2015年10月5日 更新

Vol.04

記事公開日:2015/04/02 - feat. Vimoksha

310 view お気に入り 0

目次

記事公開日:2015/04/02

ヘヴィメトゥれ!Vol.04

ヘヴィメトゥれ!Vol.04

2013年末に名古屋でGOD VALLEY解散ライヴを通じて好きになったVimokshaは個人的に最も注目しているバンドの一つであり、和太鼓を取り入れた和風プログレッシヴメタルと形容すべき独特で幽玄な世界観に触れる度に凝り固まった精神が解されるようで本当に心地が良く、可能な限りでライヴに足を運ぶようにしている。
そのVimokshaの楽曲「Doodle Bug」のパフォーマンスは体をグルグル回転させる為バンド側的にも観客側的にも非常に体力を消耗するという事もあって、2014年9月20日に四日市 CLUB CHAOSにて開催された『COME BANG WITH THE GANG!!』を最後に封印されることなった。(実際やってみるとわかるが本当に疲れる&目が回る)
そのVimokshaで一番好きな曲が「追憶和讃」で、まるで光り輝いている水深部に向って静かにゆったりと沈んでいくような気分になり非常に心地良く身を委ねることが出来る。
時に激しく魂に訴えかけ、時に優しく魂を揺さぶるVimokshaの世界が今後どういった進化(深化)をして行くか非常に楽しみなところである。
尚、VimokshaはTILL YOUR DEATH RECORDSのコンピレーション作品『V.A.TILL YOUR DEATH Vol.2』に参加が決まっており、収録曲はまだ未定とのことだがここは是非とも「追憶和讃」を収録していただきたいと激しく願う次第である。

Vimoksha

vimoksha MBJ2015 fullset - YouTube

2015/06/07 渋谷Ruido K2 METAL BATTLE JAPAN 2015 姥捨山 (Ubasute-yama) 六根清浄 (Rokkon Syo-Joh) 追憶和讃 (Tsuioku-wa-san) DoodleBug pro-shot

鋼輝

 (1621)

小さい頃から絵が好きで漫画家志望だった。
紆余曲折有って断筆しようと思ったけれどヘヴィメタルを聴いていた事で救われた。
なので今の自分の目標は『絵を描く事で多くのヘヴィメタルバンドの役に立てる存在になる事』。
今度は俺が恩を返す番。
今後も日々精進致しますのでどうぞ宜しくお願い致します。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Vol.49

Vol.49

記事公開日:2015/07/28 - feat. SONIC AGITATION
鋼輝 | 335 view
Vol.10

Vol.10

記事公開日:2015/04/08 - feat. GOD VALLEY
鋼輝 | 360 view
Vol.27

Vol.27

記事公開日:2015/04/25 - feat.「HOUSE OF NOISE」
鋼輝 | 877 view
Vol.62

Vol.62

記事公開日:2015/10/27 - feat. HONE YOUR SENSE
鋼輝 | 1,110 view
Vol.61

Vol.61

記事公開日:2015/10/20 - feat. NAMAZ, Shady Glimpse
鋼輝 | 1,361 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鋼輝 鋼輝

おすすめの記事

今注目の記事