2015年10月6日 更新

#2

記事公開日:2014/12/30

851 view お気に入り 0
記事公開日:2014/12/30

こんにちは、GYZE(ギゼ)のRyoji(リョウジ)です。
2回目のコラムGYZE from NorthSeaRoadです。
2014年もあと数日となりました。
皆さんはどんな年だったでしょうか?
振り返ると僕は前年に引き続き勉強と行動の1年でした。
そして色々な出会いがあった素晴らしい1年だったと思います。
実は2014年最後のコラムだな~なんて思っていたらついつい力が入ってしまい、何か2014年自分がやって来た事がいかに正しかったかっていうことを伝えようとしている”押しつけ”に近い内容になったので一旦リセットして書き直してます。(苦笑)
“主張”になる内容がいいのか、”提案”になるような内容がいいのか。。。とか変に考えてしまって!!
“押しつけ”が嫌な理由って受け入れる体制がないからイヤなんです。
普段の会話にしても、SNSの個の発信にしてもたまに見かける”押しつけ”な内容。
特に目上の人が下の人に話す時に多く見受けられるように思っていて、でもそれって押し付ける人は自分の限界に達してしまったので”押しつけ”になっているのでは?と考えてしまうんです。
取り込むスペースをもう自分で拒否してるというか。。。
事実受け取る側としては、同じ目線に立って話してもらったことの方が心にくるんですよね。ま、これは僕の経験からの押しつけですが。。。(笑)
確かに僕が自由に書いてよいコラムなので「俺はこんなことしてこうしてきたから~。。。」とか「~したから~できた」とか書く事もできるんですが、成長を止めてしまいそうだしいつも心から思うことは、理解してもらいたい主張(気持ち)は”提案”というカタチにできたらいいなって思うんです。
そしていつでも成長過程の段階っていうことを意識しながら生きて行きたいんだっていう気持ちがあるんです!夢や目標はまだまだ先に立ちはだかってるので!
ん~、それを発信してる時点で”押しつけ”なのかもな~。。。
とにかくそういう気持ちで書いてますよってことを認識してもらいたく冒頭に書かせていただきました!
なのでもし一方通行に見えても、ただ文才が追いついてないと認識いただけたら幸いです。(笑)
2014年で25歳に無事なりまして、きっと世間ではもう良い大人に自分もなったのだろうなという意識を持ちつつ、実はそんなに変わらないのかなって思ってみたりしています。
バンドは凄く支えてもらうことが増えたしもっと大きなことをしたい!って思いで過ごしています!
自分にとって大きなことはやっぱり先日のO-WESTのワンマンライブ!
来年はもっと大きなところで演奏したいし、なにより世界各国へライブしに行きたいです。
2014年ライブノートという名前を付けているノートがあって、表紙には目標で「1.ワンマンツアー」「2.海外ライブ」と記載していましたが、達成できたのはこのノートのお陰だと思っています!
1年振り返ってみると、最初GYZEはイタリアのEttore Rigottiが運営するCORONER RECORDSで世界デビュー果たしたものの、日本でのリリースがなかったので国内での流通の事やプロモーションなどすべて自分で行っていました。
レーベルからCDを卸してCDショップへ卸しに行って、宣材ポスター作ったり。そのお陰で自分への投資で精一杯になり、とにかくまずお金が消えてく状態になっていましたね。(涙)
でもその経験から自身のレーベルでライセンスを取得して完全に自分で運営して行こうと思い、「まず行動だな。」ということで僕自身のレーベル『WyverrN Records』を発足させ、GYZEの前身バンド『SUICIDE HEAVEN』のデモCD-Rをプレスしてリリースさせたのがちょうどいまこれを執筆している時期と同じ2013年の年末から2014年の始まりにかけてのことでした。
しかしこれがなかなか簡単な事ではなくて。
ステージに立ってアーティストとして存在しなくてはいけない僕と、自宅では事務作業ばかりしている僕とが凄く混乱してしまうし、どちらもどこか不十分さを感じ「非常に難易度が高いぞ。」と思いましたね。 『WyverrN Records』は流通会社との契約も済ませていましたので、次はGYZEの1st Albumのリリースに着手しようとしていたのですが、なかなかCORONER RECORDSのライセンス契約のOKでない。(自分の音楽なのになんか不思議なものですが、音楽って権利ビジネスなのでその辺りがややこしいのですよ~。)
さあ、どうしよう。。。
そのくせにGYZEの2ndアルバムをリリースしてワンマンライブをO-WESTでやります!っていうアナウンスも会場抑えてないのにしてしまっていて、「本当にどうしよう。。。」という状態でした。
もちろんワクワクでしたけど!
そんな時にVictor Entertainmentから日本でのメジャーデビューの話を頂いたのです。
悩みました。「自分のビジネスを人に預けて大丈夫かな?」とか、本来目を向けてたグローバルな活動がドメスティックな活動になるんじゃないか?とか諸々。
事実的に自分のレーベルからはリリースが難しいということと、”GYZEに関しては大きな船に乗せて世界に行かせる事が重要”。という結論になったんです。それと今の担当の人が親身で好きだったんですよね。でもなによりもタイミング。タイミングが揃ったのは運命かなと。ただ主導はあくまでもGYZEにしつつ主体性を持つという自分との約束の元に!!
そんな経緯があった2014年でした。
GYZEは船に乗せたので『WyverrN Records』ではいつになるか未定だけど、これからは"自分ひとりの芸術”の発信源にしていこうと胸をワクワクさせてます!!

