2015年10月6日 更新

#4

記事公開日:2015/02/24

701 view お気に入り 0
記事公開日:2015/02/24

いよいよ2月25日にGYZEの2ndAlbum「BLACK BRIDE」がリリースされます!
今回は制作時のエピソードや収録曲のことを織り交ぜながら書かせていただこうかなと思います。どうぞ最後までお付き合いください。
1st Albumの「FASCINATING VIOLENCE」リリースから1年8ヶ月の年月が過ぎているので、やっとだ!という気持ちが強いです。
今回もレコーディングのほとんどは僕のHEAVEN'S STUDIOで、ヴォーカルとドラムを札幌のスクールオブミュージックで行いました。
ジャケットアートワークは1st同様、イギリスのデザイナーの手によるものです。
僕的には彼のアートワーク以外は考えられないですね。
実はこのアートワークに決まる前、そのデザイナーではなく、CORONER RECORDSの社長がデザインしたものを受け取ったんですよ。それが酷いのなんのって(苦笑)。
北斎の絵をモチーフにした赤い海の上に、アメコミ的な骸骨が着物を着て刀を持っているジャケットで…言葉を失いました。悪い意味で(笑)。
それはダサいでしょう~…。でも欧州の人が思う日本のイメージなのかもな…
いや、それにしたって酷かったです(笑)。
まあ、そんなエピソードもありつつ、最終的に今のモノが上がって一安心でした。
ミックス&マスタリングはイタリアのTHE METAL HOUSEで行われました。DISARMONIA MUNDIのEttore Rigottiがオーナーを努めるド田舎のスタジオですね(笑)。一度僕も訪れた事がありますが、山の中にあってクリエイティブな気持ちになれそうな場所だった印象が強いです。
Ettore Rigottiは日本と関わりある仕事が多いようで、HydeさんのVANPSやBABY METAL等のミックス&マスタリングエンジニアをしていますし、ちょっと前にプリンセスジブリの仕掛人としても話題になっていましたね。
そんな彼のバンド、DISARMONIA MUNDIの新譜が3/25に日本盤リリースされるようです。僕も即入手予定です!
そんなこんなでGYZEの作品は日本・イタリア・イギリスの3カ国で作られた作品ですね。
そういったことをふまえつつ、皆さんがパッケージを手に取ってこれを読んでくれていることに期待しつつ(笑)、曲を覗いてみましょう。

1. BLACK BRIDE

タイトル・トラックになった曲でGYZE的キラーチューンのつもりで作りました。
デモが出来たのが1stのリリース時期で、2nd Albumに必ず収録したい!と思って今回のアルバムの創作意欲のキッカケにもなった曲です。
サビにあたる雰囲気はWinkという相田翔子がいた80年代後半から90年代中盤にかけて活躍したアイドルユニットの曲、”愛が止まらない”的な雰囲気にしたかったのを覚えています(笑)。具体的に「なにを?」って聞かれると雰囲気でしかないのでなんともあやふやなことしか言えないのですが・・・
あと全曲レコーディングが終わったものの、バッキング・ギターがどうにも気に入らなくて、納期の前日にすべてデリートして弾き直したというエピソードがあります。
結果、最後の最後までこだわって良かったなと思います。
中身は内なる人間の感情。どちらかでいうなら闇なる部分。本来白いはずの花嫁が黒い。誰の心にも潜む、「BLACK BRIDE=黒い嫁」という比喩で例えてみた感じです。
表ではなく裏なる音楽を提示してゆくGYZEにとって、全体像が明確な名詞になってより説得力が増すかな。。。なんて。
それと僕自身がBLACK BRIDEというアクセサリー・ブランドも立ち上げている最中で、聴覚ではなく視覚面での芸術を提示していける場になればいいななんて想いがあります。ブランドの詳細は「Coming soon!」なのでSNS等でチェックしていただければと思っています。
ポイントはバランスが大衆ウケではなく、僕のエゴでかっこいいもののみ作りたい。そんなエゴもまた、僕のなかに潜むBLACK BRIDEなのではないかなと。

