2015年10月6日 更新

#1

記事公開日:2014/11/25

1,547 view お気に入り 0
記事公開日:2014/11/25

はじめまして。
GYZE(ギゼ)のRyoji(リョウジ)です。
第一回目ということなので自己紹介的に過去の話をしつつ執筆させていただきたいと思ってます。
最後までよろしくお願いします。
GYZEは札幌で結成されたメロディック・デスメタル・バンドで、ドラムのShuji(シュウジ)と2013年から加入したベースのAruta(アルタ)の3ピースバンドです。
2013年にイタリアのCORONER RECORDSから世界デビューをして、2014年に日本はビクターからメジャーデビュー。同時に韓国、台湾でもリリースしました。
そのGYZEで僕はギターとヴォーカル、鍵盤と作詞作曲もしてます。
もう少し個人的な自己紹介を掘り下げますとまず、1989年11月8日生まれ。身長172cm 体重54kg。父は札幌で美容師をしてまして、母も美容関係の仕事をしていて兄弟は弟のしゅうじという男がいまして、それがGYZEのShujiですね。そう、兄弟バンドなんです。
あと犬のロック君。(笑)
小学校4年生の時GLAYが好きでミュージシャンになると決めて、12歳の頃くらいにKISSに衝撃を受けてギターを弾き始めて、それからなぜか学生時代はいわゆるPUNK系のバンドをやってました。中学校の怖いヤンキーの先輩に誘われてバンドに加入したのがバンド初体験ですね。名前はRAISE A RIOT。直訳すると暴動を起こす。うん、確かに言葉どおり怖いバンドだったと思います。
初めてのライブはその先輩たちとSEX PISTOLSやTHE CLASHとかのコピー!
そう初めてステージで演奏したのがアナーキー・イン・ザ・UKだったんですよ。将来メタルやる事になるとは全く思いもしませんでしたね。
割と頑張ってたんですが、やっぱ自分は下っ端。指示されてるだけで自分のペースがつかめないぞ。。。と感じつつもやってたんですが、結局先輩達は高校を中退して社会人になり解散。
最初に目上の人とバンドができたのはすごく良い経験になったと思いました。
なぜなら「よし、次は絶対俺がリーダーのバンドを作ろう」と決心できましたからね(笑)
方向性だったり見せたい世界観というのがいつも自分の中に明確にあったので、その為には自分のバンドを組もう!と。(笑)
それから高校生になってオリジナル・バンドAllegy(アレルギー)というバンドを組みました。
もちろん僕がリーダーの!!
それこそ最初は高校生バンドだったけど、300人くらいのライブハウスが入れないくらい埋まっちゃうほど”友達”の多いバンドでした。(笑)
そう、友達は最初は来てくれるんだけど定期的にライブをするようになるとドンドン減ってゆき最後は30人くらい。。。
いや30人とかでも当時は”少ないね”って話していたんですよ。2012年までGYZEは30人を集めるのも一苦労のバンドだったのに、17歳ぐらいの僕はそんなこと軽々しく言葉にしてたのです。
いま当時の自分にあったらぶん殴ってるくらい世の中ナメきったくそガキ達だったでしょうね。。。
それからボーカルが逮捕されることになり自然消滅してしまいました。。。
でもこれも良い経験でした。
なぜなら今度は「よし、次は俺がリーダーで尚かつ俺が主役になるバンドを作ろう」という決意ができたからです。
ただちょうどその時期僕は恋愛にも夢中だったんです。まあ、その辺は普通の高校生ですよね。
が、お互い若いし上手くいかず、、、振られてしまいまして。(涙)あ、確か、、、アツコちゃんって子だったかな?(笑)
これも良い経験でした。
なぜなら「本気でギターうまくなろう!見返そう!そうだ、、、メタルを本気でやろう!メタルならギターが主役だし!!」と思うようになり、本当に学校から帰宅すると友達とも遊ばずとにかくギター、ギター、ギター、、、(笑)
TVみながら左手が感覚なくなるまで動かし続けたりベーシストの友達と二人でメトロノームに合わせてひたすらダウンピッキング強化したりね。ちなみにそいつがGYZEの前任ベーシストの男なんですが(笑)
そうこうしているウチにまたコピーをやるようになり、ライブ活動行ってました。メタルのバンドの!!
いろいろやりましたね、、、METALLICA、SLIPKNOT、ANGRA、SONATA ARCTICA…
全部あげるとキリがありませんがとにかくメタルがやりたかった。上手くなったギターを披露したかったんでしょうね。(笑)
それからしばらくしてCHILDREN OF BODOMのコピーをすることになったんです。
遊びバンドでしたがボーカルが前日に飛びやがりまして。。。
しかたなく僕がギターボーカルをやるしかなくなったんですよね。初めてのデスボイスでしたがこれが案外イケる!と思ったんです。
これも良い経験でした。
なぜなら「次オリジナルで本気のバンドの時はギターボーカルをやろう!」というキッカケになったからです。
しかしこの時高校3年生でいわゆる”進路”を決めなくてはならなかったんです。
現実と初めて直面した時ってゆうか、、、いきなり進路どうする?って言われても、、、みたいな気持ちがありました。就職もしたくない。音楽専門学校に行くお金あるならバンドに使いたいし結局教えてる先生も仕事がないから先生やってるんだろう?なんて生意気にも思ってたので行く気になれず。じゃあ、美容師かな?なんて思ってみたけど本気でやりたくないのに親に金使わせるのは失礼だよね~。。。なんて思ってて。
一旦バンドやめようかな~なんて思ってしまったんですよね。
そんなこと思いながら高校の卒業式の前の日に、卒業ライブをライブハウス借りてやるって話を友達がしてたので、なんでかわからないけどバンド人生最後だと思ったか「ちょっとそれ俺にもださせろよ!」って言って出演することになりました。
そして弟のShujiがドラムやり始めてたの知ってたし対バンもしてたのでShujiに声をかけさっき話したダウンピッキング強化を一緒にしてた奴に声をかけ、CHILDREN OF BODOMのみで固めたコピーバンドでライブをしたんです。
そしたら、たまたま別バンドのボーカルの女の子を観に来ていた地元のプロデューサーの目に留まり、ステージ降りるといきなり名刺を渡され”君のソロアルバムを作らせてくれないか?”という話になったんですよ。
夢と現実の狭間で闘ってた僕は”あきらめるな”ってことなんだって思いました。
そして翌日卒業式が終わり帰ると父親から手紙が。
1.内容はニートは許さない。
2.月に3万円家に入れるなら実家に住ませてやる。

