Vol.39

2015年10月5日 更新
Vol.39
記事公開日:2015/05/19

ヘヴィメトゥれ!Vol.39

ヘヴィメトゥれ!Vol.39

以前『ヘヴィメトゥれ!』本編でFUJIYAMAの楽曲を題材とした謎の生命体『超立体』を扱ったことがあるが、自分がこのキャラクターを気に入った関係で、隙を見ては度々登場させたいと目論んでおり、今回久々にその『超立体』が再登場する運びとなった。
FUJIYAMAを初めて見たのは昨年2014年の7月で当初はイロモノ的な目で見ていたが、今年2015年の1月に再び見た際にはガラリと印象が変わり、ふざけた楽曲名ではあるものの実にわかりやすく耳に馴染み、共に叫び歌いたいと思わせる曲が多いと改めて気付き、今では手の平返しで大好きなバンドになった次第で、来る6月には大阪のBarbariancherryと共演(※注釈参照)するとのことで、ある意味白塗り対決ともいえるこちらにも興味があるので時間が許すなら足を運びたいと思う。
話を『超立体』に戻すが、『ヘヴィメトゥれ!』の世界における『超立体』は主に夢の中に現れ、都合の良い夢を見る者に『人生舐めたらアカン』と忠告し地獄を見せる謎の生命体という設定のポジションであり、FUJIYAMAの曲世界とは全くといっていい程リンクしていないが、曲中でかとぅ氏が『人生舐めたらアカーン!!』と吠えていたのが印象的だったことが切っ掛けで生まれたのでその辺りは勘弁していただきたい。
『二度あることは三度ある』...もしかしたら『超立体』が再度本編に登場する日は近いかもしれない?
※注釈
2015年6月12日(金)HOLIDAY NEXT NAGOYA
「SLUMBER RECORDS presents HELL ON EARTH 」
OPEN / START:17:30 / 18:30
前売:2,000円 / 当日:2,500円
出演:Rukセッション, Drossel, FUJIYAMA, Barbariancherry
問い合わせ:HOLIDAY NEXT NAGOYA(052-249-2161)

FUJIYAMA

Barbariancherry

鋼輝

 (1617)

小さい頃から絵が好きで漫画家志望だった。
紆余曲折有って断筆しようと思ったけれどヘヴィメタルを聴いていた事で救われた。
なので今の自分の目標は『絵を描く事で多くのヘヴィメタルバンドの役に立てる存在になる事』。
今度は俺が恩を返す番。
今後も日々精進致しますのでどうぞ宜しくお願い致します。