はできなかったけど、今は気持ちも変わって、ドラムを叩くこととUNITEDでやってきたことに対しての敬意を表したかった」と。それで出てくれたんだけど、凄く練習してきてくれて。さすがに練習してないと、叩いてないのでもうどうにもならないから。20回くらいスタジオにも入って。しかもステージへ千何百人の前にパンツ一丁で出てきましたからね、あの男は(笑)

--- 久々に観た内野さんのプレイもインパクトが凄かったです(笑)


大谷: 俺、「まだやれんじゃん」って思った(笑) 凄かったです。本当にいいドラマーなんですよ。だから人前でやる以上、恥かきたくないからって。稲津もなんだけど一生懸命、2曲なのに凄く練習してきて。

--- 小杉さんのブログによると内野さんは品川の駅で凄い形相で這うように階段を登っていたそうですが、無事だったんですか?(笑)


57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大谷慎吾(UNITED)インタビュー #3

大谷慎吾(UNITED)インタビュー #3

記事公開日:2014/12/06 - 「UNITED続けたいなと思う最大の理由は、曲を大事に思っていたからなんです」
真杏 | 2,141 view
大谷慎吾(UNITED)インタビュー #1

大谷慎吾(UNITED)インタビュー #1

記事公開日:2014/11/22 - 「葬式の時に近況報告するだけでなんか寂しいから、あの日みんなで集まりたかったんですよ」
真杏 | 4,454 view
第一回:大谷慎吾氏(UNITED)× 丹正篤史氏(ESP)対談

第一回:大谷慎吾氏(UNITED)× 丹正篤史氏(ESP)対談

記事公開日:2015/10/26 - UNITEDの大谷慎吾氏とESPの丹正篤史氏との対談。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

真杏 真杏