そして次が心に響きました。

3.「夢を絶対に叶えろ」
というメッセージ。
前日の出来事とその手紙で本当に心から決心がついた瞬間でした。
「”絶対”にギターで有名になる!」って。
これもあの時友達に半ば強制的に「ライブ出させろ!」って言わなかったらこうゆう状況にならなかったでしょうね。
もしかしたら手紙だけだったら他の夢をみつけてたかもしれません。ライブ後のその話だけだったら親への負い目もあり他の夢を探そうとしてたかもしれません。
それからソロアルバムリリースしたりGYZE結成したり~って話になるのですが、それからはこの時なんて比にならないくらいの辛い出来事だったり、嬉しいことだったりの出来事がありまくるので、とりあえず今回はこの辺にしましょうか。
今回の執筆で伝えれたらいいなと思ったのは、まず自分が前向きに自分を信じていれば、全部が経験になりもっと良い道を切り開ける、そしてもっと良い道はないか?と探そうとできるということですかね。。。
それと待ってるだけでは何事もダメで、なんてことないようなこともまず行動する。
将来振り返ってみると、ああ~あの行動がこうゆう結果に結びつくんだ!って思えること。
もちろんそれは今も継続中で、とにかく思ったらまずアクション起こすって事を心がけてます。まだまだペーペーバンドですし、これからも継続してゆけたらいいなと自分自身思ってます。
最後に宣伝になってしまうんですが11/26にTSUTAYA O-WESTでGYZEのワンマンがあります。
結構な決断でもあったけど、一番楽しみなのはチケット代が設定してなくて、見てくれた人が感じた料金を最後に支払うシステム。これは路上エレキなる活動をして思いついたことなのですが、長くなるのでまた次回路上エレキから学んだこととかも書こうかなと思います。
最後までありがとうございました。

GYZEライブスケジュール

2014年11月26日(水)Tsutaya O-West
Final Violence Tour 2014
Open: 18:00 Start: 19:00
入場料:ライヴ終演後、あなたが感じた当日のライヴの価値の分だけ、金額をお支払いください。
ドリンク代 500円 (入場時にご用意ください)
入場方法:先着順のご入場になります。
(満員の場合は入場をお断りすることがございます。予めご了承のほど、よろしくお願いいたします。)
スペシャル・ゲスト:クラウディオ・ラヴィナール (Disarmonia Mundi)
お問い合わせ:Tsutaya O-West 03-5784-7088
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

#10

#10

記事公開日:2015/08/30
Ryoji / GYZE | 895 view
#9

#9

記事公開日:2015/08/02
Ryoji / GYZE | 587 view
#8

#8

記事公開日:2015/06/29
Ryoji / GYZE | 801 view
#7

#7

記事公開日:2015/05/30
Ryoji / GYZE | 705 view
#6

#6

記事公開日:2015/04/30
Ryoji / GYZE | 551 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Ryoji / GYZE Ryoji / GYZE

おすすめの記事

今注目の記事