2015年10月2日 更新

LOVE IS DEAD インタビュー

記事公開日:2015/08/03 - LOVE IS DEADの9年振りとなる3rd MINI ALBUM「2203EP」のインタビュー

2,514 view お気に入り 0
記事公開日:2015/08/03

大阪暴走ロックンロールバンド、LOVE IS DEADの9年振りとなる3rd MINI ALBUM「2203EP」が2015年9月30日にTILL YOUR DEATH RECORDSからリリースされます。
オリジナル4曲にDOOMのPAZZさんがゲスト参加された曲やBLACK SABBATH、SCORPIONSのカバーも収録の全7曲。
ギター&ボーカルのTETSUさんにLOVE IS DEADの結成から今作に至るまでを話していただきました。これを読んで興味を持った方は是非音源を手に取って聴いていただけたらと思います。
LOVE IS DEAD

LOVE IS DEAD

TETSU Gu&Vo
師匠(Poteterni・Tani) Bass
小野塚(AGO) Drums
--------------
LOVE IS DEAD:TETSU<Vo/Gt>
インタビュアー:BAN / TILL YOUR DEATH RECORDS
--------------

まぁ、ロクデナシの集団である事には違い無いですが、みんな心優しい仲間達です(笑)。

--- インタビューよろしくお願い致します。初めてLOVE IS DEADを知る方々もいると思いますので、バンドの結成のいきさつ、バンド名の由来、またメンバー紹介をお願いできますか?


TETSU:よろしくお願いします。元々MEGABOINってバンドをやってまして最初はボーカルもいて4人でやってたんですけど、なかなかメンバーが安定せず最終はトリオのインストでやってました。で、またドラマーが辞めてしまって、小野塚がヘルプ~加入となったのをきっかけにLOVE IS DEADと改名しました。
バンド名はThe BeatlesのFor No Oneって曲の歌詞から取りました。別に深い意味はないです。響きがカッコいいなぁと。
メンバーはLOVE IS DEADのオリジナルメンバーでもあるドラムの小野塚。彼は一度LOVE IS DEADを離れてグラインドコアのバンドで叩いてたりしてたんですが、出戻りです(笑)。 ベースのポテターニ谷師匠はとにかく食いしん坊でいつも食べ物の事を考えているんですが、バンドの中では「お母さん的役割」でいてくれていて、僕も小野塚もポテターニ谷師匠に頼り切っています。まぁ「お母さん」なので、それゃ食べ物の心配を一番にしてるわな?と(笑)。


--- ポテターニ谷師匠は今後この名前でいくんですね(笑)。


TETSU:この名前とキャラでTシャツも売り出すそうですよ。買ってあげて下さい(笑)。


--- MEGABOINからLOVE IS DEADと音的にはどういうバンドに影響を受けて始めたのでしょうか?


TETSU:MEGABOINの時は敢えてそれまで自分がやってきたメタルなギタースタイルと違う所を目指してた部分があります。The Stoogesとか、Jesus Lizard、Dick Daleとか。
LOVE IS DEADになってからは小野塚のドラムのアプローチと自分がボーカルも兼任するという事で、もっとスピードを求めていったって感じですかね?それこそMOTORHEADとかDISCHARGEとかのスピード。ストレートでコンパクトにしよう!って。


--- 今まで何枚か音源をリリースしていますが、過去のリリース作品について教えてもらえますか?


TETSU:古い話しですねぇ(笑)。1枚目のミニアルバムはLOVE IS DEADになって「俺たちはMEGABOINからLOVE IS DEADになりました!」って感じの宣誓みたいな感じですかね?まだまだギターを弾きながらボーカルを取るという事にも自信がなくて、とにかくぶつけてみた感じ。
2枚目のミニアルバムはちょうど小野塚がいない時期の音源で、LOVE IS DEADはこんなバンド!っていうのが見えてきた感じです。今でもライブではこの音源からの曲を多くやっています。


注:2002年に1st MINI ALBUM「HOW FAR CAN WE GO BACK?」、2006年に2nd MINI ALBUM「YOU NEVER KNOW...WHAT YOU CAN DO TILL TRY」をリリース
How Far Can We Go Back?

