Vol.55

2015年10月5日 更新
Vol.55
記事公開日:2015/09/08

ヘヴィメトゥれ!Vol.55

ヘヴィメトゥれ!Vol.55

『動物の名前を冠するバンドの音源どれだけ持っているだろう?』と、ふと気になったので自分のCD棚を調べてみた結果、動物が描かれたジャケットの音源はそれなりにあるが、動物の名前をバンド名に持つ音源は意外と所有率が少なく、LAMB OF GOD(子羊)、MASTODON(象に似た古代生物)、MURDIENA(恐竜)、NAMAZ(ナマズ?)、 HELLHOUND(地獄の猟犬)、Drossel(ドイツ語で「ツグミ」の意味) 、屍忌蛇、蛇兄弟、...と、片手で数えるのに十分な位で、残念ながら自分のCD棚にはMAVERICK(牛)もTYGERS OF PAN TANG(虎)もWHITESNAKE(白蛇)もGREAT WHITE(ホオジロザメ)も存在していなかったようで少し残念(買えよってツッコミはなしでお願いしたい...あと、MAVERICKは興味が沸いたので近いうちに入手はしたいと考えている)。
しかし、動物が沢山いそうな場所を冠するバンドならあった。
...METAL SAFARI。
METAL SAFARIとの出会いは2011年末の頃で、2nd『PRISONER』を聴いて衝撃を受け、激しくも何処か哀愁を背負った轟音はメロディックデスメタル、グルーヴメタルの流れを汲んではいるけれど、似たようなバンドがとっさに思い付かないぐらい個性を放っていて、日本語歌詞で歌うメタルバンドで衝撃を受けたのはJURASSIC JADE以来だったように記憶しており、その後「Return To My Blood」のPVを見て此方も格好良いと思い、つい最近ようやく念願の1st『RETURN TO MY BLOOD』を聴く機会に恵まれたがこちらも全編的に素晴らしい内容で、個人的な感想だとこちらの方が『PRISONER』より哀愁度合が高く感じるが、攻撃力の高さはこの時点で既に魅力的なように感じた。

Metal Safari - RETURN TO MY BLOOD PV - YouTube

Metal Safari - "RETURN TO MY BLOOD" from "RETURN TO MY BLOOD" album. http://www.metalsafari.com http://www.myspace.com/metalsafari
残念ながらMETAL SAFARIとしてのライヴを見る機会は逃してしまったが、METAL SAFARIでヴォーカルを務めていたIna氏が新バンドIN FOR THE KILLで歌っていると聞いてこちらにも物凄い興味を抱き、2014年末に名古屋・上前津ZIONで行われた『Disposable Heroes Vol.2』でようやくライヴを見ることが出来たが、凶暴に唸るメタリックハードコアが矢次に繰り出され会場内は強力なモッシュピットの嵐となり、重い鎖を引き摺るような重量感と仄暗い水に沈めるような圧殺感を併せ持つ圧倒的なパフォーマンスで闘争本能は刺激されるものの極悪感は希薄で終止心地良い衝動に身を包まれ、YouTubeにて公開されていたデモ音源「Berserk Comes」、「Nucleus」を聴いたとき以上の感動を体感出来て感無量であり、国内は元より海外でも幅広く受け入れられて欲しいと素直に感じる密度の濃いショーであったと本気で思い、現在制作中と言う新音源にも益々期待している。

IN FOR THE KILL / Berserk comes(Demo)SAMPLE - YouTube

from 「IN FOR THE KILL / Demos'2014」 IN FOR THE KILL http://www.inforthekill.info https://www.facebook.com/inforthekilljapan

IN FOR THE KILL / Nucleus(Demo)SAMPLE - YouTube

from 「IN FOR THE KILL / Demos'2014」 IN FOR THE KILL http://www.inforthekill.info https://www.facebook.com/inforthekilljapan
話を少し動物の話題に戻すが、現在の地球上にはまだ確認されていないだけで未知の動物達が潜んでいるのかもしれないし、バンドも同様にまだ自分が認知していないだけで凄いバンドはまだまだ一杯いることだと思う。
生きているうちにそういったバンドにあと何組出会えるかは分らないが、とにかく気になったバンドは今後も積極的にチェックしていきたい次第である。

IN FOR THE KILL

鋼輝

 (6212)

紆余曲折有って断筆しようと思ったけれどヘヴィメタルを聴いていた事で救われた。
なので今の自分の目標は『絵を描く事で多くのヘヴィメタルバンドの役に立てる存在になる事』。
今度は俺が恩を返す番。
今後も日々精進致しますのでどうぞ宜しくお願い致します。