記事公開日:2015/03/06

様々なライブハウスを襲撃し続けている戦闘集団GHOULS ATTACK!前作までは正直なところ「あの」登場シーンに負けていた感があったが、最新作「FINAL JUDGEMENT」におけるメタリックなメロディやファンと一体になって盛り上がれるシング-アロングパートの大胆な導入はそのイメージを粉々に打ち砕くのには十分なインパクトがあった。この耳に突き刺さったサウンドが彼らの言う「パワーメタルコア」なのかと。色々と作戦もあり多忙な中、ショウイチ大尉(Vo)、日野大佐(G)、すすむ二等兵(G)、きんたろう伍長(Ba)に色々と話を聞いてみた。
GHOULS ATTACK!

GHOULS ATTACK!

ショウイチ大尉(Vo.), 日野大佐(G), すすむ二等兵(G), きんたろう伍長(Ba), ともぴー上級曹長(Dr.)

GHOULS ATTACK!:ショウイチ大尉(Vo.), 日野大佐(G), すすむ二等兵(G), きんたろう伍長(Ba)
インタビュアー:別府伸朗

元々は柏ベースで活動していた仲間同士で、新しく何か楽しいことをやろうと。

--- まず自己紹介からお願いいたします。


ショウイチ大尉:ショウイチ大尉である。担当は肉弾戦だ。


日野大佐:日野大佐であります。担当は武器の調達及び6弦であります。


すすむ二等兵:すすむ二等兵でございます。担当は6弦でございます


きんたろう伍長:きんたろう伍長だ。担当はベース弾き、そしてステルス兵だ。


--- GHOULS ATTACK!の結成までの経緯を教えていただけますか?


ショウイチ大尉:元々は柏ベースで活動していた仲間同士で、そういったバンドが解散しちゃったりメンバーがいなくなったりで新しく何か楽しいことをやろうと。母体となるバンドは元UNITEDのKEN-SHINがいたBLEEDING HEADの三人が集まってそこに僕が呼ばれて、日野隊長に召集をかけて面白いことができればいいねと結成しました。


--- BLEEDING HEADの名前を使おうとかは思いませんでしたか?


ショウイチ大尉:僕的には無かったですね。一度リセットして新しいものを作りたかったので。遊びではBLEEDING HEADの曲を演奏したりはしました。


--- そういえば故横山氏(UNITED)がやばいバンドがいるというのでチェックしていたのを覚えています。


ショウイチ大尉:嬉しいですね。横山さんが推薦してくれてスクエアエニックスさんのゲームの挿入歌になりましたからね。


今回前任ベースが戦死したので退役していたのですが補充兵として召集されました。

--- 新メンバーのきんたろう伍長の加入の切っ掛けは?


きんたろう伍長:自分が柏でバンドをやっていて、ショウイチ大尉がやっていたバンドにサポートで入ったりスタッフでお手伝いしたり。GHOULS ATTACK!を始めてからもライブを見に行ったりお手伝いしたり。それで今回前任ベースが戦死したので退役していたのですが補充兵として召集されました。


ショウイチ大尉:S.O.S.が鳴ったんだよ。前のベースの幽霊とはよく会いますし、飲みにも行きます(一同笑)。ちょこちょこ映像にも出ているので呼べばまた来てくれる幽霊だと思います。こいつ(きんたろう伍長)が入ってツアーが楽になったんですよ。これまで大阪までツアーに8~9時間かかっていたんですけど、○時間半で着くようになって。頭おかしいです。


きんたろう伍長:単純に速度が倍になれば到着時間は半分になりますから。オービスがあるところは全て頭に入っているし、速度取締らしき怪しい車は必ずチェックします。


ショウイチ大尉:我々は一切関知しておりません。捕まったら自己責任で(一同笑)。


--- 機材を積んで重いですよね。


きんたろう伍長:その分設置圧がかかるので大丈夫です。ただブレーキが利き辛いので私の前には立つな!と、世の中に訴えます。


もう少し自分たちらしさを出したくて試行錯誤して曲作りをしました。

--- 前作リリースからもう4年経っているのですよね。そんなに時間が経っているとは思いませんでした。


ショウイチ大尉:ちょぼちょぼライブやったりツアー行ったりと細く長くやっていて。


--- 前の音源を聴いた時はもっとゴリゴリした印象があったのですが。


ショウイチ大尉:それはコンポーザーに。


すすむ二等兵:特に意識はしていなかったけどバンドのメンバー全体で見たらデスメタル寄りで、今よりゴリゴリしていたかと。速くて重いというテーマで曲を作っていましたので。


ショウイチ大尉:最初は7弦使ってたしね。


すすむ二等兵:結成当初はメンバー全員で試行錯誤していて、チューニングを決めようってなってロウをAまで下げて凄い音になっちゃって、全員でベースを弾いている感じでした(苦笑)。


--- そういった音が段々と変化していったのは何故ですか?