2. IN GRIEF

超メロデス・ソングで僕の思い描くメロデスを表現できたと思います。
原曲となるものは18歳の時ソロでアルバムをリリースした際にこの曲がありました。
今となると逆に新しく思えたり、そして今だから出来るアレンジにもなったのかな~と思います。
ギターが結構限界まで弾きまくれたんじゃないかなと思います。
歌のパートが少なくて、それすらもメロデス然としてるな~なんて思います!
エットレ曰く、Alexi LaihoよりAlexi Laihoらしいと(笑)。ただ実際にはコード進行やメロディもChildren of bodomのニュアンスではなくて、きっとリードを弾きまくる、クラシカルフレーズも飛び出す、そんなところからそう思ったんだと思います。
洗礼されているというよりも「青臭い」と感じるまでに弾きまくっているのもこの曲のもつパワーかななんて思っています。

3. HONESTY

Ettore Rigottiがクリーンボーカルで参加している曲ですね!
英語詞ではなくて日本語詞っていうのが肝になっていて、日本で忙しく生きる人々へ聞いてもらいたい曲です。
サビの”孤独を背負い日々と闘ってる”ってフレーズなんかは自分で作っておきながらグッときてしまったり。
東京で忙しくしていると、ふと忘れてしまっている幼少期や少年期の誠実さというか、昔を懐かしむような雰囲気になっています。。。
イメージした具体的な場所があるんですが、北海道の深川市という場所でそこに祖父と祖母がいたんですね。
夏休みにそこへよく行って、クワガタなどの昆虫採集をしまして、その山から下りてくる一本道をイメージしました。だから仮タイトルは「Deep River=深川」でした(笑)。
道の横は田んぼだけ、背には山があってね。
ドラムのShujiは兄弟なのですが、当然同じものを幼い時に一緒にみているのですね。彼はその情景を120%理解していて、サビの歌詞の一部を書いてもらいました。
それってバンドにおいて凄く重要なことだと思うんです。イメージの一致、伝えたいことの一致って。それは一緒にやっているメンバーには必ず伝わるものだと信じています。
サビの部分は、お盆にそこから見た夕焼けを想像しています。忙しく生きる皆さん、ふとこの曲聞いて自分の心が誠実だった時間や情景を思い出しながら聞いてみてくださいね。って全員が疲れているわけじゃないか(笑)。
残念ながら、もうそこに祖父母の家はないのでその場所に滅多にいけませんが、今年はぶらり旅でメンバーとそこへ行ってミヤマクワガタ探しながらHONESTYを聞きたいな。。。

4. INSANE BRAIN

これも具体的な出来事に基づいて曲を書いてゆきました!!
直訳で“狂った脳みそ”。バンド・アンサンブルが入るパート部分は脳みそがグルグル回るような雰囲気を出したく結構BPMを上げましたね。
実は交通事故で友人が警察のお世話になった、、、そんな出来事からインスピレーション貰って書きました。
狂気じみたスピードと、ズシっとくるメロディのコントラストが上手くハマった曲だと思います。
イントロとソロのメロディはそんな”間違った判断”をしてしまう人間の裏なく感情をも受け入れるようなイメージがあります。
その友人が出所したら聴かせてやろうかなって思っています(笑)。
いや、だまって酒でもおごってあげようかな^^

5. BLACK SHADOW

これは知っている人多いかな?
かつて路上ゲリラライブをやっていた時は必ず演奏していたし、IN GRIEFと同じくソロアルバムに収録されていた曲ですね。
ただインストの形でしか発表してなかったので、どうしても歌入りで入れたくて今回入れてもらうことが実現したんです。
CORONERの社長なんかはこの曲が一番好きみたいですね。
サビでスウィープ連発しながらのシャウトはかなり楽しいです!!早くライブでも演奏したい曲です!
正直イメージはソロアルバムを作成した当時の18歳の僕に聞かないと思い出せないのでハッキリとしたこと言えませんが、自由に当時影響うけたものが色濃くでつつ、メタルへの野心に燃えまくっていたんだろうなって思います!もちろん今も燃えています!
GYZEへ改名する前身バンド、SUICIDE HEAVENのEPでもオリジナルが聞けるので興味ある方は聞き比べしてみてくださいね。

6. WINTER BREATH

44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

#10

#10

記事公開日:2015/08/30
Ryoji / GYZE | 895 view
#9

#9

記事公開日:2015/08/02
Ryoji / GYZE | 587 view
#8

#8

記事公開日:2015/06/29
Ryoji / GYZE | 801 view
#7

#7

記事公開日:2015/05/30
Ryoji / GYZE | 705 view
#6

#6

記事公開日:2015/04/30
Ryoji / GYZE | 551 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Ryoji / GYZE Ryoji / GYZE

おすすめの記事

今注目の記事