How Far Can We Go Back?

1st MINI ALBUM(2002年)
You Never Know…What You Can...

You Never Know…What You Can Do Till Try

2nd MINI ALBUM(2006年)

--- 単独作をリリースする前に「2号線」というV.A.がありました。今でもあのV.A.が好きでちょうど今日も聴いていたのですが、すでにこの時点でバンド名をタイトルにした「LOVE IS DEAD」という曲が収録されているんですよね。あのV.A.は本当に名作だと思います。あれはLOVE IS DEADが主導して作られた作品なのですか?


TETSU:あの頃はホンマ、周りのバンドもみんな勢力的にツアーまわってて、僕達もツアー三昧の生活の中で福山や岡山にはしょっちゅうお邪魔していたんです。それぞれが出してる音が本気でカッコ良くて、しかもみんな仲が良くて楽しくて。
で、カスピカの久君とDROWNED MINDの塚本君に「オムニバスやってみない?」って話しをもちかけたんです。みんな快諾してくれて、どうせやるならよくあるオムニバスみたいにバラバラな録音でバラバラな音圧とかじゃなくて、同じスタジオで同じエンジニアさんに録ってもらって一つのアルバムとして成立させられるようにしてみようよ!って流れで。インナースリーブ用の写真もみんなで集まって撮影して。フットワークが軽くて仕事が早い仲間達が集まったからこそ出来た音源です。


LOVE IS DEADの最初の作品は2000年にリリースされた「V.A.STRAWBERRY MAZE FOREVER... VOLUME1」。
3.6 MILK、10-FEET、MOTHER OF SOUL、dummy system、RED BACTERIA VACUUM、G-FREAK FACTORY、ゴリラアタック、PSYCHO INNOVATOR、ブッシュマン、PETなどと収録されている。
V.A.「2号線」は2001年にリリースされ、LOVE IS DEADの他にDROWNED MIND、ゆーこときカズ、41 FISTER、SHRIVE、カスピカが参加。大名盤コンピ!
V.A. / STRAWBERRY MAZE FORE...

V.A. / STRAWBERRY MAZE FOREVER... VOLUME1

01. Forever / Psycho Innovator
02. No One's Perfect / ブッシュマン
03. Rudie / Pet
04. Go For It / Slug Go!
05. California / 3.6 Milk
06. Theme From Love Is Dead / Love Is Dead
07. There's Something You Can't Get Even Did You Best / Cabaret Mechanical Theater
08. Planless / 10-Feet
09. Go K.K.K.K / Mother Of Soul
10. Living End / 赤犬
11. Horn Pipe / Chicken Wing Facelock
12. Go For It / Rude Kewpies
13. Girl / Guardman
14. 家!!家!!2000 / 5x8x3
15. Cook A Parson's Goose / Dummy System
16. What Your・・・ / レッドバクテリアヴァキュウム
17. Van Van Rv50 / お ひ め
18. Go!Go!Pajero / Gorilla Attack
19. I Trust You(Ibaraki Ver) / Spicy
20. Sight From The Bridge / G-Freak Factory
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

#6〜ナシモンはしゃべるとうるさいけどメール打つのは遅いよ

#6〜ナシモンはしゃべるとうるさいけどメール打つのは遅いよ

記事公開日:2015/09/30 - ザクザクTHRASH METALでおなじみ、浜松Shady Glimpseシンヤ塾長とNAMAZナシモン氏の雑談。
Vol.57

Vol.57

記事公開日:2015/09/22 - feat. DEATH THIRST, スラッシュ大殺界
鋼輝 | 961 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

BxAxNx@TYDR BxAxNx@TYDR

おすすめの記事

今注目の記事