ショウイチ大尉:ネタ切れもあったのかなと(苦笑)


日野大佐:それかい!(笑)


ショウイチ大尉:何やってるかわからないみたいな。


きんたろう伍長:最初の設定としては自分たちがゾンビになって・・・


ショウイチ大尉:その頃はコイツがいないんでカットします(笑)


日野大佐:個人的には最初の音楽性はデスラッシュの流れのある音楽性で、聞いた人の反応ではTHE HAUNTEDしてるというのがありました。それでTHE HAUNTEDの真似事みたいに聞こえているのかなと。もう少し自分たちらしさを出したくて試行錯誤して曲作りをしました。


ナヨナヨしいより男らしく燃え尽きたい

--- 最新作「FINAL JUDGEMENT」ではシング-アロング出来る様なパートが増えていたり、メロディを前面に打ち出した曲もあったりと変化がありましたね。


ショウイチ大尉:最後に収録している「Hakaba No Warrior」という曲が出来て、皆でウォ~ウォ~言っているのが気持ちいい。例えばライブを想定するとフロアがそういう風にウォ~ウォ~言っていたら僕たちが求めている光景かなと。この曲が出来たことによって皆で歌って騒いでそこを目指さないかって。


--- 「Hakaba No Warrior」はエンディングがかなり「濃い」ですね。


ショウイチ大尉:ナヨナヨしいより男らしく燃え尽きたいというのがあって。


--- それとコスチュームに合わせた様な戦争アクション映画的な勇壮な曲もありますね。


日野大佐:戦争映画は好きなのですが、そういったことを特に意識はしませんでした。


--- では曲作りで意識したことはありますか?


日野大佐:エクストリームなメタルだけでなく他にも色々と好きな音楽があって、そういったものを出来るだけたくさん取り入れてやろうと。日本の歌謡曲とかも好きですし、オルタナ系とかも。(私は)メタル一本でこれまでやってきたわけでもないので。


--- プレスリリース資料を見ると昔の資料と実際リリースされた盤の曲順と曲名が違うのですよね。


ショウイチ大尉:仮で付けていた曲順とタイトルのものがあって。(IhtfpがPropaganda、The Answer Of ShadowがAliveというタイトルであった)スケジュールがカツカツになっていてこれでいいかなと思ったプレスリリースを流して。レコーディング最終日に曲順を決めるミーティングがあったのですが、1曲目って一番大事じゃないですか。それでエンジニアの人に第三者の意見を交えながらどの曲がピッタリか訊いてみたら、「Hakaba No Warrior」を最後に持ってくるなら「Final Judgement」がトップじゃないかって。そうすればGHOULS ATTACK!らしさが出るんじゃないかと。その言葉が響いてそうしましょうとなりました。


同世代やそれより下の世代でも本当にパワーメタルを知っているようなマニアな人にはウケてますけど(笑)

--- それと今回の作品からキャッチとして「パワーメタルコア」って言葉を使っていますが。


ショウイチ大尉:文字で見ればメタルコアにパワーを付けただけなんですけど(笑)。パワーメタルが最近好きで、曲名に「Metal Heart」って言葉を使ったのもACCEPTから継承させていただきまして。今まで聴いてこなかった僕らの世代からすると逆に新鮮で新しいものに感じます。掘り起こしたら本当にカッコよくて。見た目は男臭くて、曲も凄くキャッチーでお客さんも拳上げて楽しんでいるし。そういうのを知るきっかけは「HEADBANGERS JOURNEY」という映画と「METAL EVOLUTION」っていう11話位のドキュメンタリーで、それにパワーメタルの回があって(注:第10話の「猛撃!パワー・メタルと戦士の剣(ソード)」と思われます)。「HEADBANGERS JOURNEY」見てから更に細分化されていったところを見て、パワーメタルの回が本当に面白かったんですよ、あのバンドもパワーメタルだったんだというのもあって、HELLOWEENもそうなんだって。それが切っ掛けです。これまで「~メタルだから」って音楽聴いてこなかったし。


--- 他の皆さんはパワーメタルコアってキャッチはどう思いますか?