好きな言葉でスティーブ・ジョブズの”Real artists ship”という言葉があるんですが、直訳で”本物のアーティストは出荷する”という意味なのですかね。
“本物のアーティストは世に放って初めて本物”だよってことなんでしょうが、バンドにも人生にも凄く当てはめることができるなって思って心に刺さるフレーズでした。
そしてすべての見てくれている人にも当てはめれそうなのでジョブズをダシにつかい”提案”してみます。(笑)
家でめっちゃ良い曲書いて、それを作って自宅で自分で聞いているだけで満足するのでは誰の目にも触れませんし、CD-Rで無料配布するよりもしっかりリリースの準備をして音と同じくらいアートワークも凝って、写真もしっかり撮影して販売ルートに乗せることまでが作品だと思うんです。
またアップル製品みると、パッケージにもショップにも一貫性があり、シンプルで清潔感がありますよね。中身が120%自信あるものっていうのは大前提ですが、それをどう見せるかは同じ位大事なんだと思います。
あとその言葉は作品じゃなくてもいいと思うんです。
思考とかアイディアとか。結局それを行動=出荷することに意味があるんだって思うんです。
ひとりひとりの普段の生活とか夢とかにも当てはまるんじゃないかな。。。
みんなが夢や目標が叶うんだっていう世の中になって欲しくジョブズさんの言葉をお借りしました。
何事も諦めてたらPCも車も机もなにも生まれなかったと思うんです。
誰かの頭の中の創造が行動によって世に放たれたと思うと面白いな~って思うんです。
だから僕は、、、俺は諦めずいろいろチャレンジしまくりたいです!
前回路上のことを書きますとお伝えしたのですが、このコラムではまだ伝えるタイミングというのがわからず、いろいろアイディアは考えていたのですが今回も見送ろうと思います。
なぜなら何かいまの気分でいうと、路上がんばったからワンマンやれて~とかそういうニュアンスになるのは違和感があるからです。
過程段階ってことを意識したいのでまた別の機会にフォーカスしたいと思います。
ところで前回書くべきだったのですがNorthSeaRoadっていうタイトルにはですね、安易なんですが直訳して北海道ってことなんですけど(笑)、せっかく全国区、そして世界に目を向けたいと思っているから芯である北海道をゆくゆくはアピールできないかな?なんて思いがあります。
それって日本でいうと関東圏ではないのでどちらかというとマイノリティなのかもしれない。
だからこそ主体性が試されるのかな~とか思ってみたりしました。
しかもメッカの北欧のような環境の場所なので!
実はね北海道の湖でいつかフェスをやってみたいんですよ。昼は釣りで夜はメタル!みたいな。(笑)
それも今度熱くお伝えします。
2015年2月25日には2nd Album『BLACK BRIDE』の日本先行リリースも決まって、これからやることいっぱいで嬉しいです!
是非聴いてくださいね。
ん~やっぱどこか力んでる感じある文になってしまっていますね~。
それもいまの自分の身の丈ということですね!
では来年もよろしくお願いします!

Ryoji

Ryojiギターレッスン

ギターレッスン希望者用メールアドレス:ryojigtrlesson@gmail.com
※詳しくは「お名前」「ご連絡先」を明記の上、メールにてお問い合わせください。
 (1317)

16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

#10

#10

記事公開日:2015/08/30
Ryoji / GYZE | 895 view
#9

#9

記事公開日:2015/08/02
Ryoji / GYZE | 587 view
#8

#8

記事公開日:2015/06/29
Ryoji / GYZE | 801 view
#7

#7

記事公開日:2015/05/30
Ryoji / GYZE | 705 view
#6

#6

記事公開日:2015/04/30
Ryoji / GYZE | 551 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Ryoji / GYZE Ryoji / GYZE

おすすめの記事

今注目の記事