日野大佐:二つの言葉を繋げて遊んでいる時があって、そのノリもあったけどハマリました。


--- お客さんの反応はどうでしたか?


ショウイチ大尉:(パワーメタルコアって言葉が)僕たちの世代には響いていないかなと(一同笑)。文字見ただけで「パワーをつけただけでしょ?」って、「パワーメタル」って言葉を知っている人がもう少し上の世代なのかなと。だからそこに突っ込んでくる人がいないんですよ(笑)。


日野大佐:確かに「メタルコア」に「パワー」を付けたって人はいるけど、「パワーメタル」に「コア」を付けたって風には見てもらえてないかな。同世代やそれより下の世代でも本当にパワーメタルを知っているようなマニアな人にはウケてますけど(笑)。


ショウイチ大尉:「?」になっている気がします。それも狙いで疑問に思っていればいいじゃんて(笑)。ググレ、この野郎!


はじめて演奏する会場では、下見をしてどこから突入すればよいか?などの作戦会議を開くのも楽しみ

--- 先ほどチラっと話が出たのですがバンド結成当初はゾンビがコンセプトだったのですか?


日野大佐:バンド名を決める時に「魔界村」(注:80年代に流行ったアーケードゲーム)をモチーフにしようって。魔界村のBGMをメタル風にアレンジして演奏しようというアイデアもありまして。それを英語にするとどんな名前なのかと英語圏の知り合いに訊いてみたら「GHOULS ’N GHOSTS」というタイトルでイギリスでは呼ばれていると。そこからGHOULSを取ってATTACKを後ろに付けました。


『魔界村』(まかいむら、英名:Ghosts 'n Goblins)は、1985年にカプコンから発売されたアーケードゲーム。ジャンルは横スクロールアクションゲーム。キャッチフレーズは「ようこそ いらっしゃい…」。
ショウイチ大尉:GHOULSってのが親しみ辛いので、覚えやすいのでATTACKを付けて。それに「!」を付けたらいいんじゃないって(一同笑)

--- いつ位から今のコスチュームになったのですか?


日野大佐:ライブやり始めた2010年のハロウィンの時ですかね。それまでは普通にメタル系のライブに出演する様な格好でした。


ショウイチ大尉:迷走していたんですよ。コスプレした時に思いの外受けちゃって。


日野大佐:ハロウィンの時に1回だけだったのが今後もこれで行こうかって(笑)。それで装備とか銃を機材車に入れっぱなしにして続けている感じです。その時はけっこう多ジャンルなイベントだったんですが、我々が出ていった瞬間に逃げ惑ってる人なんかもいて。手ごたえを感じました。


ショウイチ大尉:飽きたら止めるかもですが、定着してきているしお客さんも今日はどこから出てくるんだろうとか言われるので引くに引けないです(一同笑)


日野大佐:これを止めて普通になると確実にパワーダウンかなと。パワーダウンしないだけのネタがあれば(一同爆笑)。これやってみようとか個人的には考えています。 はじめて演奏する会場では、下見をしてどこから突入すればよいか?などの作戦会議を開くのも楽しみの一つであったりします。


ショウイチ大尉:もっと激しくなると思います。いつかヘリで登場したいですね、野外フェスとか。


--- 逆に(設定)キャラ重いなと思う時はありませんか?


すすむ二等兵:インタビューの時かな。


ショウイチ大尉:それって少し重くて、憲法9条改正とかの話もリンクしてしまうのではないかとか思っていて。こういった格好なのでふざけた印象を持たれてしまうとか。アクション戦争映画を見る感じでお客さんが楽しんでくれたらと思っているので。悪ふざけの延長にあって、こういうことも出来るのが平和なことだと思っています。


--- 6月に自主企画ライブをやりますが何か考えていますか?


ショウイチ大尉:久しぶりの自主企画なので会場にブービートラップを仕掛けてみたいですね(笑)。ツアーの最終日は秋位に地元の柏で考えています。


日本全国各地からS.O.S.があれば出動いたします。都合がつけば(笑)。

--- アルバムの予定は?


ショウイチ大尉:今回久しぶりでリリースして自主レーベルということもあって反応がダイレクトで返ってくるのでそれは面白いと思いました。アルバムは早く作りたいですね。マテリアルは隊長が結構持っているので。


日野大佐:もう次に向けて着々と弾を込めて作戦の準備は出来ていますので。4年は長かったのでアルバムは早く出したいですね。


すすむ二等兵:(リリースするスパンが)NINE INCH NAILSやTOOLみたいになっちゃったよね。


ショウイチ大尉:でもそこまで作りこまれてないもんね(一同笑)。土壇場で作った曲とか良かったりしたけどね。


日野大佐:ヴォーカル録りの前日にショウイチ大尉と二人でスタジオに入って、かなりやっつけ感が出るかと思ったけど良かったのが「The Answer of Shadow」。逆に可能性を感じました。


ショウイチ大尉:上手くまとまったよね。あのやり方でいいんじゃない。


--- 最後にアルバムの聴き所とこれからの目標がありましたらお願いいたします。


すすむ二等兵:聴き所としてはクライマックスの連続なので一度聴いて最初からまた聴こうと思える作品だと思いますので、是非繰り返し聴いてマニアックなリフも出てくるので楽しんでムズムズして欲しいです。以上です。


日野大佐:聴き所としては「パワーメタルコア」を掲げていて、特に3曲目の「The Answer of Shadow」はその権化だと思っておりますので楽しんでください。目標としてはより一層部隊の訓練に励んで世界中に部隊を展開したいと思っております。今後は中古の航空母艦と艦載機を購入し、日本全国各地からS.O.S.があれば出動いたします。都合がつけば(笑)。以上です。


ショウイチ大尉:個人的には今やれることは突っ込んだのでパワーメタルコアをやるならもっとハイトーンも出したいしもっとメタル臭いものを出したいし、何だコイツってそのスキルを上げていきたいです。とりあえず週二ジムに行ってプロテイン飲んで強靭な肉体を作る、絞る、リバウンドしない、ラーメンを週1に抑える。色々やることはあります(一同笑)。魂は込めたので全曲聴いて、ライブで一緒に歌って欲しいです。でないと自分が辛いから(笑)。


きんたろう伍長:私からは一言、世界有数のメタル王国ドイツのアウトバーンを見習って国内高速道路速度無制限化を!


GHOULS ATTACK! 最新作品情報

Ghouls Attack! / 「FINAL JUD...

Ghouls Attack! / 「FINAL JUDJEMENT」

Ghouls Attack!(グールズ・アタック!)/ 「FINAL JUDJEMENT」
発売日:2014年1月14日
Silver Bullet Records
VTN-002
1,500円+税

<収録曲>
1. FINAL JUDJEMENT
2. IHTFP
3. THE ANSWER OF SHADOW
4. THE HERO HAS METAL HEART
5. HAKABA NO WARRIOR

GHOULS ATTACK! 「HAKABA NO WARRIOR」Official Music Video - YouTube

GHOULS ATTACK! 2015/1/14(水)発売 2nd EP “FINAL JUDGEMENT”から「HAKABA NO WARRIOR」ミュージック・ビデオを公開! バンドの方向性を決めたというターニングポイント的なリードトラックを聴くのだ! ライブ会場では拳を上げて叫ばずにはいられない! アーティ...

GHOULS ATTACK! ライブ情報

○2015年4月11日(土)酒田・HOPE
"The Coastguards【EXTRA TOUR】”
w/ The Coastguards, FRIDAYZ, To Overflow Evidence, DROP UP 25

○2015年4月25日(土)心斎橋・club ALIVE!
"G∀LMET presents 【PARTYHARD,METALTONIGHT!!】"
w/ G∀LMET, 兀突骨, AFTERMATH, NamelessOne, DeGrace, and more…

○2015年5月31日(日) 渋谷・Cyclone
WAR OF AGES Japan Tour Final
w/ War Of Ages(US), Hone your sense, Cephalotus, Victim of deception, Distaraise

2015年6月6日(土) 新宿・ANTI-KNOCK
GHOULS ATTCK! Presents “Attack! No,5” FINAL JUDGEMENTレコ発
w/ GxSxD, GHOULS ATTACK! And more awesome bands!

関連する記事

関連するキーワード

著者